Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2014-10-12 (日)

しあわせづくりフォーラムに参加して(その1)

21:42 | しあわせづくりフォーラムに参加して(その1) - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - しあわせづくりフォーラムに参加して(その1) - 高専数"楽"通信 しあわせづくりフォーラムに参加して(その1) - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

昨日と今日の1泊2日で、オリンピックセンターで行われた「しあわせづくりフォーラム」に参加しました。昨日の午前中、人間ドックを予約していて、間に合うかな?って思ってハラハラしていましたが、交通機関の接続もうまくいき、オープニングにはギリギリ間に合いました。


全体として、インプットとアウトプットをうまく調和させようという意図でプログラムが構成されていて、実際その中に身を置いてみて、とても過ごしやすかったです。

1日目は6名の講師のみなさんが翌日のワークショップに向けての10分間プレゼンをし、2、3の質問を受けた後、6名の講師が散らばり、参加者がもっと詳しく知りたいブースへ行って、さらに情報を仕入れる感じでした。私は翌日のワークショプに参加する予定の岩掘先生のブースへ行ったのですが、「宝物ファイル」が誕生するまでの先生自身のご苦労を知ることが出来て、何事も順風満帆に行っている訳ではないんだと改めて認識できました。


休憩後、参加者が2つのグループに分かれ、ファシリテーターのもとグループワークを行いました。そこでは3人グループ、4人グループ、5人グループと次々に人を変え、テーマを変え、アウトプットしていくエクササイズ。最後の5人グループのときには、今回のファーラムのテーマにある「しあわせづくり」についてのキーワードとそのためのレシピを各グループで話し合うというもので、私が参加したグループでは、1)しあわせは一人のときでもあるし、また仲間とも共有できる、2)まずは自分自身がしあわせになろう、3)しあわせの連鎖をつくろう、ということが出て来て、それに対してのキーワードとして、笑顔、ほめる、ゆるす、認める、お礼をいう、おいしい、胸をはる、人の輪に入る、運動する、共感する、味わう、多様性、名前を覚える、寝る、が出てきました。皆さん、ポンポン言葉ができるなあと感心しきりでした。


そのあとは宿泊棟へ行き、同じ部屋の人たちとお風呂へ行き、遅くまでそれぞれの学校の様子や関心事などのトークをしていました。



さて今日のメニューは、基本的には午前中は2つのワークショップへ参加し、午後はグループに分かれて振り返りにあてるというものでした。


私は岩掘先生と北村先生のワークショップへ参加しましたが、この続きはまた明日へ。