Hatena::Groupmanabiai

ARI ~力を合わせて~

大阪の小学校で支援学級の担任をしています。 「学び合い」はまだまだ勉強中です。

2009-01-30 (Fri)

成長

| 20:50

なかなか子どもとの交流することができなく、いつも先生にべったりだった子が、今日の合科の時間に、自分から、友達を誘って、積み木で遊んでいる場面があった。

その子にとってはすごく大きな成長である。この調子で、原学級のクラスでもがんばっていってもらいたい。

お楽しみ会

| 20:48

待ちに待ったお楽しみ会を昨日やりました。とても、有意義な時間を過ごすことができたと思います。

よかったことは、ホットケーキを焼いている時に、それぞれの子どもたちでコミュニケーションをしていたことである。私たちの学級では、コミュニケーションをうまくとれない子が多いのだが、待っている時は、暴れたりすることなく、何人かで本を一緒に読んでいる姿がとても印象に残っている。暴れたり、勝手な行動をしたりすると自分の分のホットケーキがなくなってしまうということが、言わなくても伝わり、一人ひとりの子どもが感じることができた瞬間であると思う。

2009-01-27 (Tue)

お楽しみ会

| 22:20

もうすぐ、全員合科でお楽しみ会を開く。

今回は、子どもたちが内容を考えるのではなく。内容を聞かされないままに、合科をする。

見通しがつきにくく、不安になる子もいると思うが、子どもたちに、先生たちなら、きっと楽しいことをしてくれるに違いないと見通しを持たせられることができるようにしてきた。

お楽しみ会は何をするの?」とワクワクするように尋ねてくる子どもたち。見通しがつきにくくとも、前向きな気持ちになれるようになってもらいたい。

内容は、単純なゲームとカラオケ、そして、ホットケーキを自分で作って食べる。子どもたち同士で関わりが生まれるような合科にしていきたい。

jun24kawajun24kawa2009/01/27 22:26今日の話題と関係ないですが、一度、上越においで下さい。特別支援学級を巻き込んで異学年の教科学習をするとどんなことが起こるか見ていただきたいと願います。

akkun-758akkun-7582009/01/30 20:42私自身も見てみたいと思っています。なので、校長に相談しているところです。できれば、今年度中にと考えています。
詳細が決まってきましたら、連絡したいと思っています。その時は、ご協力お願いします。

jun24kawajun24kawa2009/01/30 21:45おまちしております。

2009-01-22 (Thu)

お買いもの

| 23:43

2人の抽出の時間に、お買いものごっこをして学習をした。

おもちゃのレジや野菜、果物を用意して、実際のお店に近い雰囲気を設定した。

所持金→750円(500円×1、100円×2、50円×1)

課 題→「お母さんに頼まれたものを買ってくる」

まず初めは、先生が店員、子どもが客でやり、その時に、子どもはレジの使い方を学ぶ。

次に、子どもで店員、客をやってもらう。

Aさんは、記憶が頭の中にとどまらなく、伝えたことをすぐに忘れてしまうことが多々ある。今回は、4種類のものを買ってくるように頼むと、ちゃんと頼まれたものを買うことができた。また、数量の大小比較ができなく、3と5で大きい方がわからない(具体物があればできる)のだが、合計金額が170円になった時に、200円で支払うことができた。

Bさんは、3けたの数字が読めない。金額の合計が340円の時に、いくら支払したらいいかわからなく、すごく困った表情になっていた。すると、Aさんはレジをしていて、「500円で払ったいいんだよ!」とBさんに伝えて、Bさん「わかった!」とすっきりした気持ちで500円玉で支払いをした。

子どもで店員、客をやっている時は、お互いを補い合っていた。レジの打ち方を忘れて、手間取っていたら、やり方を教えたあげたり、金額が読めなかったら、代わりに答えて支払したりして、先生が指示しなくともお買いものごっことして成立していた。

原学級での子どもたちは、どちらかといえば、教えてもらったり、手伝ってもらったりと受け身になってしまうことが多い。時には、反対の立場になることもとても大切だと感じる。

ブーム

| 23:04

もうじき2歳になる娘のブームは、電話である(特に携帯)。電話がなったりすると、誰の携帯かわかるみたいで、持主のところまで届けてくれる。機種変更する前の携帯を使って、ブツブツと一人で話す真似をして遊んでいる。

それから、大人の真似をすることがとても好きである。顔を洗う真似をしたり、歩き方や走り方を真似をして、ニコニコ笑っている。そして、いろいなことができるようになってきた。

真似をするのは、学ぶことの第一歩であると日々感じる。

2009-01-20 (Tue)

生活力

| 21:28

支援学級の子どもたちの勉強は、生活力を身につけていくことだと思う。

具体的には、電車の切符の買い方がわかったり、集合時間に遅れないように家を出発することができたり、一人で買い物できるなど、大人になったときに生活していくために、どうしても必要な力を身につけていくことが最大のテーマであると思う。

お金、時計や時間の勉強を大切にしている。

2009-01-19 (Mon)

伝承遊び

| 23:29

竹馬やコマ、羽子板けん玉のどの伝承遊びをした。

子どもたちは、なかなかうまくできないが、とても楽しんでいる様子だった。昔からの遊びは、やはり面白い。これからも大切にしていきたい。

障害を持ったいる人は、手首のスナップが上手でないので、コマやけん玉はとてもむつかしい。でも、楽しんでくれる。自然と合科の授業時間が終わっても、続けていると、クラスでの授業が終わった子どもたちが支援教室に遊びにきて、一緒になって遊ぶことができた。

クラスの友達と自然に遊べることは、地域で育っていくためにはとても大切であると思う。

2009-01-15 (Thu)

収穫

| 23:57

ひそかに育てていた、大根が収穫の時をむかえた。

あまり、大きくないが子どもたちと一緒に抜いて、おでんを作ろうと計画している。もちろん、おでんは自分たちで作る。

どんな味のおでんができるのか楽しみだ。

ホウレン草もあと少しで、収穫できる。

嫌いな子が多いので、どのようにして彼らが口に運ぶのかが楽しみだ。

3学期

| 23:52

3学期が始まって、一週間が経ちました。

始業式の時に、子どもたちの様子を見ていると、変化に気づく。好きな物ばかり食べて、ほとんど野菜を食べず太っている子。休みの間、遊び相手がおらず、学校が始まってから異様なテンションでかかわってくる子。など、様々である。しかし、何よりうれしかったのは、どの子も学校を楽しみにしていてくれたことだ。学校に楽しみで来てくれることほど、幸せなことはない。

迎春

| 23:44

すごく、遅れてしまいましたが、

あけましておめてとうございます。本年もよろしくお願いします。

2009年の目標は「素直な気持ちで」です。

やりたい事や自分の思いを素直に伝えられるようにしたい。気負わず少しずつがんばっていきたいと思う。