Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2014-08-31 (日)

8/30の『学び合い』神奈川の会の振り返り

08:12 | 8/30の『学び合い』神奈川の会の振り返り - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 8/30の『学び合い』神奈川の会の振り返り - 高専数"楽"通信 8/30の『学び合い』神奈川の会の振り返り - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

29日の北信の会のあと、木更津へ戻るのを横浜経由に変更し、『学び合い』神奈川の会に参加してきました。木更津はとても便利なところで、東京駅、横浜駅、川崎駅、品川駅、羽田空港へアクアライン経由の直通バスが通っていて、1時間以内で行くことが出来ます。(羽田へは30分くらいです)


さて神奈川の会は、私が6年前『学び合い』を実践しはじめた頃、相談したりやすでに実践されている先生方の話などを聞くために、毎回のように参加した会の一つです。


この日の参加者は開始直後は14名だったのですが、途中からぞろぞろと加わり20名を越えた人数になったと思います。地元神奈川の小学校の先生方が多かったですが、東京、埼玉、千葉からの参加者もいました。2〜3分の自己紹介を済ませた後、話題提供1として千葉からの参加のO先生が「千葉の会伊豆合宿について」をどうして自分がこれを企画したのかをコンパクトに説明、続いて話題提供2として、神奈川のTaichi先生が自身のモヤモヤ、?である「『学び合い』の考え方をみなさんはどう捉えているのか」と「職員が学び合う集団になるにはどうしたらいいのか」をその背景を踏まえて説明してくれました。休憩を挟んだあとは、これらの話題や参加者自身の課題達成のためのフリートーク(1時間プラスアルファ)、そして初参加のみなさんからの感想を語ってもらい、終了となりました。


私自身の課題としては、北信の会(プラス懇親会)の内容を引きずっていて

1)実践者のみなさんが『学び合い』がうまくいっているなあと感じるのは、子どもたちのどんな様子をみてキャッチしているのかなということ

2)自分の実践を振り返る手段として、どういうことをみなさんはしているのかな?私の場合は定期試験ごとにとっているアンケートや学び合いの会や夏のフォーラムでの実践報告したときの資料くらいなので、何か自分ができることのヒントがないかと。

3)「一人も見捨てない」ということをみなさんはどう思っているのか、捉えているのかを聞くこと。

でした。

多くの方から聞きたかったのですが、ゆうゆうさんと1や3について話すことが出来、限られた時間の中ではそれだけでOKでした。


懇親会では千葉からの参加者I先生のどうして民間会社から教員に転身したのかの話や来年の千葉の会合宿についてのブレーンストーミングがなされ、楽しい時間を過ごすことが出来ました。


これで夏休みの研修はすべて終了。明日から学校が再開します。高専では前期後期の2期制で始業式などはなく、いきなり明日からフル授業です。