Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2016-08-20 (土)

第12回教室『学び合い』フォーラム2016in宮城@東松島コミュニティーセンター 1日目

22:59 | 第12回教室『学び合い』フォーラム2016in宮城@東松島コミュニティーセンター 1日目 - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第12回教室『学び合い』フォーラム2016in宮城@東松島コミュニティーセンター 1日目 - 高専数"楽"通信 第12回教室『学び合い』フォーラム2016in宮城@東松島コミュニティーセンター 1日目 - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

昨日は仙台に前泊し、今朝仙石東北ラインで早めに現地入りし、準備のお手伝い。矢本駅からは同じ電車に乗っていた東京のS先生と一緒に徒歩で会場まで。


会場に着くとスタッフの皆さんがすでに会場設営。その中に加わり、椅子を並べたり、パネルを設置したり、分科会の椅子を並べたり、おっとそれから駐車場係をしました。駐車場係では、東京のH先生に声をかけて強引に手伝ってもらっちゃいました。


さて1日目。

N先生の講演があり、休憩を挟んでシンポジウム。講演に続いて座りっぱなしなので、自分にはきつい。が、NPOのKさんのPPTの日本の総人口のグラフにはインパクトを受けました。このグラフは高専の学生たちにも見せる価値ありと思いました。それと話の中で、地域との活動は「学びのフィールド」という言葉は印象深いものでした。


つぎに分科会。いくつかある中で、I先生の「セオリー通り?足して2で割る?」に参加しました。あまり参加者はいないかなと思っていましたが、つぎからつぎと参加者が増え、部屋いっぱいになりました。30名はいたでしょうか。I先生の現在の状況などをスライドで紹介したあと、最後に「『学び合い』のセオリーってなんだろう?」と「看取りってなんだろう?」について、参加者のみなさんで話し合ってみてください。さあどうぞ。


私は隣の地元のS先生と話し合いました。2人だけだったので、じっくり話しましたが、この2人の間では「セオリーっていったら、3つの観のことだろう」ということに落ち着き、「たとえば◯先生の授業をみて、この授業は〜だね」というのは看取りだろうと。他にも話しているところがあったので、どんなことを話していたのか聞きに行きたかったのですが、時間になってしまいできなかったため、懇親会の席で知り合いの何人かの先生に聞いてみました。


その中で一番腑に落ちたのは、K先生の「究極は子供観なのではないか」。「どうしてですか?」とさらに聞いてみると、「実は」ということでお話しされたのですが、『学び合い』を知らない学校で『学び合い』のことで講演(?)をするときがあったらしいのですが、準備として関連書籍などを読んでいた。その中に「手引書」があった。その手引書の中のエピソードの中にK先生が「これだ」という場面があったと。その話を聞いたとき、「お〜、確かに」と腑に落ちました。もう一度、手引書を見直したいと思います。


ひとまず1日目はここまで。

maya-1maya-12016/08/21 21:20報告ありがとうございます。