Hatena::Groupmanabiai

akifune3の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年秋に『学び合い』に出会い,『学び合い』を研究,実践してきました。2015年からは新天地で心機一転励んでいきます。まだまだ未熟者ですので,多くの方から学んでいきたいと思っています。御助言いただきたいです。連絡先はakifune3とgmail.comを@で繋げてください。いつの日か,授業公開をできるようになると良いなあと願っています。 この一年,まずは勤務校での仕事を全うすることを目標にしています。周りの先生方と折り合いをつけながら,日々精進してまいります!!

2013-03-07

学習放棄?

| 20:41 | 学習放棄? - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学習放棄? - akifune3の日記 学習放棄? - akifune3の日記 のブックマークコメント

学習を放棄している四人組。

しかし、よく見ると一人はその輪からたまに抜けては教科書を見たりしている。

その他の三人は全く学習に向かわなかったが、内心はどんな気持ちだろう。

先週、テストがあった週では、最後の悪あがきという形で、久しぶりに学習に取り組んでいた。まだ、テストの点数に対しての執着は残っているんだなぁ、と感じながら、どうすればその意欲を持続できるのだろうか、と考えてしまいます。

彼らが落ち着くとクラスもかなり落ち着くんだけどなぁ。

568

tokucyotokucyo2013/03/08 00:32どうしても気になっちゃう子がいますよね。「お前がちゃんとしてくれたら…!」ってね。そう思っちゃって周囲に目が向かなくなっちゃったり、逆に周囲に対して「お前ら、なんで見捨てるんだぁ!」なんて逆恨みしちゃったり…私も、そんな自分との格闘です。akifuneさんも仰ってますが、頑張っている子の姿をよく見てあげることが、力を入れるところだと思います。そして、それを適切にフィードバックしてあげること…。これは、私も全然できていないことですがね。一緒に頑張っていきましょう!

jun24kawajun24kawa2013/03/08 07:00その一人をひっぺがさない、周りに目を向けましょうね。その一人がひっぺがされたら4人組は崩れます。そのような集団は、本当の凝縮力はありません。他の子どもから排除されることによって集まっている疎水結合みたいなものです。本当は、勉強した方が得であることは4人とも十分に分かっているのです。

akifune3akifune32013/03/08 22:21tokucyoさん
>周囲に対しての逆恨み
ほんとにあるあるです。何度かそれをやってしまって、深く後悔してしまったこともあります。まず基本はやっている子を適切に評価して誉めることですよね。自分は子どもに対して誉めることが少ないと思うので、意識していきます。

jun24kawa先生
そうですよね。最近、ようやく周りに目を向けられるようになりました。というか、彼らを見てもイライラしてしまうので意識的に見ないようにしています。

うーん。これって、放置?と思いながら。この状態のままでも良いのかな?と少し不安ではあります。まぁ焦っちゃダメですよね。

jun24kawajun24kawa2013/03/09 09:12放置ではありませんよ。その子をいじらないかわりに、その子たち以外にいろいろなことをしましょう。

akifune3akifune32013/03/09 22:36jun24kawa先生
その言葉を聞いて、胸が軽くなりました。
その子たちをいじっても変わりませんもんね。

その子たち以外にいろいろ働きかけをしてみます。

2013-03-03

求め続けること

| 19:16 | 求め続けること - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 求め続けること - akifune3の日記 求め続けること - akifune3の日記 のブックマークコメント

最近、自分が担当している学級の学びが緩んでいます。

最大の原因は私。

私が、全員達成を求め続けていないからです。

心のどこかで、彼ら(ふざける生徒たち)には課題が出来ないよなぁ、という気持ちがあります。

学び合い』の重要な子ども観、「子どもは有能である」ことを頭ではわかっていても、心の中では中々受けとめきれていません。

そんなときは、話しを聞いて動いてくれる2割の子どもを動くように語れば良いとも、わかっていながら、本当に自分の話しを聞いて動いてくれるのかしら。と、思ってしまいます。

うーん。

これを書きながら、私は自分の言葉が子どもの心に届かないことを恐れているということに気がつきました。子どもに自分の思いを伝えなければ、自分の思いは伝わらないのに。

どうせ自分の思いが伝わらないのなら、求めない方が自分も傷つかないで楽だと思っているのかもしれません

今のままだと、勉強がわからないまま苦しんでいる子どもたちを救うことができない。自分の心の弱さが完全に原因なのですが。『学び合い』は自分の心次第ということを改めて感じます。

