Hatena::Groupmanabiai

akifune3の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012年秋に『学び合い』に出会い,『学び合い』を研究,実践してきました。連絡先はakifune3とgmail.comを@で繋げてください。

2013-09-30

九州ツアー4日目 

19:49 | 九州ツアー4日目  - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 九州ツアー4日目  - akifune3の日記 九州ツアー4日目  - akifune3の日記 のブックマークコメント

学校ぐるみで『学び合い』に取り組んでいる、素敵な学校でした。

先生方も熱心な先生が多かったです。

これから、全校『学び合い』、小小合同『学び合い』が行われると思うと胸が高まります。

昼休みには地獄温泉巡り、夜も温泉に浸かるなど、大分を満喫した一日でした。

2013-09-29

九州ツアー3日目 大分の会夜

22:55 | 九州ツアー3日目 大分の会夜 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 九州ツアー3日目 大分の会夜 - akifune3の日記 九州ツアー3日目 大分の会夜 - akifune3の日記 のブックマークコメント

夜は豪勢な懐石料理を食べました。まさに大人の飲み会です。そこに、西川先生のお言葉を借りるならば、よれよれの服とズボンをはいたゼミ生が参加しました。(誰のことでしょうかね?)

本当に有意義な会でした。私は特別支援を担当している先生と主にお話しをしたのですが、担当している生徒の将来のことをとてもよく考えていらっしゃるなぁということを感じました。特別支援の子どもの将来のことを考えたら、通常学級で一緒に学ぶことが求められる。

そのときに本当に『学び合い』というものが、必要であるということを強く感じました。(これは日中の会のときも、scorpinonさんとお話したときに感じました。)

そして、『学び合い』を進めていらっしゃる校長先生には、パワフルな先生が多いということも感じました。とにかく、一緒に話しをしていて面白かったです。またお話しできる機会が楽しみです。


ということで、早速一日目から九州の熱量を十二分に感じることができた一日でした。

九州ツアー3日目 大分の会

22:48 | 九州ツアー3日目 大分の会 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 九州ツアー3日目 大分の会 - akifune3の日記 九州ツアー3日目 大分の会 - akifune3の日記 のブックマークコメント

今日の大分の会の熱気はすごいものでした。どうして、こんなにもすごかったのでしょうか。少し考えてみて、一つの答えを出しました。それは、

「一つの学校に仲間がいる」

これが、今回の大分の会のすごいところだと感じました。この半年間、様々な『学び合い』の会に参加してきましたが、同一校から6名も参加するという会は初めてでした。(なおかつ、昨年度まで在籍された方も2名いらっしゃいました)本当に学校ぐるみで、『学び合い』を推し進めているのだなぁということを感じた会でした。このような、仲間をおつくりになったTさんの凄さを改めて感じることとなりました。

九州ツアー3日目 大分の会

17:27 | 九州ツアー3日目 大分の会 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 九州ツアー3日目 大分の会 - akifune3の日記 九州ツアー3日目 大分の会 - akifune3の日記 のブックマークコメント

大分の会が終わりました。詳細は、夜に書きたいと思います。とりあえず雑感です。

・scorpion1104さん、sweetsdaisukiさんに出会えた!

ブログでいつも拝見していた先生方に生で出会えて嬉しかったです。『学び合い』の会に参加すると、ブログからの繋がりが広がって嬉しいですね。(実は今日の朝、参加されると聞いてテンションが勝手に上がっておりました。)

お二人からの一言。「akifune3さんのことをブログ上で女性だと思っていました。」←これにはびっくりしました。文章が丁寧だからそう思っていただけたそうです。丁寧に書こうとしているつもりはなかったのですが、こうフィードバックを受けて嬉しかったです。

・『学び合い』の折り合いのつけ方

学び合い』を実践していると、『学び合い』を理解してくれない方々に出会うことになる。そのときにどう折り合いをつけていくか。このことを話されている方が多かったように思います。私も現場に戻れば、きっと同じような状況になるので、どうすれば良いか考えながら話しを聞いていました。

九州ツアー3日目 本日は大分の会

06:36 | 九州ツアー3日目 本日は大分の会 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 九州ツアー3日目 本日は大分の会 - akifune3の日記 九州ツアー3日目 本日は大分の会 - akifune3の日記 のブックマークコメント

おはようございます。本日は大分の会が別府で行われます。

大分のTさん情報によれば、20人を超える会になるそうです。これは楽しみ。

なおかつ、今日は朝から嬉しいことがあり、テンションが上がっております。

温泉に入ることも楽しみです。

今日も一日よろしくお願いします。

sweetsdaisukisweetsdaisuki2013/09/29 22:55大変お世話になりました☆
今後ともよろしくお願いします!

