Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2017-11-18 (土)

50周年記念式典と同窓会

22:39 | 50周年記念式典と同窓会 - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 50周年記念式典と同窓会 - 高専数"楽"通信 50周年記念式典と同窓会 - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

今日は勤務校の50周年記念式典でOBで大学の先生をしている人の講演がありました。このような大勢を相手にする講演は難しいのではないか、つまらないかなあと思っていましたが、そのようなことはなく、私は大いに触発されました。その一つにその大学のあるチームが地域にしている活動で、ケミラボと言われているものです。実験を通じて科学に親しんでもらおうというものですが、子供たちがどうしてと思って質問しても教えないそうです。実際は色々なやりとりがあると思いますが、講演のニュアンスを聞いているとその様子がわかるような気がします。


その引率の後、高速バスで地元に。途中参加になってしまいましたが、今回卒業後初めて会う仲間も複数いて、また近況を話し合う中で心がリラックスしていきました。毎年開催してくれる地元に残っている仲間に感謝しても仕切れません。

2017-11-17 (金)

明日は50周年記念式典および同窓会

17:15 | 明日は50周年記念式典および同窓会 - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 明日は50周年記念式典および同窓会 - 高専数"楽"通信 明日は50周年記念式典および同窓会 - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

明日は勤務校の創立50周年記念式典のため、卒業生で某大学の工学部長をしている方の講演会があります。どのような話をされるのか。学校の近くに大きな会場がないため、バスで移動。その引率があります。


それが終わると、中学の同窓会へ。こちらは途中からの参加になりますが、昨年は所用で参加できなかったので、楽しみです。初めて参加する人も複数いるとのことなので、誰なんだろうと期待しつつの参加です。

2017-11-16 (木)

授業のない日

18:40 | 授業のない日 - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 授業のない日 - 高専数"楽"通信 授業のない日 - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

木曜日は水曜日まで出されたものの採点日。午前中にバーッと一気に片付けて、午後は自分の勉強(研究)をしていました。


放課後は先生方との懇談会に参加して、いろいろな先生の考え方を聞くことができて、有意義でした。なかなか公の会議以外で、他の先生方と話す機会が年々少なくなってきていて、こういう機会は必要だとひしひしと感じた日でした。

2017-11-15 (水)

11/15の授業の風景から

18:35 | 11/15の授業の風景から - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 11/15の授業の風景から - 高専数"楽"通信 11/15の授業の風景から - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

1コマ目。積分法。前回で試験範囲は終えているので、今日は章末問題から。それといまだに積分公式を覚えていない学生が多いので、カード作成プラスそれを覚えるというもの。とここまで書いて、しまった。そういえばレベルを下げるのはよくないと聞いたことがある。



2コマ目。三角関数。こちらも章末問題。授業中の取り組みは真面目ではあるが、授業だけで終わっているものが多く、出した章末問題をできた学生は半分くらいか。それよりもいまだに三角関数の値を正確に言えないのは考えものだ。1ヶ月半もやっているのに。



両者に共通していえるのは、数学は理系にとっては「言葉」なのに、言葉を習得するための努力をしていない。これは英語(外国語)の習得と同じ。英語を(どこまで求めるかによるが)習得するのに、学校だけの勉強でできるわけがない。


高専といえど、エンジニアになろうと思って入学しているのは一体何割くらいなのだろうか。

2017-11-14 (火)

11/14の授業の風景から

17:24 | 11/14の授業の風景から - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 11/14の授業の風景から - 高専数"楽"通信 11/14の授業の風景から - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

1コマ目。三角関数。今日は後期中間試験範囲の内容の最後で、加法定理の応用。積から和・差に直す公式、その逆の公式、そして三角関数の合成です。この辺の公式は、加法定理からどのようにすれば導けるかを知っていれば覚えなくてもいいとは思うのですが、授業中にそういっても覚えようとする学生がいるものですね。教科書の問いが少なかったせいもあり、今日もカード(三角関数の値の書いてある、10枚で1セット)を借りて、あちこちで出し合いをしてトレーニングしていました。前回よりはできるようになってきましたが、完成度はまだ甘いです。今日は2名だけ合格。あと1、2枚という学生も出てきました。ゲーム性があるものは好きですね。


2コマ目。2クラス合同授業で、今日は後期中間の試験範囲の教科書にある練習問題をいくつか解くという課題。1つのクラスは黒板の番号をみて(できた人は自分の番号を消していく)、何人かがサポートに入って行きましたが、もう一方のクラスはそういう学生が少ないようです。また自分ができてしまうとそれでおしまいにしてしまっている学生がまだ多い。次回のプリントも配布しているので、予習をしようと思えばできる状態ですが、そこまでやっている学生は少なかったです。



「教える」ということに関しては、こういう学生がいました。二項定理の問題で、仲間に教えているのだけど、相手が1/x^2をxの2分の1乗と勘違いしていて、うまく説明できないと。どうしたらいいですかね?と私に相談してきました。あなたはどう説明したの?と聞いてみると、これこれです。(なるほどよく考えているなあ)そこで、自分だったら、そうだなあ。2乗、1乗、0乗、とだんだん減らしていって気付いてもらうしかないかなと言ってみましたが、うまくいったのかな?



自分だけで終わっている学生は、こういうことに気づかないのですね。相手に説明することで自分の不確かなことに気付けたり、勘違いに気づいたり、思いもよらぬことをみつけたり。勿体無いことをしているなあと思うけど、本人たちはそう思っていないかもしれません。