Hatena::Groupmanabiai

ARI ~力を合わせて~

大阪の小学校で支援学級の担任をしています。 「学び合い」はまだまだ勉強中です。

2008-11-28 (Fri)

バリアフリーって

| 00:09

5年生の校外学習に引率してきました。

学校の最寄り駅に、6人のグループで集合し、電車を使って、神戸まで行きます。(各班で集合時間が違い、行程は、班行動が基本です。)

私は、車いすの子の引率がメインです。

この子を押していると、町並みがいつもとは違った視点で見ることができる。

 例えば、駅のホームの乗り降り

     エレベーターの位置

     歩道の広さ

     案内掲示  etc.

 駅はやはり、すべての人が使いやすい動きやすいものであるべきと思いますが、なかなか、車いすを押していると、ホームにあがるまでの動静が悪ことが多い。それは、駅ができてから、エレベーターの設置が進んできているもが多く、既存の建物の配置が大きくかかわっているからであろう。そん中、エレベーターを使ってホームに上がると、その場所に、車いすのための車両が停車する車いすを使う人が動きやすい駅もあり感動した。

 また、乗り換えのため、梅田を歩くのだがこれもまた大変である。地下鉄や各私鉄の場所が、地下であったり、ホームであったりと、車いすにとって一番に苦手な上下の動きがあるからだ。各階の移動を助けるエレベーターの場所を探すのも一苦労である。乗り換えのための案内掲示を見ていても全く参考にならない。エレベーターの案内掲示もないし、誰かに道を尋ねようと思っても、行きかう人の歩くスピードは速く、声をかけずらい。デパートの案内員の方に尋ねなんとか行けた。自分自身の下見が不十分であったことを痛感した。

 感動したもある、神戸の歩道の広さに感動した。とにかく広い、段差も極力少ない。車いすの子はあまり、自分で車いすをこぎたがらないのだが、自然と自分から車いすをこいでいた。一緒のグループの友達もすごいねと触れ合っていた。阪神淡路大震災の後にしっかりとした都市計画で作られたためであろう。

 車いすの子を押して初めてわかることはとにかく多い。

 本当の意味でのバリアフリーってなんだろう?

こうした子や人々のためのエレベーターやまちづくりの親切が何となく不親切に感じる時がある。建物とかがバリアフリーになっていても不便だったら、意味がない。もしろ、階段が降りれなく困っている車いすの方がいたら、「手伝いましょうか?」の一言で、手伝ってもらえることの方がよっぽどましである。建物と同時に、心のバリアフリーも必要だと感じる。

 一緒に行動した班の友達は、いろいろなことを学ぶことができたと思う。梅田でエレベーターを探そうとウロウロしているときに「不便なとこやなぁ」とつぶやいた。帰りの電車では、みんなでいろいろ協力できたと話す子もいた。

 反省会でエレベーターを探してウロウロした話をしたら、「○○から××に行く時は、△△のエスカレターを下ればいいんだ!」と説明してくれましたが、この方は車いすをあまり押したことがないのかな?と思いました。そのエスカレーターを下るなんて、あの状況では私たちには無理でした。

 やっぱり、車いすの子を押すのは、単なる知識だけでなく、経験知や体験知がとっても大切だと改めて思いました。

2008-11-26 (Wed)

授業参観

| 21:19

 校内で、グループワークの道徳の授業を参観した。

なかなか、興味深い視点で、授業が進んでいた。

<感じたこと>

 3,4人のグループで自分の考えを発表し合っていた。

とても、多く対話が生まれ、どのグループも課題を解決しようと、がんばっている姿が印象的であった。どのグループにも、安心感があり、考えが発表しやすい状態であった。

 やはり、自分の考えなどを発表する時は、安心できる空間、仲間がとても大切であると感じた。

oーーーー4oーーーー42008/11/26 21:21多くの対話。確かに対話量が違いますね。

2008-11-25 (Tue)

野菜の栽培

| 22:01

子どもたちには、好き嫌いなく食べ物を食べてほしい。

ということで、はじめた、野菜の栽培。

特に、私の抱える子どもたちは、緑色をしたものが嫌いである。

そこで、

自分たちで、種から「ホウレンソウ」を育てることにした。

野菜の栽培となったら、子どもたちは好きで、水やりや作物の観察を欠かさない。こうして、愛情をもって育てた作物を

一生懸命育てたのだから、食べてもらいたい。

すると、

意外なことに、とても嫌いっであっても、がんばって食べることができたり、食わず嫌いで、意外とおいしいといった感想が返ってきたりする。

やっぱり

きっかけづくりはたいせつだなぁと思う。

「ホウレンソウ」の種を植える前から、

「僕、ホウレンソウ嫌いだしな」と笑顔で言っている子がいる。

この子が、「ホウレンソウ」を食べることができるか

楽しみでしかたない。

2008-11-24 (Mon)

