Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2019-04-15 (月)

4/15の授業の風景から

19:10 | 4/15の授業の風景から - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 4/15の授業の風景から - 高専数"楽"通信 4/15の授業の風景から - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

今年度前期は3コマ(1コマ=90分)です。1コマ目は3年生の微分積分2。今回は関数多項式によって近似するの第1回目で、1次近似と2次近似。教科書では微分係数の定義式から話を持っていくのですが、1次近似まではすんなり行きます。しかしそれを利用して、2次近似を求めるとなるとそれまでfだったところをf'に変えるところでつまるようで、学生たちの反応は?でした。


そこでf'の定積分を用いた導入を2コマ目の別の3年生のクラスでは行いました。するとこちらの方は部分積分を繰り返すと次々と項が出てくるので、学生としてはやりやすかったようです。


3コマ目は1年生の授業で、今日は整式の乗法でいくつかの展開公式が中学から加わります。とくに3乗の展開公式です。計算自体はいまやスマホなどのアプリを使うと一瞬にできてしまいますが、文字式になれることや文字を扱う感覚はこれからの授業に関わってくると思われます。もっとも数の計算、たとえば分数同士の掛け算、割り算などはできますが、そこに文字が入ってくるとフリーズしてしまうのはどうしてでしょうか?