akifune3akifune32013/09/30 07:15sweetsudaisukiさん
こちらこそお世話になりました。
またうちのゼミの現職院生がお世話になりますが、よろしくお願いします。

2013-09-28

九州ツアー2日目 兵庫の会2 授業の軸は目標と評価

00:39 | 九州ツアー2日目 兵庫の会2 授業の軸は目標と評価 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 九州ツアー2日目 兵庫の会2 授業の軸は目標と評価 - akifune3の日記 九州ツアー2日目 兵庫の会2 授業の軸は目標と評価 - akifune3の日記 のブックマークコメント

tomkick先生とフリーの時間のときに授業つくりについてお話しを一緒にしました。そこで、経験年数が短い先生は授業をどのようにつくればいいかがわからないということがあげられました。そして、様々な先生から様々なアドバイス(発問や指示、板書法、机間巡視などなど)を聞き、どれから手を付けていいかわからなくなってしまいいっぱいいっぱいになってしまうということがよくあるのだそうです。私も授業がへたくそな人間だったので、このことはよくわかります。

そのときに授業で大切にすることは、目標と評価を明確にすることです。教師が、子どもにこの時間どのような力をつけさせたいのかを具体的に描き、それを正確に評価することで、子どもも授業に見通しを持ちながら授業に臨むことができます。それができていない授業だと、子どもが何をすべきかわからなくなり、授業の成立が難しくなります。

tomkick先生の学校では、先生方が各学年の先生方と目標や評価をどのようにすべきかということをアドバイス、議論し合っているそうです。この一点についてなら、若手の先生でも意識すれば改善でき、どの学年の先生からでもアドバイスをいただくことができるということを思いました。(現に、前回の北信の会のときも、授業の目標についてアドバイスが行われていました。)

このようなことが日常的に行われている学校は素敵だなぁと話しを聞きながら思いました。

九州ツアー2日目 兵庫の会

00:23 | 九州ツアー2日目 兵庫の会 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 九州ツアー2日目 兵庫の会 - akifune3の日記 九州ツアー2日目 兵庫の会 - akifune3の日記 のブックマークコメント

さて、現在は愛媛県松山市の漫画喫茶から更新しております。本日は、兵庫の会に行ってまいりました。参加者は10数名。tomkickさんの『学び合い』の失敗例についてのお話しや実践報告、そして高校地歴科の先生の実践報告などを聞ける充実した内容でした。


金曜日、土曜日の『学び合い』の会を通して感じたこと。それは年齢や経験年数に関係なく、みなさん同じような悩みを持ちながら試行錯誤を繰り返しているのだなぁということ。20代の先生から50代60代の先生まで、いろいろな年齢層の先生方とお話しをして痛感いたしました。

今日、高校地歴科の実践発表をした方は50代の方でした。2年前に『学び合い』に出会い、それから実践をスタートさせたとのことでした。今回の発表では、自分の『学び合い』は『学び合い』になっているのかという疑問を持ち、それを確認するために発表をされました。50代で新しいことをすることでもすごいエネルギーを使うこと。そして、自分の実践の意見を求めるためにこのように発表されることはとても凄いことだと思います。自分が年齢を重ねても同じようなことができるだろうか・・・。と考えながら、実践報告を聞いていました。

そして、質疑の時間には西川先生が「愚直に「一人も見捨てない」ということを語り続けていれば、それは『学び合い』だよ。」ということをおっしゃっいました。この言葉に私はハっとしました。今までもその言葉通りだと思っていたのですが、どうも自分は『学び合い』の形にこだわりすぎているなぁということを思いました。「一人も見捨てない」ということを軸にした授業は、一斉指導のスタイルであったとしても『学び合い』になる。(どういうふうに具現化されるかは私にはまだわかりませんが)『学び合い』は考え方であり、授業方法ではないという所以はここにある。だから、『学び合い』と一斉指導というものは対になるものではないんですよね。

軸が大切といつも思いながら、形にとらわれてしまっている自分がいるのは、まだ完全に『学び合い』の理念を理解していないからなのかな?などと感じながら、非常に気づきの多い『学び合い』の会となりました。

明日は大分の会です。楽しみます。

出発

05:01 | 出発 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 出発 - akifune3の日記 出発 - akifune3の日記 のブックマークコメント

今から長野を出発し、兵庫の会に行ってまいります。

先日、研究室にきてくれた方々との再会など、楽しみなことが多いです。

事故のないよう、くれぐれも気を付けます。

mei-c5mei-c52013/09/28 23:27今日はありがとうございました。
明日からもどうぞお気を付けて、ツアーを楽しんできてください!

akifune3akifune32013/09/29 00:25こちらこそありがとうございました。
c5の理由がわかり、なるほどな~と思っています。

ツアー楽しんできます!

tomkicktomkick2013/09/29 19:30どうも,ご参加ありがとうございます。
受付までしていただいて,大変助かりました。
また,お会いしましょう!!

tomkicktomkick2013/09/29 19:30どうも,ご参加ありがとうございます。
受付までしていただいて,大変助かりました。
また,お会いしましょう!!

akifune3akifune32013/09/29 22:22tomkickさん
先月に引き続き今月もお世話になりました。
今後ともよろしくお願いします!

