Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2018-10-13 (土)

第10回越後『学び合い』の会2日目の振り返り

21:02 | 第10回越後『学び合い』の会2日目の振り返り - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第10回越後『学び合い』の会2日目の振り返り - 高専数"楽"通信 第10回越後『学び合い』の会2日目の振り返り - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

昨夜ホテルの隣室の人のいびきで2時くらいから起きていて(それでも3時間は寝れた)、5時30分から旅ラン、10キロ走る。このような状態でも走れた。


朝食をしっかりいただき、いざ上教大へ。


まずは長野県の中学の校長先生の講演から。詳細はFBで大野先生がアップされているので、割愛。このような校長先生の元ならのびのび先生方も活動できるのかなと思いました。新渡戸稲造の本を以前読んだ時、このような先生のもとで働けたらなあと思い出しました。


そのあとは午前の分科会。3つある中で私は中島先生の話を聞きました。中島先生の独特の話ぶりは確かに誤解を受けやすかもと思いつつ、聞いていましたが、『』のきっかけが桐生先生だったのはこの日の話で知りました。昨日の木花先生の学校も中島先生の学校もどちらも小規模校でしたが、少子化の影響をひしひしと感じました。


昼食後、午後の分科会では、深山先生の話を聞いたのですが、今回の会の1つの目的です。厚木での話をここでもするということだったので、楽しみにしていました。最初に参加者全員によるワークショップがあり、この演習(厚木ではフルバージョン、ここではダイジェスト版)を通しての話はとてもうまく構成されているなあと感じました。


その後フリータイムがあり、最後に西川先生の講演。話を聞きながら、高専の学生への求人は大変恵まれた状況であるけれど、今後エンジニアとしては外国の優秀な人を雇うだろうし、勉強しない今の学生たちはこれからの社会の状況をもっと真剣に考えないといけないだろうと思い、深山先生の話も相まって、ますます高専でもキャリア教育の必要性を感じました。