Hatena::Groupmanabiai

akifune3の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年秋に『学び合い』に出会い,『学び合い』を研究,実践してきました。連絡先はakifune3とgmail.comを@で繋げてください。

2013-10-03

九州ツアー7日目 褒めること

22:36 | 九州ツアー7日目 褒めること - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 九州ツアー7日目 褒めること - akifune3の日記 九州ツアー7日目 褒めること - akifune3の日記 のブックマークコメント

10褒め1叱りが、『学び合い』の鉄則だという。まさにその通りだ。基本的に、人間は褒められて育つ。最初は、褒められることで意欲が上がる。褒められることで学級の士気が上がる。そのような状態になったうえで、語る一言の叱りが効果を持ってくる。何も褒めない教師の叱りを受け付ける子どもは少ない。

教師は褒めることが苦手な人が多い。自分もその一人だった。

褒めることが少ないと、クラスの雰囲気が暗くなる。そして、一人も見捨てないという意識を持つことが難しくなると感じる。

教師が、今のみんなの学びは素晴らしいと賞賛する。そのことによって、子どもに安心感を与える。そのうえで、これからさらに学びを向上させるための一言を添える。



この一週間で褒めることの大切さ、難しさを再確認した。

自分が現場に戻ったときに、気を付けたいことである。

concert3concert32013/10/04 05:17昨日は早朝よりお疲れ様でした。「人間は褒められて育つ」『学び合い』だけでなく教育の鉄則でもあると思います。かなり前から私の周りでは「褒めて育てる」教育をなさっています。私も褒めて育てていましたが,『学び合い』を実践することで,褒める機会が激増しました。それは,子どもたち一人一人の頑張りが見えるようになるからです。担任も子どもも一日ニコニコいい気持で過ごせる日々が増えます。今の自分も周りから褒めてもらいながら勉強させていただいてます。(^-^;幾つになっても褒める・褒められるって大切なことですね。

kazumiyusakazumiyusa2013/10/04 08:15 最近の自分の言動を反省いたしました。士気の下がった子どもたち。愛を込めて褒めて行かなくては…。ありがとうございました。

akifune3akifune32013/10/04 22:30concert3さん
昨日、今日と大変お世話になりました。ありがとうございます!
教育の鉄則・・・。まさしく、その通りだと思います。このことに改めて気づけたことは、自分にとってとても大きなことです。
この一週間で九州の熱気に刺激を受けました。これからも精進しようと思います。また来週お越しになることを楽しみにしています!

kazumiyusaさん
いえいえ。私も自分自身に対しての自戒の思いが強いので。汗
「愛を込めて褒める」ことを続けていきたいと思います。