2013-09-27

九州ツアー1日目 北信の会

23:13 | 九州ツアー1日目 北信の会 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 九州ツアー1日目 北信の会 - akifune3の日記 九州ツアー1日目 北信の会 - akifune3の日記 のブックマークコメント

本日は、九州ツアー前夜祭とでも言った方が良いでしょうか。記念すべき前夜祭に須坂市で北信の会に参加してきました。参加者は私含めた西川研3人にttfuji先生、maya-1先生、kan66先生、三崎先生でした。

簡単な自己紹介が終わった後に、学部4年生Mの卒業研究についてとttfuji先生の理科の課題についての検討が行われました。

学部4年生の卒業研究とは「『学び合い』に出会う前と出会った後で、理想の教師像に変化は生じたか」でした。各ベテランの先生方の教師観や授業観の変化について、お話しを聞くとても良い機会となりました。

この話しを通じて感じたことが、「教師がどのように「教える」べきか?」といった観点から、「子どもがどのように「学べる」場をせっていできるか?」といった変化があるということです。『学び合い』に出会う前は(私もそうですが)、教師主体で物事を考えることが多いような気がします。教材研究や興味や関心を高めた教材・発問を準備すれば、子どもたちにより良く教えることができるはずだ。それができていないのは、教師の努力不足のせいだ、というような考えです。しかし、いくら十分な準備をしたところで、満足できる授業をできることはとても少ない(というかほとんどない)

しかし、『学び合い』に出会ったことで、教師がどのように教えるかということよりも、子どもたちがより良く学べる環境にするためにはどうすれば良いのか考えるようになる。それは、子どもに見通しを持たせるための目標設定であったり、それを追及できるような場の設定だったり。教師の授業観が大きく変化していったということが、今回の話しでもよくわかりました。


これから、九州ツアーでMの卒業研究のデータ採取もお手伝いします。このような変化が多いのか。それとも、また違ったデータが多くなるのか楽しみなところです。

mei-c5mei-c52013/09/28 00:05教師が努力をすることも大切ですが、どこに向けて努力をするのかを考えなければならないですね……。

明日はどうぞよろしくお願いします。
お気を付けていらしてください。

maya-1maya-12013/09/28 00:38そうですか。前夜祭的な位置づけでもあったわけですね。明日、神戸の会でお会いしましょう。

akifune3akifune32013/09/28 04:57mei-c5さん
力を入れる場所が変わったという感じかな。『学び合い』に出会ってから、学ぶ目的についてよく考え、勉強するようになった感じがしますね。努力の方向性が完全に変わってきますね。

ありがとう。よろしくね!


maya-1さん
本当にいつもありがとうございます。明日もよろしくお願いします。

ttfujittfuji2013/09/28 08:43北信の会への参加、ありがとうございました。昨日も教師のあり方を考えるよい機会となりました。支援校の子どもたちの様子や九州ツアーでの学びなど、またお聞かせください。

akifune3akifune32013/09/28 09:34昨日はありがとうございました!有意義な会でした。
はい。また、お伝えできればなと思います。

2013-09-26

二週連続全校達成

19:41 | 二週連続全校達成 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 二週連続全校達成 - akifune3の日記 二週連続全校達成 - akifune3の日記 のブックマークコメント

今日も学校支援がありました。

参観日ということで、保護者の方も10名程度いるなかで行われましたが、子どもたちはいつも通りに頑張りました。

今回は子どもたちも異学年交流を意識していたようで、全校『学び合い』が始まる前の座る席から違う学年の子たちと一緒に座っていました。

そして、全校『学び合い』が始まると、同学年や違う学年と学び合う姿が。

保護者の方も子どもたちの動きをお喋りをしながら見守ってくれました。


そして、先週に引き続き今週も全員達成。

この素敵な姿を保護者の方が広めてくれれば。。。とか、妄想してしまいます。

良い日でした。

2013-09-25

明日は保護者参観。全校『学び合い』はどう映る?