学び合い』実践者のみなさんも、私と同じようなことで悩んだりしたことがあるのでしょうか。求め続けることがしんどくなったときに、どのように持ち直しているのでしょうか。

kuro106rakuro106ra2013/03/03 19:51たびたび書き込みをしています。
私も先週同じようなことがありました。「あの子には無理かなあ」というか、「あの子」がいると周りを巻き込んで悪さをするからな~、という思いが、結果として「あの子」の孤立へと向かいそうになったことです。要は、私が「あの子」を信頼していないことが、クラスに見透かされたということですね。
とことん、メンタルコントロールが難しいなあと思います。

sumi-chansumi-chan2013/03/04 00:37>akifuneさん、kuroちゃん
『学び合い』の子ども観は、「子ども”達”は有能」だと私は捉えています。児童・生徒個人ではなく、集団としてなのだと思うのですが、いかがですか?
つまり、「あの子」を信じられなくても、集団として信じることができればいいのだと思います。

そうだと分かっていても、きつい状況はありますよね。
分かってもいてもできないからきついんですよね。
私もそうでした。今でもそういう風になってしまうことはあります。

どうやって持ち直すのでしょう。
やはり『学び合い』を実践している人たちと、あれこれ話をすること、かな。

maya-1maya-12013/03/04 18:49このことに関しての意見交換が今回の会のメインになりそうですね。

akifune3akifune32013/03/05 11:54kuro106ra さん
そうなんですよ。ぼくの心の中もきっと見透かされているんだろう、と思います。
メンタルコントロール難しいですね。

sumi-chan さん
なるほど。「子どもたちは有能」と考えるのですね。
集団として信頼することならできるかもしれません。

今週、『学び合い』中信ブロックの会があるので、
いっぱい話してきます!

maya-1 さん
ありがとうございます!
いっぱい話しを聞かせてください。

2013-02-23

ひとつの光明

| 17:57 | ひとつの光明 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - ひとつの光明 - akifune3の日記 ひとつの光明 - akifune3の日記 のブックマークコメント

今の自分について、書きなぐりの文章です。

拙い文章ですがご了承ください。

昨日、ようやく長い1週間を終えることができました。月曜日の朝は本当に、この状態で1週間を乗り切れることができるのだろうか、という気持ちでしたが、多くの先生方の支えもあって無事に生活できました。懸念していた胃の痛みもマシになり、少しずつ通常の生活を送れるようになってきました。このブログにも、心配してくださるコメントが多くあり、同じような経験をしてきたという話しを聞くだけで、「自分だけではないのだな。」と、気持ちを楽にすることができています。ありがとうございます。

この最近、感じたこと。

それは、もう少し自分で自分に優しくなろうということです。

今まで、授業や生徒との関わり、生徒会の仕事や部活の仕事、ほぼどれも上手くいっていなくて、できていない自分をいっぱい責めて責めて責めまくっていました。

「どうしてこんなこともできないんだ」

「自分はなんの役にも立たない」

「自分はだめなやつだ。」

「できることなら早くやめてしまいたい」

頭の中に浮かぶのはネガティブな言葉ばかり。

それに追い討ちをかけるように、少数の生徒による反抗的な態度

「はやくやめてしまえ」

「くさい。ちかよるな」

「おまえの授業はつまらない」

「みんなやめてほしいとおもってるぞ」など。

数を上げればきりがない言動。

一々腹を立てていたらきりがないとはわかりながら、

じぶんの自己肯定感がどんどん下がる日々でした。

生徒のヒソヒソ話が自分の陰口を言っているのではないか。

そんな風に思うと、いてもたってもいられず、ソワソワ・イライラしていました。

そんなときに、訴えてきた身体的不調。

もう自分は本当にこの仕事に向いていないのではないか。と思いました。

校長、教頭、学年主任の3人に話しをして、

それから仕事も休み休み行わせていただきました。

職場や家にいたらマイナスのことばかり考えてしまうので

週末は実家のところに帰り、親の顔を見ながら休息し、

平日も定時には帰宅できるようにして、温泉に行くなどリフレッシュ法をいくつか考えました。

また多くの書籍を読む機会をつくり、自分のことを客観的に見つめ直すようにしました。


すると、多くの人が私と同じように仕事のこと、人間関係のことで悩んでいることがわかりました。そして、人間関係で悩んでいる多くの人が周りからの声や評価を気にしすぎながら、毎日の生活を送っていることを知りました。

