Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2015-03-14 (土)

今日の第26回『学び合い』千葉の会の振り返り

20:26 | 今日の第26回『学び合い』千葉の会の振り返り - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日の第26回『学び合い』千葉の会の振り返り - 高専数"楽"通信 今日の第26回『学び合い』千葉の会の振り返り - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

以前の記事にも書きましたが、千葉の会のときは懇親会を出ずに帰宅し、家族とともに夕食をとります。ということでこの記事を書いています。



今日の千葉の会の参加者は13名。大学の教員から小中高と高専、そして保護者ととてもバラエティーに富んだものでした。千葉の会の特徴の1つと言っていいでしょう。発表は3件。いつもは2件なのですが。トップバッターは私、2番目がFさん、3番目がHさんの発表。私の発表は今年1年間の振り返りをし、来年度へ向けてどう改善するかをするはずでしたが、1年間の振り返りをするにあたり、一年間に溜まったアンケートと試験の得点結果を整理していくうちに泥沼に入ってしまい、方向性がないまま、ズルズルとただ事実を並べただけになってしまい、参加者のみなさんには極めてわかりづらいものになってしまいました。


実はアンケートに関しては、前期の中間、期末、後期の中間、期末の4回をきちんと同一形式でとったのは初めてだったと思います。それまでは4回のうち、どこか1回はやっていなかったりしていたのです。そのおかげで、今年に関しては、記名式でアンケートを取っているので、だれがどのように1年間の中で変化していくのか(全然しない学生もいました)を追うことができました。また授業中にメモしている私の手帳も、今回の発表のため、改めて読み返してみると、1つ1つの授業で私自身が気になって書き留めたことを知ることができ、これも自分自身興味深く、以前のノートも読み返してみようという動機になりました。するとこれまた自分自身にとって興味深い。


てなわけで、自分自身の発表はめちゃくちゃダメダメでした。次のFさんの発表は、自分の学校での実践や支援している学校での実践で、連携している学校の先生方とのやりとりや生徒たちの活動ぶりが手に取るようにわかる語り口であり、かつFさんの人柄も滲みでていて、聞いていてほんわかした気分になりました。


最後のHさんの発表は、大学での実践発表ということで、これまた千葉の会ならではのものでしょう。Hさんがまとめた資料には、実践の様子がコンパクトにまとめられ、自分の実践の疑問点に対して、冷静に分析され、来年度につなげようという気持ちがよく伝わってきました。大学での文系の科目なのでなかなか難しい面もあるかと思いますが、学生のアンケートのコメントに書かれたものは私が高専の学生に対してとっているアンケートの回答と相当似通っているもので、同じ悩みを持っているものとして共感できました。


ただ今回は3件発表があり、フリートークの時間が不足してしまったなという印象を持ちました。(私の発表はなくてもよかったかなと)会の最後に一人一人感想を話す機会が与えられたのですが今日はなぜか頭が回転しなく、何も浮かばず、パスしてしまいました。こういう日も珍しい。まあそんなときもあるさ。そうそう県内の高校の数学の先生が参加されていたのですが、来年度から取り組んでみようと言ってくださいました。そういううれしいニュースもありました。