23:16 | 明日は保護者参観。全校『学び合い』はどう映る? - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 明日は保護者参観。全校『学び合い』はどう映る? - akifune3の日記 明日は保護者参観。全校『学び合い』はどう映る? - akifune3の日記 のブックマークコメント

今日は、支援校でクラスの畑仕事のお手伝い。

保護者の方も一緒にお手伝いしてくださいました。

子どもと保護者さんと話しをしていると、明日は参観日で全豪算数があるよーという話になりました。

保護者さんに全校『学び合い』がどう伝わっているか気になったので、聞いてみました。


私「全校算数について、どう聞いていますか?」

保「こないだ、みんなができてやったーって喜んで話しをされたんですけど、いまいちどういうことなのかイメージができません。」

そりゃそうだよな~。みんなができて喜ぶ授業っていうのは、見てみないと想像できないことかもしれません。

それでも、子どもが楽しそうに全校算数について話しをしているそうなので、興味は持ってくれているみたいでした。

明日、どのような感想を持つのか楽しみです!

きっきょんさんの日記

16:14 | きっきょんさんの日記 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - きっきょんさんの日記 - akifune3の日記 きっきょんさんの日記 - akifune3の日記 のブックマークコメント

http://tomkick.blog.shinobi.jp/%E6%95%99%E8%82%B2%E3%81%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB%E3%81%A0/%E5%AD%A6%E3%81%B3%E5%90%88%E3%81%84%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%A0%E5%89%8D%E3%81%AE%E3%81%A4%E3%81%B6%E3%82%84%E3%81%8D

きっきょんさんの日記に、『学び合い』を取り入れて失敗してしまう理由が記述されている。

------------------------------------------

学び合い』にしっぱいする例の多くは、形にこだわりすぎているところ。これでいいのか?と不安になったとき、とりあえず形だけでも整えようとする。その結果、教師が教師として認知されなくなる。おしえないし、語らない。やらせてるだけで、褒めもしない。なんやねん!と思われる。

------------------------------------------

まさに自分もこの罠に嵌った。

語ることができず、おしえることもできず、褒めることもできない。

形にこだわりすぎていた。

これでは、うまくいくわけがない。


あのときは自分に自信がなかった。

学び合い』が正しいと思っていても、それをしっかりと伝えきれなかった。

反発する子どものことで頭がいっぱいになって、語るどころではなかった。

でも、これも結局は自分のことばかり考えているんだよなぁ。

正直、今の状況よりも少しでも楽になりたいと思って『学び合い』を始めた節がある。

それでは、子どもも教師を教師として認知しなくなる。


どんな状況でも、「一人も見捨てない」という信念を伝えられるか、

これが『学び合い』をしていく教師が必要とされる力量、強さだと思う。

2013-09-24

『学び合い』することが目的に?

21:54 | 『学び合い』することが目的に? - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 『学び合い』することが目的に? - akifune3の日記 『学び合い』することが目的に? - akifune3の日記 のブックマークコメント

学び合い』することが目的になってしまいそうな自分に自戒を込めて。


支援校でも、『学び合い』をいろんな先生に取り入れて欲しいと願っている。

でも、それって『学び合い』をすることが目的になってしまっていないか。

そうではなくて、普段の授業では救えないあの子やあの子やあの子たち・・・。

その子たちが、一時間、一日を安心して学べるために、見捨てられていないという感覚を持って生活を送ってもらうために、『学び合い』という授業を取り入れてほしいと思うことが大切なんじゃないかな。

最大の軸は「一人も見捨てない」ということ。

その軸からずれてしまったとき、『学び合い』は陳腐なものになる。



忘れないうちにメモ

長期を見据えて

18:08 | 長期を見据えて - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 長期を見据えて - akifune3の日記 長期を見据えて - akifune3の日記 のブックマークコメント

長期的なものを見据えずに、その場その場でやっていくことは苦しい。

その場その場だと、気持ちが焦る。

その場その場だと、与えられているものをこなすだけになってしまう。


忘れないうちにメモ

daitouirukadaitouiruka2013/09/24 19:06まさに、私の弱い部分です。
でも、『学び合い』に
出会ってから、以前よりは長期的な目が持てるようになってきたようです。

akifune3akifune32013/09/24 20:27daitouirukaさん
コメントありがとうございます。まさに私もです。
素敵な実践を見ていると、子どもたち自身が見通しを持ちながら、自分たちで学習をつくりあげていこうとしていることに気が付きました。
自分も現場に戻ったときに気をつけようと思い、メモしました。

2013-09-23

準備

19:27 | 準備 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 準備 - akifune3の日記 準備 - akifune3の日記 のブックマークコメント