目指すクラス

| 07:02

 クラスは、「みんな」が輝くことのクラスにしたい。

 今の学校では残念ながらできていないような気がする。

やっぱり、

 支援を要する子どもも含めて、輝くことのできるクラス。

すなわち、

 クラス「みんな」が輝くことのできるクラス。

自分のために

| 06:57

 支援学級の担任で、いろいろなクラスに入り込む機会がたくさんあり、

毎日が勉強の日々で、たくさんのことを学ぶことができる。

良いところをたくさん吸収したいなぁとか、この場面で原担はこうしたかけど、自分が原担だったら、こうするなという視点ももって、入り込みをしている。

 子どもに支援しながら、入り込むと、授業が子どもの目線で、受けることができ学ぶことも多い。ここで、感じていること、思ったことを僕自身が次に、原担になったときに生かせるようにしていきたいと思う。

oーーーー4oーーーー42008/11/24 17:40N先生の今日の日記のようにみんなという多様性を見る眼をもちたいですね。

akkun-758akkun-7582008/11/24 21:30そですね。
たぶん、子どもたちを信じていれば、自ずと見えてくると思いました。

oーーーー4oーーーー42008/11/24 22:16さっきの続きですが、子供だけじゃなく
この多くの出会いに励まされますよ。

信じられない化学反応のはしまりです。
見えてますから・・・!!!!!

oーーーー4oーーーー42008/11/24 22:16さっきの続きですが、子供だけじゃなく
この多くの出会いに励まされますよ。

信じられない化学反応のはしまりです。
見えてますから・・・!!!!!

2008-11-20 (Thu)

とある日

| 22:20

 私の担任している子どもたちは、原学級で、みんなと同じように学習をしています。しかしながら、みんなと同じように学習に取り組むことができないです。そこで、私のような支援学級担任が原学級の授業に入り込むことで学習支援をしています。障害の程度によっては、全くの別課題になる子どもたちもいます。

全くの別課題で算数の入り込み

 とある日、支援学級のAさんと

 原学級に具体物の教材を持ち込んで授業をしました。

 授業が終わり、休み時間になるとクラスメイトが近寄ってきました。

 

 ク「これってどうやって使うの?」と興味津津に尋ねてきます。

 すると、

 A「○○○して、△△△して使うんだよ!」と自信をもって、

 教材を使った子が説明します。

 ク「先生、これ一緒にやって勉強してもいい?」と聞いて来るのです。

 そして、クラスメイトの子が先生役になって一緒に勉強している姿をみて、感動しました。クラスメイトの子は一斉授業をしているにもかかわらず、Aさんがどんな学習をしているのかを見ていたし、一緒にやりたいという気持ちも強かったのだと思う。

 こうした姿が休み時間でなく、普段の授業の中でもやりたかったので、クラスメイトが興味をもって一緒にすることのできた教材は、原学級に置いたままにしている。そうすると、私が入り込まない時に、原学級の担任やクラスメイトが教材を使って、学び合うことができるようにしています。

o4dao4da2008/11/21 20:57置いておいたあとどうなるのか知りたいですね

jun24kawajun24kawa2008/11/21 21:51今、上越では異学年の中で特別支援の子どもも一緒にやっていますよ。

akkun-758akkun-7582008/11/24 06:23異学年と一緒に?
少し勉強不足です。詳しく教えてほしいです。

2008-11-19 (Wed)

はじめまして ~出会い~

21:10

 こんばんは。

 関西の公立小学校で支援学級の担任をしています。

 「学び合い」に出合ったのは、大学時代でした。その当時は、必修科目ということもあって、なんとなく講義に参加し、それなりに学習してつもりでした。しかし、ここ最近、とある友人から指導案の相談を受けました。それは、「学び合い」を授業に取り入れたいというものでした。そこで、いろいろと意見交換をしていくうちに、「学び合い」というものはとてもよいものだなぁーと思いました。

 支援学級を担任しているので、全体でというよりかは個々人の学習が基本になってきます。それぞれの子どもも抱えている障害も違い、様々な特性があります。そんな学習環境の中で、どのようにして、「学び合い」を取り入れていけるのかを考えていきたいです。今、担任している子どもたちが「学び合い」を通して、いろいろな人と関われるきっかけになればと思います。まだまだ未熟でわからないことがだらけですが、前向きに頑張っていきます。よろしくお願いします。

OO2008/11/19 21:14友人の相談から自分のものに消化されるなんて立派ですね。アップ楽しみにしています。

kurochan2008kurochan20082008/11/19 21:39はなっこりーです。私も小学校支援学級担任です。よろしくお願いいたします。

jun24kawajun24kawa2008/11/19 21:50いらしゃい、ませませ。

o4dao4da2008/11/19 23:15はい、友人です。相談ありがとう。明日も見ます。楽しみにしていますね。

akkun-758akkun-7582008/11/20 21:30こちらこそよろしくお願いします。