Hatena::Groupmanabiai

あゆみの学び合い道まっしぐら

2009-01-12

滞っていた理由

18:52

10月に西川先生とお会いをしました。

名古屋市にて

そのときは、異学年交流についての話を聞きました。

とてもすばらしいことだなって感じました。

個人的に

学び合いに関して、絶対的にすばらしいと思う自分がいます。

しかし、それが絶対といえるのだろうか???


そうなのだろうか??

それに対する明確な疑問が出てこない自分にも腹が立ちます。

そうやって思ううちに、日記を書くことが出きずにいました。

今もそういう葛藤を抱えています。

でも、子どもの1年は一生に一度。

葛藤をかかえながら、やっていかないとって奮い立ったここ最近。

jun24kawajun24kawa2009/01/12 19:20立ち歩き、異学年・・・それを『学び合い』と考えないで下さいね。学校観・子ども観を読んでください。それ以外のことは、その考えの必然なんです。

isinomakiisinomaki2009/02/10 21:01自分や自分たちにとってのベスト,ベターを自分(自分たち)で決められる,そんな当たり前の所に『学び合い』のよさの一つがあると私は思っています。

歌2009/02/11 21:46『学び合い』の考え方は、素晴らしいと思います。
ただ、やり方(教師の授業方法や子供の育て方など)は多種多様なのだと思います。

2009-01-06

おひさしぶりです あけましておめでとうございます

20:05

無事に年をこせました。

2月に「学び合い」の校内研究授業をします。

そのために指導案と自分の学び合いの考えを書きました。

はたしてどうなるかわかりませんが・・・

自分なりに伝えていきたいと思います。

この授業次第で、来年内の学校で

学び合い」が主流となるかも知れません。

これからいろいろと日記に書いていこうと思います。

よろしくおねがいします。

とんたんさん、以前研究資料をくださって、ありがとうございました。

西川先生、他の先生方よろしくおねがいします。

2008-10-06

最近の学び合い

20:51

う~ん 

学びあいにおける、マンネリ化を打破する方法はないだろうか?

いつも、みんなを求めて学習に取り組ませる。

あるときに、伸びはよく、あるときに伸びは悪い・・・

子どもは、最近学び合うことに疲れを感じているように思う。

それは行事に追われていたというのもあるが・・・

また、学びあいは、子どもたちのエネルギーを結構使うと思います。

頭がフル回転。。

そういうことってないだろうか?

あと、編集部にはいりましたが 仕事がない・・・汗

jun24kawajun24kawa2008/10/06 21:30もっと、を教師が求めなければ。
あと、仕事は待つのではなく、求めて、作らねば。

akibo13akibo132008/10/09 20:13初めまして。「マンネリ」に反応して書き込みさせていただきます。私も「どうしよう?」と考えて、結論は「基本にかえる」です。
私が求める姿を重ねて語り、『学び合い』が活性化する課題を用意する。そこまでできたらあとは「みんな」に「もっと」を求めて続ける。
このグループの方なら誰でも知っている基本を見なおすことが大事だと痛感しています。

aki-kichiaki-kichi2008/10/09 20:36私も最近、マンネリ化に悩んでいます。
「みんな」を求めても、手応えのある反応がないんです。
山形の会では、その辺りのことを学んできたいと思います。

2008-10-05

2月の研究授業へ向けて

10:25

3学期の2月上旬に研究授業があります。

単元は 5年生の円周と円の面積です。

指導案を書こうと思っています。

そこで、自分なりに学びあいの指導案はどうなっているのかが気になります。

西川先生のホームページにのっていますが・・・


たくさん読みたいのです。 特に算数の授業


自分が授業をして、学び合いの考えを少しで伝えたいと思っています。

よければ、誰か協力してください。 

2008-09-22

悔しいです

20:07

今日は、学校の努力点「わかる楽しさを味わう」 算数で

私は、学び合いに取り組んでいることを話しました。

一応、文書上は学び合いを手だてにいれています。

考えとして、私は学び合いに接していれば問題ないと思っているからです。

今日わたしなりに

教師の役目 

目標設定 可視化 評価

についてを話しました・・・


1 方法は自由だが、教師の指導性の放棄では?

2 最後の評価テストだけで判断するの?おかしいのでは?

3 先生はぼ~っとしているだけの様子を授業で見せるのか?

  先生と子どもの掛け合いを見せなくていいのか??



このことに対して、、なかなか答えることができませんでした。

私は、教師が教えることで生まれる害をなくし・・・

子どもが主体的に学びを得ることで、わかる楽しさを実感できると考えていますが・・・


これを証明しないといけないのかもしれません・・・


すごく 悔しいです・・・

自分なりにまだまだ学び合いを説明できない自分が・・・

MizuochiMizuochi2008/09/22 21:39お疲れ様です。
そういった話し合いは、相手を論破しても意味はありません。
むしろダメージの方が多い場合すらあります。
地道に結果を積み上げていくことが一番と今の私は思っています。。。

jun24kawajun24kawa2008/09/22 22:571 方法は自由だが、教師の指導性の放棄では?
 教師の指導性とは、人の道にあるべきで、足し算のやり方で指導するのは子どもでも出来ます。

2 最後の評価テストだけで判断するの?おかしいのでは?
 じゃあ、どんな評価をしているのでしょうか?そして、その評価にどれだけの時間がかかりますか?それに30を乗じて下さい。そんな評価を「みんな」にしていないことは明確です。

3 先生はぼ~っとしているだけの様子を授業で見せるのか?
  先生と子どもの掛け合いを見せなくていいのか??
 この質問には脱力します。授業は漫才のステージなのでしょうか?何のために授業をしているのでしょうか?参観している教師のためですか、それとも子どもですか?

が、いってもせんのないこと。反論せずに、結果を出すしかないのです。相手も悪気はない。ただ、従来の枠組みにとらわれているのです。

iku-nakaiku-naka2008/09/22 23:10お気持ちよ~く分かります。こういう方に何を言っても無駄です。教師がな何もしなくても自分たちで考えて学習をしている姿を見せて「どうだ~!」とやるのが1番です。ただ、授業を見てもいろいろ言う人はいます。その一方で分かって頂ける方も必ずいます。「信じる者は救われる」です!。

ayuayu0515ayuayu05152008/10/05 10:21

>Mizuochiさん

確かに。論破するのではいけませんね。地道に結果を示していこうと思っています。そうすることで「、結果が出てくると思います。

>西川先生
質問への答ありがとうございます。本当に先生の言うとおりです。
結果を出すしかない。なので、地道に評価テストをしてデータを出していきます。

>IKUさん
そうですね。しかし、わかってくださる方がなかなかいなくて・・・
自分なりに考えてやってみます。

mhbynscbmhbynscb2011/02/20 06:48Blrqt7 <a href="http://zmprpxbsjbss.com/">zmprpxbsjbss</a>, [url=http://bzlmebujbquw.com/]bzlmebujbquw[/url], [link=http://ekmyemuktugh.com/]ekmyemuktugh[/link], http://oqzzofriigaa.com/