いよいよ、今週末から九州ツアーに行ってまいります。

九州ツアーの往路では、北信の会、兵庫の会、大分の会に参加します。

道中、大分や福岡、佐賀の方との懇親会にも参加する予定。

復路では、長崎でscorpionさんとお会いし、広島の会の懇親会にも参加してきます。


多くの実践者の方と出会える幸せなツアーになる予感がします。


ここで学んだことを、ブログでも随時投稿していきますね。

今日は、一緒にツアーに行く学部4年生のMくんと打ち合わせ。

予定もおおよそ決まってきました。今から当日が楽しみでしょうがないです。ワクワク

scorpion1104scorpion11042013/09/23 21:26来崎、母も楽しみにしています。大学生さんの好みを二人であーだこーだと言い合いながら、ようやくメニューが決まりました。田舎料理ですが、お腹を空かせて来て下さいね。

akifune3akifune32013/09/23 23:00ありがとうございます>< お邪魔させていただくこと大変感謝しています!
大学生の好みまで考えてくださっているなんて・・・感涙 
田舎料理楽しみです^^

しっかり学んできたものをお土産話として差し上げられるようにしたいと思います^^

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2013/09/23 23:46うらやましいです!次にお会いしたときにはいろいろとお話を聞かせてください!

akifune3akifune32013/09/24 17:51i-Kawa-nakajima さん
了解です!

2013-09-22

教育哲学

21:39 | 教育哲学 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 教育哲学 - akifune3の日記 教育哲学 - akifune3の日記 のブックマークコメント

大学院に入学(入院?)するときに、自分の教育哲学を身につけたいと思いました。学校現場で自分の軸とするものがなければ、子どもたちへの指導にブレがでてしまうからです。(苦い過去です)


そのため、大学院では必死で『学び合い』を勉強し、様々な人と話し、自分の頭で色々と考えてきました。ようやく、自分の中で軸としたい「一人も見捨てない」が理想論ではなく、自分の思いとして定まってきたような気がします。


これからも『学び合い』の勉強、研究は継続していきますが、それと平行して過去の教育哲学者の考え方も学んでいきたいと思います。過去の教育者たちは何を思い、どのような考えを持っていたのか、それを知ることで自分の哲学を相対化して見れるような気が今はしています。

昨日、今日と苫野一徳氏の著作「勉強するのは何のため?」「どのような教育が「よい」教育か」を読みました。そこで、様々な教育哲学者の考え方が触れられています。新たに知ることばかりだったので、勉強になることばかりでした。そして、まだまだ学びたいという欲が強くなりました。今は、本当に現職さんと比べて学ぶ時間はいくらでもあるので、今のうちに学べることは学びつくしたいです。

mei-c5さんの日記

20:43 | mei-c5さんの日記 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - mei-c5さんの日記 - akifune3の日記 mei-c5さんの日記 - akifune3の日記 のブックマークコメント

金曜日まで、上越にお越しになっていたmei-c5さんの日記を拝読しました。

「幸福論 上越・長野への遠征記録。」

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/mei-c5/20130922/1379842587


二日間という短い間で、ものすごく多くのことを学んだのだなぁと思いました。二日間、いろいろとお話しをさせて頂きましたが、常に学んでいこうという姿勢がとても素晴らしく思いました。

また、今の自分がいる環境がとてつもなく恵まれているということも改めて思い知りました。私にとっても、とても素敵な二日間になりました。mei-c5さんありがとうございます。


初心忘れべからず、私も1年前上越に初めて訪れたときは、驚きの連続でした。

西川先生のおっしゃったことの10分の1も理解できなかった思います。今も西川先生のお話しが完全に理解できたかというとそうではありませんが、1年前と比べたら少しはわかるようになってきたのかなと感じます。

まだまだ、自分の未熟さを思い知る日々ですが、私も少しずつ前へ進んでいきたいと思います。

mei-c5mei-c52013/09/22 23:51必死に学んでも、どこかで何かを落としているんじゃないかと常に不安になるほど、学ぶことがたくさんありました。
akifune3さんの個人ゼミ(?)を拝見できたこともお勉強になりました!(話している内容はとても難しかったですが。。)
ありがとうございました。

akifune3akifune32013/09/23 09:25大丈夫。学び落としていたら、また上越に来たらいいから。笑
突然の個人ゼミで全然内容を考えていなかったので、お恥ずかしいところをお見せしました。笑

2013-09-21

勉強するのは何のため?

19:21 | 勉強するのは何のため? - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 勉強するのは何のため? - akifune3の日記 勉強するのは何のため? - akifune3の日記 のブックマークコメント

苫野一徳著作「勉強するのは何のため?」を読みました。

自由の相互承認について書かれています。『学び合い』でいうところの学校観「多様な人と折り合いをつけること」の「折り合い」について詳しく書いてあるような印象を受けました。

勉強するのは、自由になるため。自由とは、生きたいように生きること。

学校は、生きたいように生きるために、自由の相互承認を実感的に理解していくところ。

そのための学びとして、「学び合い」(協同学習としての)も紹介されています。(参考文献のところには西川純著のスタートブックも!)

