愛媛県の片隅から このページをアンテナに追加 RSSフィード

 愛媛県で小学校の教諭をしている、本山といいます。今は、『学び合い』、信頼ベースの学級ファシリテーション、アドラー心理学に興味をもち、講座などで勉強したり、ちょっとずつ実践したりしています。

2018-08-06

【学び】教室『学び合い』フォーラム2018 in静岡

00:11 | 【学び】教室『学び合い』フォーラム2018 in静岡 - 愛媛県の片隅から を含むブックマーク はてなブックマーク - 【学び】教室『学び合い』フォーラム2018 in静岡 - 愛媛県の片隅から 【学び】教室『学び合い』フォーラム2018 in静岡 - 愛媛県の片隅から のブックマークコメント

行ってきました。

『学び合い』について、様々な方と多くの意見交換をすることができました。

生の『学び合い』を見ることができました。実践している子どもたちから、生の声を聞くこともできました。

愛媛四国『学び合い』の会発足に向けて、近隣の方々とつながることができました。

去年の大阪『学び合い』フォーラムよりも、より多くの成果を得ることができたと思います。

これらを次に生かしていけるよう、努力していきます。

2018-06-23

ブラック残業から賢く身を守る方法

23:19 | ブラック残業から賢く身を守る方法 - 愛媛県の片隅から を含むブックマーク はてなブックマーク - ブラック残業から賢く身を守る方法 - 愛媛県の片隅から ブラック残業から賢く身を守る方法 - 愛媛県の片隅から のブックマークコメント

今の自分が身を守るためにできることは、

1 書類作りを徹底的に効率化すること

2 すぐできる仕事をやり続けること

3 自分の身を守るために断ること

ということ。

私の住んでいる地域では先日、タイムカードが導入されました。それを見ると、私は月80時間の過労死ラインに匹敵する残業をしていました。今まではそれすら自覚していませんでしたから、まずは一歩前に進めたという感じです。

でも、これからはそれをどんどん短くする努力をしていかなければならないですね。

そして、いずれは合同・全校『学び合い』にも取り組んで見たいです。

とりあえず、休日明けには、腹を割って話ができた同僚に、この本の話をしてみようと思います。

2018-06-10

「教師のブラック残業」内田良

00:18 | 「教師のブラック残業」内田良 - 愛媛県の片隅から を含むブックマーク はてなブックマーク - 「教師のブラック残業」内田良 - 愛媛県の片隅から 「教師のブラック残業」内田良 - 愛媛県の片隅から のブックマークコメント

改めて自分の労働環境が異常であることを確認できました。

一方で、膨れ上がる授業内容に対して、どう業務を改善できるのか、と疑問ではありました。

読んだ後に、なんとなくですが、

小学校は副担任ができればよいのかもしれない。

と思いました。もしそうなれば、一人が1日担当する授業は単純に半分になりますから、休憩時間を確保することもできます。

実現は程遠いというより、無理でしょうが。

2018-06-09

飲み会

01:09 | 飲み会 - 愛媛県の片隅から を含むブックマーク はてなブックマーク - 飲み会 - 愛媛県の片隅から 飲み会 - 愛媛県の片隅から のブックマークコメント

先日の飲み会で、あまり話をする機会がなかった先生と、じっくり話せました。

職員室での雑談の中で、その人の考え方や人柄には共感していたので、かなり腹を割って話をしました。私が『学び合い』に取り組んでいることも言いました。

すごく楽しいひと時でした。

読む本の変化

23:54 | 読む本の変化 - 愛媛県の片隅から を含むブックマーク はてなブックマーク - 読む本の変化 - 愛媛県の片隅から 読む本の変化 - 愛媛県の片隅から のブックマークコメント

教師になった初期の頃は、読書といえば、現場の先生が執筆したハウツー本がほとんどでした。

大学の先生の書く本は理想論だ、現場の先生が書いた本の方が、現場に合った本を書いているだろう。そう思っていました。

でも今は、大学の先生の本を読むことに抵抗はありません。

なぜなら、根拠があるから。統計論文答申などに基づいているから、納得させられます。

2018-05-29

ブラック教職

22:49 | ブラック教職 - 愛媛県の片隅から を含むブックマーク はてなブックマーク - ブラック教職 - 愛媛県の片隅から ブラック教職 - 愛媛県の片隅から のブックマークコメント

今、内田良先生の「ブラック部活動」を読んでいます。

6月7日には、同先生から、「教師のブラック残業」が発売されます。

そして6月19日には、西川純先生の「教師がブラック残業から賢く身を守る方法」が発売です。

6月は、読む本がブラックな月になりそうだなあ。

それにしても、大学時代は「ブラック企業には入るまい」と思っていたはずが、蓋を開けてみると、かなーりブラックな職に就いているとは、なんとも滑稽。

私はこの仕事好きですが、他人には勧められませんね。