Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2017-09-24 (日)

TPチャート研修会@国立高校の振り返り

21:30 | TPチャート研修会@国立高校の振り返り - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - TPチャート研修会@国立高校の振り返り - 高専数"楽"通信 TPチャート研修会@国立高校の振り返り - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

朝6時前に出発し、3時間かけて国立高校まで研修を受けに行きました。


TP(ティーチングポートフォリオ)については、2013年8月に2泊3日の研修を受けて作成していましたが、それ以来すっかりご無沙汰で忘れきっていましたが、FBのつながりで、最近TPのことが話題になっていたので、野次馬半分で出かけてきました。


9時から18時まで(昼休み1時間)休憩時間もあったもののほぼずーっと作業しているか、しゃべっているかで、ほんと、疲れました。私は午前の部が終了時点で「もういいや」的な気分いっぱいでした。TPチャートもできたしということで自己満足の気持ちでした。


細かい手順などはFBですでに都立高校の化学のM先生がアップされているので、ここでは略します。つながっていない方、すみません。「栗田佳代子(今回オブザーバーで参加されていた東大の先生です)」でググると使用したもののPDFがダウンロードできるようです。(まだ確認していませんが)


学び合い』実践者なら、なんなく埋めることができるしょう。手順にしたがって自身の教育活動を整理していき、方法から方針、そして最後に理念まで付箋を利用して整理していきます。自分だけだと気づかない点があるので途中ペアを組んだ先生に説明しながら、その先生からつっこみを入れてもらい、さらに自分の見落としているところを補いつつ、完成させていきます。


できあがったものをみると「なるほどこういう活動しているのか」と自分自身の活動を俯瞰することができます。


午後の部では仲間を入れ替え、チャートを用いながら、同じテーブルの相手に説明していくということをしました。同じテーブルの先生方のチャートの説明を受けると、その先生の理念(大事にしているもの・こと)や具体的にどういうことをしているとかを伺うことができ、ときどき雑談も入りながらの対話もでき、とても楽しく過ごすことができました。


終了前、もう一度入れ替えがあり、そのグループでもいろいろと情報交換できました。この時間はほぼ雑談状態(私にとってはそう思えた、他の人たちはもっと真剣だったかも)で、ここの話し合いが興味深かった。駿台の融合問題のこととか、埼玉の高校の先生の「生物と英語」のコラボ授業、普通高校でない工業高校とか商業高校におけるプロジェクト型の授業のこととか。


でも頭がとても疲れました。また自分はこういうのが苦手だと改めて感じました。なぜだろうかと考えてみると、型にはめすぎてそれが窮屈に感じるのかもしれません。