学校観について、より深い理解をすることができました。お勧めです。

勉強するのは何のため?―僕らの「答え」のつくり方

勉強するのは何のため?―僕らの「答え」のつくり方

パラダイム

18:42 | パラダイム - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - パラダイム - akifune3の日記 パラダイム - akifune3の日記 のブックマークコメント

木曜日の個人ゼミでクーンのパラダイムについてお聞きしました。

「パラダイムシフト」

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/jun24kawa/20130920/1379628195


そのときに、これからの新しいパラダイムは地域コミュニティの再生、『学び合い』ブログやFBグループに教師以外の保護者や子どもなどを巻き込んでいくこと、『学び合い』がわからない人についてわかることなどではないかという話しをしました。

正直、今行われている全校『学び合い』はうまくいくことが100%わかっていることなので、子どもたちを見ているのは面白いのですが、研究をしようと思ったときにワクワクしないのです。

前まで、教師の悩みについてやろうかなと思っていたのですが、

「研究について」

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/akifune3/20130916/1379345989

教師の悩みなども、教師同士がネットワークを築いていくことが解決に重要である。という結論が見えているので、ゴールが決まっているのにやるのもなぁと思ってしまっています。

ということは、新しいパラダイムを作り出すことが研究の道筋なのか!?とか今思っています。

でも、どうしていけば良いのか現状よくわかっていません。うーん。

恩返し

10:53 | 恩返し - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 恩返し - akifune3の日記 恩返し - akifune3の日記 のブックマークコメント

昨日は中信ブロックの会でした。西川研から4人が参加し、兵庫から上越に学びに来ていたmei-c5さんもご一緒しました。会場では、三崎先生やmaya-1さん、途中からttfujiさん、kan66さん、kiryu先生、Mさん、i-Kawa-nakajimaさん、sumimonさん(懇親会から)など中信ブロックの会の常連さんたちが参加し、なおかつ長野県から新たに二人『学び合い』に興味を持って参加してくださいました。最終的には会場に、14人がいました。これも、maya-1さんや三崎先生が広報してくださったおかげです。感謝。

今回、私は中信ブロックの会に対しての「恩返し」をしようと思って参加しました。

私は中信ブロックの会の先生には多大なる恩義があります。半年前、まだ実践で悩んでいたときに、先生方には様々な相談に乗っていただきました。

「中信ブロックの会 感想」

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/akifune3/20130309/1362837362


いまは西川研究室で『学び合い』を日々学んでいる立場なので、少しでも自分が見てきたこと、学んできたことを還元して、皆さんのお役に立てれば良いなぁと思い実践発表をしました。

幸いなことに、新たに参加してくださった先生がお二人いらしたので、『学び合い』を実践し始めた学級について映像を用いて発表しました。『学び合い』を始めた学級の様子はどのようなものなのか。そのとき、教師はどのように立ち振る舞っているのか。一人も見捨てないとはどういうことなのか。

参観者の方にはどのように伝わったかは定かではありませんが、『学び合い』の様子というものが少しイメージを持ってもらえるように意識しました。

その後のフリートークでは、お一人の先生からいろいろな疑問に対して、相談に乗っていました。課題の出し方や、評価の方法などに疑問を持っていらしたので、一つずつ説明していきました。最終的には、週に一回程度試しに実践してみたいとのお話しを聞くことができました。また、このような会に参加したいとおっしゃっていたので、再開できることが楽しみです。


会のあとは、近くのファミレスで懇親会です。西川研のメンバーやmei-c5さんが楽しそうに先生方とお話ししている姿を見て、お誘いして良かったなと思いました。

後半は、nishinaoとこれからどのようにして学んでいくか、話しをしました。一日一日学んでいる彼の姿に私も刺激を受ける日々です。

来週には北信ブロックの会、10月19日には信大で長野セミナーがあります。長野セミナーでも発表をする機会があります。少しでも、皆さんのお役に立てるような発表ができるよう準備をし、これからも長野を盛り上げるためにできることをしていきます。


ご一緒したみなさん、お疲れ様でした!

maya-1maya-12013/09/21 13:57大勢に声をかけていただき、退去してお越しくださり、発表もありがとうございました。

akifune3akifune32013/09/21 14:16発表の機会を設けて頂きありがとうございました。
またこれからもよろしくお願いします。

mei-c5mei-c52013/09/21 19:01素敵な発表をありがとうございました。
あの映像、見ているだけで泣きそうになって堪えるのに必死でした(笑)
質問にも丁寧にお応えいただき、ありがとうございました。

akifune3akifune32013/09/21 19:23mei-c5さん
あの瞬間、私も教室にいて鳥肌が立ちました。笑
感動を共有できて良かったです。

質問のところ、おもしろいよね。
教師が子どもの学び合いを阻害しているということを映し出したものになっていると思います。同じ質問が、他にも二人からありましたよ。笑

2013-09-20

中信ブロックの会

21:39 | 中信ブロックの会 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 中信ブロックの会 - akifune3の日記 中信ブロックの会 - akifune3の日記 のブックマークコメント