周りの声を気にすることをやめなければならない。

周りがいくら私を責めたとしても、私自身が私を責めてはいけない。

自分に優しくなろうと決めました。


朝、起きただけで 「今日も起きることができた。えらい。」

学校にいっただけで「今日も学校に行くことができた。えらい。」

授業にしただけで 「今日も授業をすることができた。えらい。」

何をするにも褒めるようにしました。何をしても、自分のことを優しくするようにしました。

すると、少しずつ胃の痛みが引いていきます。

今までネガティブだった気持ちも少しずつ、前向きな気持ちになることができます。

まだ、反抗的な生徒の言葉を完全に気にしない。というところまではいっていません。

けれど、少しずつ周りが見え始めて、自分の話しを聞いてくれる生徒のことも見えるようになってきました。

今までどん底だった気分が、少しずつ上向いてきました。

まだ完全復調ではありませんが、一番きついときを越えたかなと思います。

このままどうなるかはわかりませんが、まずは自分に優しく。

最後に休み中、読んだ本のなかで印象に残った言葉を紹介します。

「他人の評価に自分の人生を委ねるのはやめるべき」

「うまくいこうがいくまいが、どんなにダメな自分にもOKを出す」

「僕がすべきことは他人を変えることではない。自分を変えることだ。」

会社で働く苦しみをなくすシンプル思考

会社で働く苦しみをなくすシンプル思考



あと卒業式まで3週間。

残りわずかな時間のなかで、自分のやれることを精一杯やりたいと思います。

2013-02-13

休憩

| 20:32 | 休憩 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 休憩 - akifune3の日記 休憩 - akifune3の日記 のブックマークコメント

昨日、今日と胃が優れず、吐き気をもよおしていたので、医者に行ってきました。

結果、少し休憩して仕事から離れた方が良いとのこと。

管理職にも相談して、明日明後日はお休みをもらうことにしました。

忙しいなか、学年や他の先生にご迷惑をかけるのが、申し訳ないです。


いまは、担当の二年生との関係が上手くいってなくて、

自信を失い、それが体調にも現れているのだと思います。


前までは、頑張れ!と自分を鼓舞していたのが、最近は弱ってきています。

暗い投稿になってしまいました。汗

せっかくなので、この二日(連休合わせると四日)しっかり休んでエネルギーを蓄えたいと思います。

maya-1maya-12013/02/13 20:37お見舞い申しあげます。しっかり休みましょう。

akifune3akifune32013/02/13 22:36ありがとうございます。
ゆっくり休んで、エネルギーを蓄えたいと思います。

scorpion1104scorpion11042013/02/13 22:48私が弱っているときに80歳の親友がアドバイスしてくれた言葉があります。「自分を信じて前向きに判断していたら、また道に戻れるから大丈夫」と言ってくれたことがありました。akifune3さんの心が、元気になるように願っています。

akifune3akifune32013/02/15 00:22素敵な言葉ですね。
自分を信じることが最近すくなくなっているのかもしれません。

コメントありがとうございます。

kuro106rakuro106ra2013/02/21 19:25自分がひと月前、ちょうど同じような状況でした。
反抗する生徒たちが気になって気になって仕方がなく、明るくなんていられないですよね。
そのクラスの中で、いったい誰が教師の考えに賛同してくれるのか。まずはそこを見極めていくとよいような気がします。まず休めるときにゆっくり休み、その後で正直に語ることが大事なのではないでしょうか。
まずは心身の健康が大事ですよね。お互いがんばりましょう!!!

akifune3akifune32013/02/23 16:53ありがとうございます。
明るい気持ちよりも、ネガティブな気持ちが強くて、ずっと落ち込んでしまうんですよね。
本当に、全員が反抗的なわけではなく、自分の話を聞いてくれる生徒は何人かいるので
その生徒をよく見極めて、うまくいくようにしていきたいです。

最近は、学校を少し早く帰るようにして
温泉に行ったり、おいしいご飯を食べたりして、ゆっくりと休養を取るようにしています。
本当に、心身の健康が大事であるということをつくづく実感しています。

コメントありがとうございました。自分だけではないんだ、と思ったら、気持ちが楽になります!

2013-02-06

時間が余った場合

| 18:33 | 時間が余った場合 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 時間が余った場合 - akifune3の日記 時間が余った場合 - akifune3の日記 のブックマークコメント

前回、課題の量が多すぎて、子どもたちの動きが少なかったので

今回は課題を少なめに、授業で扱うところのワークを中心に出しました。

すると、生徒たちには簡単すぎる問題だったのか

立ち歩いたり、学び合ったりすることをほぼせずに、

黙々と問題を解いていく子どもたちの姿が目につきました。

課題を早めに終えた生徒は、

他の生徒に教えにいくこともせず、

やることがないなぁという状態で、

黙々と読書をしたりしていました。

授業の最初に「全員が課題を達成すること」ということを語ったりはしているんですが、

どうも生徒たちの意識にはまだまだ響いていないなぁと痛感しました。

相も変わらず、やんちゃくんたち3人は課題に向かわず

その子たちに対して、他の生徒の働きかけも全くないという状態でした。

真剣に私の話をきく生徒たちに、

全員達成することは自分たちにとって有益なんだぜ。ということを、伝え続けようと思います。