Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2014-08-06 (水)

昨日の教員研修講座(長野講座)の振り返り

07:24 | 昨日の教員研修講座(長野講座)の振り返り - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 昨日の教員研修講座(長野講座)の振り返り - 高専数"楽"通信 昨日の教員研修講座(長野講座)の振り返り - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

昨日は塩尻で行われた上記講座に参加してきました。4日松本に前泊し、5日は早朝女鳥羽川沿いを軽く40分ジョギングし、塩尻駅へ向かいました。駅で待ち合わせしていたところ、なんとK先生がいるではありませんか。たしかT先生に替わったはずだが?と思って聞いてみると時間を1時間間違えてみていたとのこと。ほどなくT先生も見えて、会場へ向かいました。


午前中は、三崎先生による「一人も見捨てない教育による学力保障」、午後は松沢先生(算数数学科)による「学力向上の取り組み」の2本だて。



三崎先生による講義では、北欧の教育(講義の中ではフィンランドを取り上げて)の紹介と日本との比較、そして講義中はあえてあまり使われなかったようですが(私の感想として)『学び合い』との類似点(北欧の教育との)を、PISAやTIMMSのデータ、先生自身の現地視察での資料(画像込み)を交えて話されました。以前、中信の会で聞いた内容をさらに肉付けしたような印象で、私としては先生の思いが伝わってくるものでした。特に印象深かったのは、先生が「あの子は仕方なんじゃないか」と思っていると、それが先生の発言や態度に無意識のうちに表出し、それをその子は見逃さないと話されたことでした。また余談のなかで、先生が「わかった?」と聞いたことに対して、子どもたちが「わかった」と反応するとき、子どもたちの「わかった」は「Thank you very much.」の意味なんだよというもの。毎回ではないにせよ、「なるほどな」と感心しました。


午後の松沢先生の話しでは、算数数学の教材開発のヒントということで受け止めました。先生自身の自慢ネタの一つ(3桁の数を使って、引き算足し算をするとどんな場合でも(条件はありますが)1089になってしまうという“不思議な”現象)をもとにして、それを単に計算して子どもたちの「びっくり!どうして?」で済ませず、授業の中でどう生徒、児童に働きかけるのかという展開で、とても楽しかったです。題材は同じでも、それを小学生にも、中学生にも展開できるのを目の当たりにして、やっぱりこういうのは楽しいなあと素直に思いました。高専数学でもぜひ取り入れたいヒントをいくつもいただけたような気がします。


また駅から会場まで、K先生やT先生、F先生にはお世話になりました。また休憩時間等でも話しができ、知り合いの先生方がいて助かりました。

それと長野県でも高校の先生で『学び合い』を実践されている方と知り合いになれたのも、大きな成果でした。高校の先生方でも徐々に広がっているようです。

maya-1maya-12014/08/06 13:10私も参加したかったのですが、残念でした。

bbcsuzukibbcsuzuki2014/08/06 20:51maya-1先生、そうでしたか。F先生、T先生たちとmaya先生は会場にいるんじゃないかな、なんて喋りながら会場に向かいました。来週は授業づくりネットワークで新潟に行ってきます。月末の北信の会は参加します。

tsukuda0523tsukuda05232014/08/06 21:04静岡に引き続き、お世話になりました。
ありがとうございました。

僕も、長野県の高校の先生で『学び合い』を実践されている先生と知り合えたことは、本当に大きな成果だと思います。
長野県内、小・中・高と、『学び合い』の広がりをさらに感じました。