あおのりの共育挑戦記

千葉県で小学校の教員をしています。 『学び合い』の精神で子どもたちと共に育っていけるよう日々チャレンジしていきます。

2013-05-29 (水)

特別支援教育新任担当者研修

というのが自分の市にはあり,特別支援の担任に新しくなった者は年間10回程度の研修を受け,実践報告を提出しなくてはなりません。

今日,その研修がありました。

講義の中で,印象に残ったフレーズをメモします。

◆環境が整えば,子どもは意外な能力を開花させる

◆見てわかる工夫をしよう

 ・わかりやすい

 ・共有できる

 ・記憶を助ける

 ・自ら注意を促すことができる

◆肯定的な働きかけが大事

 ・ほめる

 ・問題が起きていない時にこそ関わる

 ・成功こそ振り返り,無意識の中でのよいことを意識に上げる

◆シンプルに

 ・簡潔に

 ・具体的に

 ・整理整頓(教師自身が)

 ・教師の力量が問われる

◆支援しながら,長い目で待つ

 ・感情と衝動で指導せず,論理を以て乗り越える

 ・発達障害の子も発達していく

子どもから学ぶ

 ・子どもと相談しながら(子どもの言葉を聴く)

 ・子どもの小さな変化を見逃さない

◆大人もトライ!

 ・失敗しても大丈夫,というモデル

 ・社会って魅力的,社会に出て行きたいと思える教育

maya-1maya-12013/05/29 08:44これは何も特定の子だけに向けたものではなく、どんな子に対しても心得ておきたいことですよね。