Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2017-10-09 (月)

『学び合い』川越の会の振り返り

21:36 | 『学び合い』川越の会の振り返り - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』川越の会の振り返り - 高専数"楽"通信 『学び合い』川越の会の振り返り - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

朝早く家を出て、高速バスで東京経由西武新宿線(特急!)に乗り、本川越駅に。主催者からはJR川越駅と念を押されていましたが、観光もしたかったので本川越に行きました。


事前に観光パンプを印刷しており、それを見ながら、仙波東照宮(日本三大東照宮の1つ)、喜多院、川越城本丸御殿、そして菓子屋横丁などを見て回り、帰宅して万歩計をみると、2万5千歩を越えていました。


もう午前中の観光でやりきった感が出てしまい、午後からの会では少しテンション下がっていました。


さて会の方ですが、参加者25名(だそうで)。半分以上が高校の先生、しかも今日実践発表されたU先生の勤務校から5名くらいでしょうか参加されていました。実践発表された残り2人の先生も高校の先生方で、そうしてみると、この3人の人望が偲ばれます。


全員の短い自己紹介のあと、休憩挟んで3人の先生の実践発表(高校地理、高校数学、高校国語)が3人で40分程度(もう少しあったかな?)あり、その後は休憩と言いつつ、実質フリータイム。最後に全員で輪になって一言ずつあって、終了という流れ。


U先生とT先生だったか、2、3年生になると「むずかしい」というようなことをお話していたので、それをもっと突っ込んで聞いてみたかったですが、1年生で体験している生徒たちなら、問題ないような気もして、となると、2、3年生になって初めて経験する場合のことだったのかな?また実践している本人の目からと、外野からみる目では違うこともあるし、どうなのかな。


実践発表しながら、「いいな」と思ったことは青の付箋に、「おや?」というような疑問に感じたものは赤の付箋に書いて、あとでシェアしましょうというのは、どうだったでしょう。もうちょっと活かすことができたのかなあと思います。


フリータイムでは数人の先生方とお話ができました。ところがというかやっぱり最初は尻込みしてしまいますね。こういうのが苦手です。


これじゃいけないと思い、まずは近くの方と話してみると、どうも感触が違うぞ。この先生は生徒たちが交流してわかっていくことにはさほど興味ないなあと感じ、別の人へ。そしたらT先生の奥様ということで、お話ししてみると、話がスムーズに流れます。自分は「待つ」ことが苦手でとおっしゃっていました。そうそう「待つ」のは教師にとってむずかしい。ついつい一言が出てしまいます。最近の私の立場としては、結局は自分の判断、「生徒も学生も自分も」という感じで多分接している気がします。でも人間がすることなので失敗ありです。失敗したらやり直せばいい。生徒や学生に「学校は失敗してもいいところ」なんて言っている教師だって新しいことにとりくみ、失敗した姿を見せ、また立ち上がるところを見せるのは大事なことだと思います。


最後の一人一人の振り返りの時、実はこういうことを聞きたかったと言ったら、次回の川越の会で話すことになりました。1月21日だそうです。一応仮ということで受けたのですが、ひょっとしたら学生寮の舎監が割り当てられているかもしれないので、もしそうだったらゴメンなさい。



さて来週は仙南の会(14日)とその帰りにおにぎりの会(15日)に参加します。

ch1nnench1nnen2017/10/09 22:00今日はありがとうございました。
付箋の活用に関して、もっと活用できたと思います。この点、次回に活かさねばですね。今その一部を取りまとめしていますが、とても示唆に富んでいる疑問や指摘が多いと感じています。

学年が持ち上がりであれば、2・3年でもすんなりいきます。そうでない場合や、クラス替えの後は集団がリセットされることで難しさが生まれます。人間は関係性の生き物だと指摘している人もいましたが、この点はその通りだなと感じます。

ぜひ1月、ご都合あうことを願っております。

atkuraatkura2017/10/09 22:31今日はどうもありがとうございました。

付箋紙とフリートーク、何故それをするのか。そうすることで、どうなることを期待しているのか。そこが弱かったと感じています。
「意図と実際と評価」、「目標と学習と評価」と同じですね。書いていただいたもの、次回につなげたいと思います。
15日の「おにぎりの会」私も出席の予定です。ぜひお話させてください。

bbcsuzukibbcsuzuki2017/10/09 23:13>ch1nnenさん
今日はありがとうございました。私は2枚しか書けなかったのですが、他の参加者のみなさんがいっぱい書いていて、自分がじっくり見損ねたもので、つい書いてしまいました。付箋よりもみなさんがフリートークの方に夢中になっていたのでしょう。あと「sumiさん」というのが印象的でした。


>atkuraさん
今日の発表、『学び合い』の会で国語の先生に出会うと、みんな面白いことやっているなあといつも感心しています。自分が高校生のとき、こういう先生がたに出会っていればと思いますが、他の数学の先生はどうかわかりませんが、数学と国語って結構親和性が(少なくとも自分の中では)あるような気がしています。

sumi-chansumi-chan2017/10/11 22:29sumiさんです。笑 
お若い皆様は「ちゃん付け」しづらいようです。(^^;
遠くからのご参加ありがとうございました。
(ちなみに、自宅は川越からさらに車で1時間かかります。^^:)
次回のゲストスピーカーも引き受けてくださり、ありがとうございます♪(1月がNGだったら、その次の回にお願いします。^^)

付箋については、壁を利用して、仲間わけを参加者のみなさまでやって頂くとよかったかも知れません、分類する為には読みますので意識されます。

bbcsuzukibbcsuzuki2017/10/12 18:22>sumi-san
1月は大丈夫です。宜しくお願いします。付箋の件に限らず、限られた時間の中で、何をどうするというのは主催者としては難しいですよね。