Hatena::Groupmanabiai

フォーラムのその後③【漢字の指導】 RSSフィード
 

『学び合い』にご関心のある方なら、どなたでもグループに参加できます。ただし、グループモードブログの閲覧目的での参加は受け付けません。互いに情報発信をできる方のみ登録いたします。ブログを作成しない、または一定期間ブログから情報を発信しない方は自動で登録を外されます。
 参加をご希望の方はniagara@cocoa.ocn.ne.jp(片桐)まで、ご連絡ください。
 メールには件名を「『学び合い』グループ登録希望」として、
(1)所属名(学校名など)・都道府県市町村名
(2)本名(フルネーム)ふりがな
(3)ユーザー名(はてなID)
(未取得の方は「はてな」サービスのユーザー登録が必要になります。右上の「ユーザー登録」をクリックしてください。)、
(4)『学び合い』を知ったきっかけ、取り組み状況など、参加に当たってのメッセージ

を記載して下さい。

 基本的に所属名、県名とお名前はグループ内に公開されます。(グループ外には公開されません。)
 ブログはグループモード以上の公開が原則です。

 グループ内のセキュリティー保持のため、所属を確認できない方、閲覧目的だけの方は、承認を保留しております。ご了承ください。

-初心者のための『学び合い』グループ登録の仕方は……誰か書いてください。
-初心者のためのブログの設定の仕方はこちら
-ブログの細かい記述方法はこちら

『学び合い』グループメンバー
『学び合い』課題wiki
『学び合い』マップ
『学び合い』マップ掲載依頼フォーム
教室『学び合い』フォーラム
http://manabiai.jimdo.com/

since 2007/2/11

※カレンダーの記述は『学び合い』グループメンバーであればどなたでもできます。日付をクリックし、月間カレンダーの下にあられる「編集」をクリックします。書き出しに * を付けることにより、月間カレンダーに記述が表示されます。↓ ↓

<<前の月 今月 次の月>>
Sun. Mon. Tue. Wed. Thu. Fri. Sat.

2019/03/17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

04/01

02

03

04

05

06

07

08

09

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

<<前の月 今月 次の月>>
ツリー全部最新の50件前後を読む

4miyoshiyukikomiyoshiyukiko   「何のために」を考える

漢字の指導については、ごく一般的に指導しています。チョークと空書き(超高速や超大きくなど織り交ぜて)とドリルです。

今の学校では、「校内漢字力テスト」があり、合格目指してみんな意欲的に取り組んでいます。

中には、「100点取ると、○○かってもらえるんだ♪」という子もいます。

ただ、私が一番最初に子どもたちに言うことは、“漢字レベル”の話です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これから漢字を練習するけど、漢字は覚えただけじゃだめなんだよ~。

実はね、漢字レベルがあるんだ。みんなはどれかな?

漢字レベル1は、漢字が読めること。みんな、読めるかな?

漢字レベル2は、漢字が書けること。みんな、書けるかな?

漢字レベル3は、漢字を使えること。みんな、ノートやテストや日記を書くとき、習った漢字使ってる?

この、漢字レベル3にならないと、ちょ~っと恥ずかしい思いをしちゃうかも?!

レベル3を目指して、がんばってね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

進出漢字の勉強は、みんな好きです。(たくさん書く練習は好きではありません。)

乗り気な子は、あらゆる場面で漢字を使うようになりました。

返信2007/08/18 13:03:24
  • 4「何のために」を考える miyoshiyukikomiyoshiyukiko 2007/08/18 13:03:24
    漢字の指導については、ごく一般的に指導しています。チョークと空書き(超高速や超大きくなど織り交ぜて)とドリルです。 今の学校では、「校内漢字力テスト」があり、合格目指してみんな意欲的に取り組んでいま ...
    • 5Re:「何のために」を考える F-KatagiriF-Katagiri 2007/08/20 05:20:00
      進出漢字の勉強は、みんな好きです。(たくさん書く練習は好きではありません。) 私が大学院に行っていたときに知った驚愕の事実。「たくさん書いて漢字を覚えられる人は、全体の60%しかいない ...