Hatena::Groupmanabiai

あゆみの学び合い道まっしぐら

|

2008-09-17

う~ん

20:22

いつもケンカをする女子が2人います。

言い方がきつく・・・


誰も近づかなくなります・・・汗

そこがつらく・・・

う~ん 涙

jun24kawajun24kawa2008/09/17 22:04彼女は変わらずとも、周りの子が彼女をどうあつかうかを学ぶことは可能性は大ですよ。

ayuayu0515ayuayu05152008/09/22 20:02
そうでしね。周りの子をいかに巻き込むかを課題にしていきます!

2008-09-14

みんながめんどくさい

21:18

理科・社会・算数・国語と学び合いをしています。

理科の授業で

めあて「アサガオのつくりについて、みんなが説明することができる」

を目標に取り組もうと伝えます。

そうすると、

一人の子どもが言いました。

「なんでみんななの?めんどうだ。いちいち・・・」


私はつい冷静でなくなりました

その子どもは、1学期に両親が離婚しています。家庭的には苦しいはずです。また、塾に通い受験を意識して勉強をしています。


私はこう言いました。

「学校は、塾ではない。塾では競争だろう? 他人を蹴落とし、蹴落とされての繰り返し。先生は、そうやって育つことで、自分以外はどうでもいい人になってほしくない。自分だけでなく、みんな。人と人がかかわり合うことを大切にして、課題を解決できる人間であってほしい。最近の世の中はどうだろう?自分本位で問題が解決できず、結局そのいらだちを自分にぶつけ自殺の増加、他者への暴力になっている。学びあいが、「みんな」を大切にするのは、学校に出て社会に出た時にそんな大人になってほしくないと思っているから、している面がある。だから、「みんな」を大切にしよう。」


プライドの高い、その子どもどう思ったのだろう?

自分にはわかりません。。

今後、経過を見ていきたいと思います。

jun24kawajun24kawa2008/09/15 08:08その子への語りは対処療法としてはしょうがないと思います。でも、根治療法が大事です。「○○君はこういっているけど、君らはどうおもうか?何故、○○君はこういったのだろう。これは、クラスの問題だと先生は思う。みんなの大事さ、みんなの凄さ、それをみんなが分かれば、みんなが信じられるはず。・・・・」と語ることこそが大事ではないでしょうか?

ayuayu0515ayuayu05152008/09/17 20:21
なるほど。たしかに根治療法が必要ですね。クラス全体で語っていく必要があるとは思いました。今後、経過を見て取り組みます。

2008-09-07

う~ん うまくいかない・・・

20:14

2学期がはじまり・・・

算数の学び合い

2時間目

0.8×2.3の学習でつまづきました。


1人80点以上は、達成ができませんでした。


今回は、やり方を変えました。

いつも班でやらせていたのを、班にしない。

教科リーダーを撤廃。

ホワイトボードを使わせない。これまではホワイトボードを使って、教え合っていました。


そうしてみると、子どもたちが動かなくなりました。

たんたんと学習をしているだけでした。


あわてて 班にさせ、ホワイトボードを使うことを許可。

そうすると徐々に立ち上がりました。また、私語も多くなりました。

その判断は、残り5分でやったから結果はかんばしくない。


個人的には

学び合い

班ではなく流動的にやらせたい。

教科リーダーを作らない。

自主的に集団を形成してほしかったわけですが・・・

ただ私が残り5分で判断したことは、子供を信用していなかったかもしれません。

五分我慢して、評価テストの後に子供に語る必要があったのかもしれません。

気を取り直して、月曜日頑張ってみようっと。


PS

メールマガジンの編集をやることにしました!!みなさんよろしくお願いします!

MizuochiMizuochi2008/09/07 21:28メールマガジンの編集をされるのですね!
「期待しています!」(笑)

ayuayu0515ayuayu05152008/09/14 21:10
がんばりますよ!!ありがとうございます!

2008-09-02

20:00

小数のかけ算 その1

目標 算数の小数のかけ算80×2.3の計算の仕方をみんな説明することができる。

今日は、2学期になってはじめての授業・・・

80×2.3の計算を、児童は筆算で行うことが多かった・・・

本来の目標は

80×2 80×0.3と考えるやりかた つばささん

もう一つが 80×23÷10 みらいさん


この二つのやりかたが書かれている。


この二つの考え方を説明できるのが目標であった・・・


しかし、筆算で考えればわかる児童が多く。筆算で説明をしだしてしまった。

この問題は多様性があるであろう。

しかし、私は上の2つのやり方のみに規定してしまい、子供が混乱をした。


そのため、みんなが80点を取ることが達成できなかった。。。



また、立ち歩く児童が非常に少なくなり、班で考えることが多くなった。

これらのことを次回修正してやれねばならない。


今回の場合は。「みらいさん・つばささんの計算の仕方を理解できる」に設定するべきであった。

もう1つは、班で席にしてやらすべきか?やらさないべきか?また、立ち歩きが活発にするためにどうするか?

課題が山積みだ・・・

2008-09-01

いよいよ2学期が始まりました。

20:42

明日はいよいよ算数をはじめます。


3時間目

小数のかけ算 その1

目標 算数の小数のかけ算80×2.3の計算の仕方をみんな説明することができる。

評価 計算の仕方を理解し、上記の類似問題を10問中8問は解くことができるようにする。


これで挑戦してみようと思います。

4時間目

クラス会議 その1

いい気分褒め言葉に挑戦します。

1 全員がいすのみで円になって円滑にすわるためにどうするのか?

2 いい気分なときは? 相手への感謝なことはないか? について考えていきたいと思います。


<学びあいで、教材研究について>

私は、目標を設定するときにとても教材研究をしてしまいます。それはいいのかわかりませんが・・・

子どもは楽しくやっていて、自分もついついやってしまいます・・・

<T2の先生について>

手引きを読んでもらいました。意図がとてもわかるようになったと言っていました。また、T2の先生に子供の様子を見て、気づいたことを書いてもらうことにしました。

|