いま学び合いの会が終了しました。

これから懇親会です。

詳細は帰ってから、書きます。

i-Kawa-nakajimai-Kawa-nakajima2013/09/21 02:45akifune3さん 昨夜?はありがとうございました。楽しい時間を過ごすことができました!
次はぜひ山梨にも起こしください!

akifune3akifune32013/09/21 07:48i-Kawa-nakajimaさん
昨日はありがとうございました。お会いできて、お話しすることができて良かったです。
I県の学力テストの話など、自分が考えたこともないことだったので、勉強になりました。ぜひ山梨にも行かせてください^^

2013-09-19

兵庫からのお客様

21:22 | 兵庫からのお客様 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 兵庫からのお客様 - akifune3の日記 兵庫からのお客様 - akifune3の日記 のブックマークコメント

先週に引き続き、今週も兵庫から学生のお客様。

我が支援校の全国算数を参観に来てくださいました。


全校算数も徐々に軌道に乗りつつあり、今日は初めての全校達成しました!!

自然と拍手が沸き起こります。

支援校の先生方も前向きに取り組んでくださっており、

本当に学校に恵まれたなぁと思っています。

さて、明日は中信ブロックの会。

楽しみます。

mei-c5mei-c52013/09/20 01:14今日の全校学び合い、見ていて幸せな気持ちになりました。
本当に来てよかったです。

akifune3akifune32013/09/20 08:52まだまだあと一日あるよ。楽しみましょう。

2013-09-18

支援校飲み会

21:57 | 支援校飲み会 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 支援校飲み会 - akifune3の日記 支援校飲み会 - akifune3の日記 のブックマークコメント

本日は支援校で、市の陸上大会がありました。

夜は、支援校での懇親会。

笑いが多くある懇親会でした。楽しかった。

明日は全校『学び合い』です。明日も楽しみです。

scorpion1104scorpion11042013/09/19 04:36あのパワーには、驚嘆します。

akifune3akifune32013/09/19 21:03全校『学び合い』の勢いはすごいですよね。
ようやく、軌道にのってきました。

2013-09-17

お誘い

22:08 | お誘い - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - お誘い - akifune3の日記 お誘い - akifune3の日記 のブックマークコメント

ゼミのM2の方を中信ブロックの会にお誘いしたところ、快諾。

西川研究室から4名が参加することになりました。

嬉しい。

中信ブロックの会

17:34 | 中信ブロックの会 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 中信ブロックの会 - akifune3の日記 中信ブロックの会 - akifune3の日記 のブックマークコメント

さて、今週の金曜日に中信ブロックの会があります。

http://kokucheese.com/event/index/105123/


今回は僕も映像をもとに発表する予定です。

どの授業についてお見せしようか考えていたのですが、ある程度目星をつけました。

学び合い』を知らない方も来るという期待もかねて、

学び合い』導入段階での小学校単学級の授業風景をお届けしようかと思います。

二週間前、自分が良いなぁと思った姿を中心にしながら語るつもりです。

うまいこと発表できるかはわかりませんが、せっかくの機会なので楽しみます。


そして、来月の長野セミナーの実践報告についてもそろそろ準備をしないといけないなと思っています。信大のM教授からは若手実践家としての実践報告をして欲しいと言われたので、昨年度の自分の実践失敗談を中心に話しをしていこうかなと思います。


アウトプットの機会があるということは嬉しいことですね。

少しでも、『学び合い』に興味を持っている方にとって有益になる発表ができるようにしたいと思います。

maya-1maya-12013/09/17 22:13大勢の方に声をかけていただき感謝です。受け入れ体制を整えなければと責任を感じています。

akifune3akifune32013/09/17 22:16いえいえ。実践者の方と触れ合った方が刺激が多く、得られるものが多いです。
少しでもお役に立てるようにします。いつも会場について、ありがとうございます。

karakusa01karakusa012013/09/17 23:41コメントありがとうございました。また、どこかで会える日を楽しみにしています。

akifune3akifune32013/09/18 00:11こちらこそありがとうございます。
『学び合い』をしているかぎり、きっとどこかでお会いできますよね☆僕も楽しみにしています。

2013-09-16

研究について

00:39 | 研究について - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 研究について - akifune3の日記 研究について - akifune3の日記 のブックマークコメント

