Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2018-10-02 (火)

後期火曜日の授業は

21:16 | 後期火曜日の授業は - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 後期火曜日の授業は - 高専数"楽"通信 後期火曜日の授業は - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

2年生の微積分と後期からの1年生(2クラス合併)の「場合の数と数列」という内容の科目。


2年生のクラスは1年生から見ていて安定して授業をしているが、1年生の方は今日が初めての顔合わせ。初回ということもあって全員時間前に大教室に移動して来てくれました。初回なので、いつも通り「語り」をして、先日香港に行った時に話題になっていた「Smart City」、日本だと「Society5.0」の話を織り交ぜながら、そして仙南の会のG先生のプレゼンから借用した各都市の人口減の話もグラフで見せながら、PPTを使って説明。残り時間を今回の内容に入りました。この科目は時間的には比較的余裕がある方ですが、毎回サブセクションずつ進みます。後期中間試験までは、「場合の数」で、パズルのような問題です。次回以降になりますが、PやC(順列、組合せ)を使う話です。問題をみると何でもかんでもPやCを用いて計算している学生もいるのですが、要は「選んでいるか」それとも「並べるところまでやるか」の違いができるかです。文章読解になるのかな。今日のところは順調(と思っているのは自分だけか?)。