Hatena::Groupmanabiai

高専数"楽"通信 このページをアンテナに追加 RSSフィード

千葉県内で『学び合い』を実践されている方、あるいは興味関心をお持ちの方、一緒に語り合いませんか?『学び合い』千葉の会は平成26年度から年4回の開催になりました。千葉の会は小、中、高、高専、大の先生、社会人、保護者と毎回多彩なメンバーでワイワイやっています。何かご質問などありましたらbbcsuzuki☆gmail.com(☆を@にかえてください)までお願いします。

2014-03-31 (月)

今日のおにぎりの会の振り返り

22:03 | 今日のおにぎりの会の振り返り - 高専数"楽"通信 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日のおにぎりの会の振り返り - 高専数"楽"通信 今日のおにぎりの会の振り返り - 高専数"楽"通信 のブックマークコメント

おととい千葉の会を終えた後、実家に帰省し、今日は実家からおにぎりの会の会場へ向かいました。千葉の会で指摘された点を盛り込んだ改訂版(明日からのH26年度の第1回目の「語り」)を聞いてもらおうと参加しました。


事前に聞いてはいたのですが、参加者が40名を越えるとか。初めて会う方の方がしかも若い方が多く、さてこれからも会う方がどのくらいいるかなあ、なんて余計なこともまで考えてしまいました。


さて改訂版は、千葉の会で言われたことをいかに取り入れるかです。

1)昨年度1年のとき、できていなかった点をあげて、できるようにしようと話を持って行くより、できていた点をどんどん取り入れ、これを強調しようということでした。そしてこれはできていた感触を得ました。

2)一斉授業と『学び合い』を対比させすぎて(学生に行ったアンケートをとりまとめたもの)、私が「1)でのできていなかった点や様々な人たち(内外の学者)が主張していることなどから、だから『学び合い』がいいでしょ」と語っているようで、それでは『学び合い』をやらせているだけではないかという指摘をどう手直しするか。でも『学び合い』を実践されている方はどう思うかわかりませんが、おしつけになろうがなるまいが、あるいは意図していなくても、私がクラスへ行って教室に入れば、私の存在だけで、いかにその気配を消し去ろうとも何らかの「おしつけ」はあるように思ってしまいます。(なんだか混乱してきた?)



というわけで明日から始まるH26年度も『学び合い』の考え方による授業を実践していきます。

messabluemessablue2014/04/01 00:03お疲れ様でした。約束通りですね、さすがです。
またじっくりとお話しできずすいません。これでかれこれ3年ですね、、、。
今回の報告、大野先生からちょっとお聞きしました。(大野先生パワフルですね、、)
内容だいたい分かりました。でも私も全く先生のブログ↑に同感です。

どうやっても教室内の教員の影響はあるとおもいますし、何らかの「おしつけ」はどのような形でも在ると思います。

でもそれこそ、生徒集団は優秀ですよね。ですから、おしつけでどうこうなるやわな子たちではないと思います。
先生の子供たちへの愛情は、考え方として生徒にすでに見られていると思います。教員のための授業ではなく自分たちへのものであると気付いていると思います。

bbcsuzukibbcsuzuki2014/04/01 07:26>messablueさんへ
千葉の会、そしておにぎりの会で生物のN先生から、「ほめる」技の話しを聞きました。わたしが苦手としているところですが、話しを聞いているうちにできそうな気持ちが湧いてきました。いままで実践でも学生たちの姿は目を見張るものですが、もっともっとを目指せそうです。また話しを聞かせてください。先生のブログで西川研のyoutubeのことがときどきあげられていますが、大いに参考にしています。