Hatena::Groupmanabiai

ARI ~力を合わせて~

大阪の小学校で支援学級の担任をしています。 「学び合い」はまだまだ勉強中です。

2009-03-31 (Tue)

成長

| 19:00

最近、うちの愛娘が、おしゃぶりが外せた!

とても、喜ばしいことである。

外に出る時以外は、必ずと言っていいほど、おしゃぶりを必要としていたのだが、鼻風邪になってから、おしゃぶりをしていると、息苦しくなることに気づいたらしく、泣きじゃくっている時も必要としない。

子どもは、ひょんなことから成長できる。鼻風邪をひいて、おしゃぶりがなくても大丈夫と思ったのだろう。何事も自分から体験しないと、学びや成長につながらないと感じた。

最終日

18:54

今日で20年度が終了した。

多くのことがあったが、トータル的に良い一年でした。新年度も最後に良い一年だったと振り返ることができる一年にしたいです。

o4dao4da2009/03/31 19:29ごぶさたしております。娘もパパも同じかもしれません。このブログ群にきたから、ディープ合宿を体験したから、何かを得たのかもしれませんね。ぜひ、ともに前へ進みましょうね。仲間がいると思うことが大きな成長につながりますから。

kogapon7kogapon72009/03/31 22:11あっくんさん、合宿ではお世話になりました。
給付金を合宿に使ってくださり、ありがとうございました!
あっくんさんとは年も近いし家庭の構成も似ているしで、
お互い似た境遇ですね。
明日からがんばっていきましょう!

第二回大阪の会もよろしくお願いします。

2009-03-30 (Mon)

DEEPな合宿の感想

08:39

今回、はじめてこうした会に参加してきました。

初めは、すごく緊張したいて、どんな方々なのだろうか?という不安ばかりが先行していました。

出会ってみると、「深い」というよりも、とにかく「あつい!」教育に対して自身の思いがはっきりしている感じを受けました。顔を合わせて、語らうことはすごく大切な時間だったように感じます。

今は、合宿で「見て」「聞いて」「感じて」したことを、どう子どもたちに返していくことができるのかを考える時間にしていきたいです。もうすぐ、新年度も始ります。その時には、自分ができることを大人な対応をしながら、実践していきたい。

次の機会では、もっと遠慮せずに、自分の考えや思いを話していきと思った。失敗してもいいんだよ。と思っていてもどことなく失敗を恐れている自分がいるような気がした。頭の中で思っているだけでなく、自身を開示することで、何かが変わる。どう変わるかはわからないけど、何かが起こる。思っているだけでは、何も起こらない。起こらないよりは何かを起こしていきたいです。

daitouirukadaitouiruka2009/03/31 10:32ありがとうございました。
akkunさんの誠実なところにひかれました。
自分の大切にしたいことをしっかり実行するために支援学級の担任になられて…。そこで得たものをまた、原学級を担任したときにきっと役立ててくれそうでうれしかったです。
子どもたちと、他の先生方とよくつながって、理想の教育に近付けていってください。
またお会いできることを楽しみにしています。

akkun-758akkun-7582009/03/31 18:52こちらこそ、また出会うことを楽しみにしています。
今後も、よろしくお願いします。

2009-03-11 (Wed)

久々です。

22:02

ここ最近、パソコンの調子がイマイチでした。

ようやく調子を取り戻しました。

一番に印象の残っていいることを書きたいと思います。

 それは、合科の時間に工作をしました。テントウ虫とチョウチョを色画用紙で作成する時間でした。

 教師側が用意したのは時間、材料、見本、作成手順を図示した板書です。子どもたちには、この板書を見て、見本のようなテントウ虫やチョウチョを作る。とだけ伝えて、授業を始めました。

 すると、板書から一生懸命に情報を得ようと努力していました。中には、とりあえず材料から、どう作るかを予想してとりかかる子もいました。誰一人として工作から離れず、集中して取り組むことができました。完成した作品を見ると個性がとても表現されていて、作品を見ただけで、誰のものかよくわかるようになっていました。

 この子どもたちは、自分から進んで何かをするということは、とても少ないが、今回はみんなが作品を作ろうとがんばっていました。支援を必要としたり、コミュニケーションが苦手な子どもたちがほとんどです。直接言葉で誰かと関わるということはあまりありませんが、自分と対話しながら作品が作れたと感じています。しかし、関わりがなかったとも思いません。例えば、先に進んでる子の様子を見てやり方がわかったりしていました。

 考えて行動する。ということを日ごろから意識していかなくてはいけないのだが、支援学級の子どもたちは、日常の原学級では、どちらかといえば、他の友達から、指示されることが多い。うれしい反面「自分でする」という時間も大切にしていってもらいたいなと感じた。

 6年生がもう直に、卒業ということもあって、支援学級の前の壁面に飾ってあります。他のクラスの子どもたちも、見てくれるといいなと思います。

kogapon7kogapon72009/03/26 22:34akkunさん、
週末はよろしくお願いします!

sun-in_00sun-in_002009/03/29 22:01合宿お疲れ様でした。
子どもたちのことを思う姿勢に感心しました。
教室の位置のこと。
何も言わず,隣に座っているだけでも・・・・。

何より,私の後輩であることにビックリしました。
これからもよろしくお願いします。
応援していますよ。

ybhdv7ybhdv72009/03/30 00:59合宿ありがとうございました。

先生の学校と状況が酷似しておられるとお聞きして、さらにやる気がでてきました。与えられた状況で頑張ろうと意欲が出てきました。

次回もミルクキャラメルもっていきますね(笑)
今後ともよろしくお願いします!

akkun-758akkun-7582009/03/30 08:20こちらこそいろいろありがとうございました。

sun-in_00さんへ
 私も先輩ということに一番驚きました。
 あの、穏やかに、心地よく話されるのがすごく印象に残っています。なぜかがんばってみようと思いたくなってきました。「語る」ということの大切さを再認識しました。勉強させてもらうことが、まだまだあると思います。
 「見て」「感じて」「聞いて」自分のものにできるようにしていきたいです。

ybhby7さんへ
 ミルクキャラメルは本当においしかった。次の機会も楽しみにしています。
 学校の状況が本当に同じだなとも思いました。年齢に対して、どこか幼かったり、家庭環境がにているなぁーともいました。その中で、目の前にいる子どもをどうするかが大切ということにも共感しました。
今後もよろしくお願いします。