Hatena::Groupmanabiai

『学び合い』 ON THE RUN このページをアンテナに追加 RSSフィード

今年度から『学び合い』をめざした実践を始めました。滋賀県・中学校・社会科です。メールはbruce.s.babaとアットマークgmail.comです。よろしくお願いします。

2010-10-27

初任者研究授業

| 21:43 | 初任者研究授業 - 『学び合い』 ON THE RUN を含むブックマーク はてなブックマーク - 初任者研究授業 - 『学び合い』 ON THE RUN 初任者研究授業 - 『学び合い』 ON THE RUN のブックマークコメント

 初任者の先生の研究授業があった。先生の笑顔がいい。クラスの子どもたちと暖かい関係を築いておられる。授業ぶりも落ち着いている。そして、この小単元で初めて、電子黒板を使って資料を提示した。効果的だった。時間設定どおり最後まですすめた。すごい。

 社会科的な深さは、経験不足で足りないかもしれないが、いい資質を持っておられる。『学び合い』をされたら、いい成果が出るんじゃないかな。いい刺激になります。

2010-10-26

人権学習 本気の言葉

| 22:14 | 人権学習 本気の言葉 - 『学び合い』 ON THE RUN を含むブックマーク はてなブックマーク - 人権学習 本気の言葉 - 『学び合い』 ON THE RUN 人権学習 本気の言葉 - 『学び合い』 ON THE RUN のブックマークコメント

 今日は、人権学習で大阪で地域の青少年の育成活動を本気でがんばっている人に来ていただいた。「差別はある、でもあきらめる必要はない」自分のこと、かかわってもらった人、かかわっている子たち、それぞれのすごい体験の中で確信された言葉だ。キーワードはやはり、人と人のつながり。本物の体験、本気の言葉は子どもたちに伝わる。

 最近、テストの採点(観点別と1点2点問題の混在でとても数えにくいテストになってしまった)や、いろいろな準備に追われ眠たい。要領っていうのは人生ではかなり大切なことだ。

 明日は初任研の学校訪問。初任の先生が研究授業をする。私も一緒に考えた一斉授業。いつぞや、『学び合い』に魅力を感じてくれるよう、自分自身ががんばらねばならない。。

2010-10-20

中間テスト前日

| 21:48 | 中間テスト前日 - 『学び合い』 ON THE RUN を含むブックマーク はてなブックマーク - 中間テスト前日 - 『学び合い』 ON THE RUN 中間テスト前日 - 『学び合い』 ON THE RUN のブックマークコメント

 おっと、更新が滞ってしまった。明日から2日間は中間テスト。問題を夕方までに刷り終えられたことはよかった。その後の地域の中学生の勉強会には久々に15人も集まり、みんながんばっていた。勉強が得意でない子に、そんなに得意でない子たちが教えている姿が、いい感じだった。

 授業は、月・火・水とほとんど一斉授業をしてしまった。それだと、板書を写して話を聞いてくれる子たちがいる。でも、自己満足だ。でも、一斉の方が精神的な疲労は少ない。

 また、テストが終わったら、仕切り直しだ(仕切り直しばかりしているが)。中3は「裁判所」から、中1は「平城京」から、課題を考え直して、自分の気持ちもリフレッシュして『学び合い』にまたチャレンジだ。

tasho6521tasho65212010/10/23 11:41ほんとに『学び合い』をしていても自己満足で終わることもあります。それはやはり生徒間の可能性をつぶして、教師が教えてしまう。それに限ります。子どもたちの将来を見越して耐えなければ・・・。

bruce-sbruce-s2010/10/26 22:02tashoさん、ありがとうございます。可能性を信じて待つ…根競べですね。気迫の勝負。

2010-10-14

一喜一憂

| 21:41 | 一喜一憂 - 『学び合い』 ON THE RUN を含むブックマーク はてなブックマーク - 一喜一憂 - 『学び合い』 ON THE RUN 一喜一憂 - 『学び合い』 ON THE RUN のブックマークコメント

 2~4時間目が出張で、1時間目と5時間目が同じクラス。何もしない子が一番多いクラスである。1時間目は、ふだん何もしない子が周りの生徒と一緒にけっこうがんばていた。また、他に気になる子も友達と熱心に取り組んでいた。「今日は学び合っている人が多いよ。さらにクラスみんなに広げような」と言う。でも、3人は何もできなかった。

 5時間目は残念。何もしない子が5人に戻ってしまった。一喜一憂である。

 今は、取り組みやすいように、達成課題を細かくしてしまっている。たとえば、国会の第2時なら、

次の(1)~(4)をノートにまとめるだけでなく、教えることができる(説明できる)

(1)国会の仕事

(2)法律ができるまでの過程

(3)衆議院の優越の内容

(4)衆議院の優越を採用している理由

という課題で行った。細かくするメリット、デメリット双方がある。細かくしても、本当にみんなでわかるために、学び合ったら(聞き合ったら、教え合ったら)、おもしろくなると思うが、実現はまだまだ。

2010-10-13

またチャレンジ

| 22:10 | またチャレンジ - 『学び合い』 ON THE RUN を含むブックマーク はてなブックマーク - またチャレンジ - 『学び合い』 ON THE RUN またチャレンジ - 『学び合い』 ON THE RUN のブックマークコメント

 みんなで教え合って、わからない人が一人もいなくなる授業。めざすべき原点。でも、1学期のまとめプリントを使っていたときよりも交流が少ないことがある。黙々と自分で調べてまとめて終わる子も多い。私の信念の度合いの問題はもちろんある。

 加えて、課題が多すぎるのかもしれない。また、『学び合い』として、やさしいのかもしれない。

 今日は、午前中4時間連続授業、少し微熱があり精神的にも疲れた。

 明日は、出張をはさんで、取り組めない生徒たちがいるクラスが2時間ある。がんばらねば。

nome2733nome27332010/10/13 22:31全く同感です。
びっくりしました。

信念の度合い そう自分に原因をもとめつつ,
では,語りや自分の考えを整理することが
本当に目の前の子ども達の学びをサポートすることになるのか,
取り組まない生徒も目につき,
できた子の期待通りでない様子に
ちょっとした失望を感じたり。
試行錯誤真っ只中です…

bruce-sbruce-s2010/10/14 21:19nome先生も、試行錯誤まっただ中と聞いて、ちょっと安心というか、ホットしました。
自分が『学び合い』をめざした授業をしていなかったら、それなりにノートを写しているであろう子が何もしないのがつらいです。
でも、基本線はブレずに、多くの子が学び合う→何もしなかった子も巻き込まれる(その子たちに教えに行く子がふえる)をめざして、自分も試行錯誤していきます。