あおのりの共育挑戦記

千葉県で小学校の教員をしています。 『学び合い』の精神で子どもたちと共に育っていけるよう日々チャレンジしていきます。

2014-04-18 (金)

『学び合い』始動

ちょっとハイになっています。柄にもなく一人で発泡酒を片手に夜更かししてしまいました。

自分を落ち着かせるつもりで、記事にします。



交流学級での学習に出かけていくことの多い子どもたちですが、今日、急遽時間割の変更があり6人中5人(一人はお休み)が集まり、しかも45分フルに私が授業できる時間をもらえたので、「今しかない!」と思い立ちました。

机をくっつけさせ、短く語りを入れて、課題と制限時間を与えて「はい、どうぞ。」


他人を蔑むことに一生懸命だった子が「がんばれー」と応援し、

自分から友達に話しかけることなんて決してしない子が「はいはい急いでるよー」と返事。

友達が消しゴムを落としたら「大丈夫?」と一緒に探す子もいたりして。

う〜〜〜〜〜ん、感動!!


2週間見てきた中で、クラス内の子ども同士の関係は「障害物」か「先生を奪われる敵」だろうなぁと思えるほどしか関わりがなかったのが、今日の算数の時間は一緒に課題達成を目指す「仲間」でした。


もちろん、まだまだこれから成長する子どもたち。見ていてもどかしく感じる部分がたくさん。

「できるだけ我慢して下さい」と支援員さんには伝えてましたが、バシバシ始動を入れてました(笑)


でも、時間内に課題を達成し、みんなで拍手とハイタッチをする姿を見て、私は久しぶりに心から笑顔になれた気がします。

子どもたちのステキな姿に嬉しくなりました。

そして、これからが楽しみで、ワクワクしています。




さて、今まで、調子に乗ると決していいことはありませんでした。

今日のことは「何もなかった」くらいのつもりで、またのんびりやっていきます。