Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2018-10-18 (木)

10/18の授業の風景から

20:18 | 10/18の授業の風景から - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 10/18の授業の風景から - 高専数"楽"通信 10/18の授業の風景から - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

木曜日はまず後期からの1年生の授業で、今日は「組合せ」です。n C rとかが出てくるものです。前回は順列について習っているので、それとの違いを説明し、問題に取り組んでもらいました。


その中で、

n C r= n-1 C r +n-1 C r-1

という公式が出てきますが、教科書では例題として出題され、特定の「a」を含む場合と含まない場合に分けて証明されています。この証明部分をよんで自分がわからないところを仲間に聞いたり、私に聞いてわかるようにせよ、という問題を加えていたら、学生たちは「教科書なんてよんだこと無いなあ」とか「こんなのわからないよ〜」などと言いながらも、机を寄せて数人で考えていて、そのうちの一人が「わかった!」なんていうと、それまで「わからないよ〜」と言っていた学生もその問題に向き合ってやっていました。先生が「そう言わずに頑張ってやろうよ」などと言っても、おそらく乗ってこないであろう学生だったと思います。


次に前期の続きの1年生の授業は今日は一般角での三角関数の相互関係の3式と様々な性質;sin (-x)=-sin xなどのところです。


今日からはまずこの時間で達成したいこと(この単元の中で)を書かせてから、概説を少々。そして今日からは少なくとも今日の範囲の問題で2問は解こう、ということで出題。放課後、彼らのプリントをチェックしてみると、達成したいことでは、「〜の公式を理解して、使いこなせるようになる」とか「証明問題を理解し、人に教えられるようになる」などと書かれてある一方、「〜を覚える」と言った試験対策的なことを書く学生もいて、「まずは理解してから」でしょうと思わず、ツッコミを入れたくなりました。数学といえども、暗記して乗り切ろうという学生が少なからずいます。


そんな今日の授業風景でした。