今日一日、これからの研究について考えていた。


なんといっても、『学び合い』を実践している先生方にとって有益な研究にしたいと思っている。そのためにも、『学び合い』で何に悩んで、どうやって乗り越えたのかというところを探っていこうかな。


自分のことを振り返ると、子ども観の「子どもたちは有能である。」というところが理解はできても、納得することができなかった。なんたって、目の前には授業妨害をしている子どもがいる。そのような子どもたちを信じることがいつまでたってもできなかった。

学び合い』のセオリーから言えば、そのような子どもよりも、自分のことを信じてくれる2割の子どもたちがどうやって集団をつくっていくのかということに注力することが必要なのだけれど、そんな余裕はなかった。

きっと、『学び合い』を実践されている世の先生方にも、こう考えている人は多いんじゃないかな?(すいません、勝手に予測して書いています。)

では、どのようにして、子ども観を納得することができたのだろう。←ここらへん知りたいです。

楽しみな支援校

00:28 | 楽しみな支援校 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 楽しみな支援校 - akifune3の日記 楽しみな支援校 - akifune3の日記 のブックマークコメント

支援校での支援が楽しい。要因はいくつもあるが、最大の要因は支援校の職員さんとの関係性が良好なことである。

校長先生をはじめ、明るい先生が多く、元気な学校である。

支援チームにたいしても、いつも明るく優しく接して頂ける。

支援チームでは私が最年少だが、こんな私の言うことにも耳を傾けて話しを聞いていただける。

子どもたちも素直な子どもが多く、打てば響くといった感じ。



こんな素敵な学校だからこそ、自分もさらに学校をよくするための力になりたいと思える。

明日はおそらく、前回とった全校算数のアンケートを集計する仕事が用意されている。全校児童、先生方が全校『学び合い』についてどう感じているのかを知る良い機会。結果がどうでるかも楽しみです。

一番学んだとき

17:01 | 一番学んだとき - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 一番学んだとき - akifune3の日記 一番学んだとき - akifune3の日記 のブックマークコメント

一番学んだときは、大学受験時でした。

高校2年生のとき、偏差値40を下回っていた私。

進路相談で担任に進路希望を聞かれたときに、何も知らずに関西有名大学を口にしました。

そのときの担任の一言

「記念受験でもするつもりか?」

くっそー!

このときの怒りと言ったらなかったのですが、

ここから一日12時間勉強を1年近く続けました。

おかげで偏差値も急上昇し、第一志望群の大学にいけました。

最初は、自分を馬鹿にしていた奴を見返したる!という気持ちが強かったのですが、

勉強を始めてみると、わかるということが面白くて勉強にのめりこんでしまいました。笑

あのときは、先生の授業をほとんど聞かずに、内職をしていました。

そうしたら、先生の授業をしっかり聞いていた子よりも点数が取れるようになり、

先生の授業を聞いても意味がないんだなーとか思ってしまいました。(いま思えばかなり失礼です。すいません)

そんな自分が教師になったのもびっくりですが、

学び合い』に出会ったときに、教師は教科内容を教える必要がないと知って、そりゃそうだとすぐに納得してしまいました。



今もあのときのような集中力を発揮して、勉強したいものです。まずは脱PCからですかね。

話しは進む

14:45 | 話しは進む - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 話しは進む - akifune3の日記 話しは進む - akifune3の日記 のブックマークコメント

Sさんから連絡がきました。

10月5日に広島の会をするということで、話しが進んでいるそうです^^


私たちも、その日九州から広島に行く予定だったので、

懇親会から参加させてもらえそうです。


様々な地で、繋がりができ、嬉しく思います。楽しみ。

nishinaonishinao2013/09/16 18:30最近の更新頻度が(笑)
お互いの勉強時間監視しあいましょう!そうしたら、もっと勉強できる気がします!笑

akifune3akifune32013/09/16 18:37現実逃避です。良い意味でプレッシャー掛け合おう。
やないと逃げてばっかりや。汗

2013-09-15

日本を変える

22:55 | 日本を変える - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 日本を変える - akifune3の日記 日本を変える - akifune3の日記 のブックマークコメント

toukonyukiさんのブログを拝見すると、2か月ほど前に西川研を訪問されたSさんについて書いてあった。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/toukonyuki/20130915/1379251799

広島の地で『学び合い』をしているらしい。

Sさんとは一緒に千葉の会にも行ったので、頑張っているということを聞いてついつい嬉しくなった。

いろいろな場で頑張っている人がいる。

西川研に在籍し、関東や関西を飛び回ることで、自分の脳内に地図がつくられている感じがする。

あの地域では○○さんがいる。あの地域では◇◇さんがいる。

何だか心強いし、本当に日本を変えられるような気になってくる。

ネットワークを築いていくことで、自分にも自信がついてきた。よしよし。がんばろう。

13時間

19:24 | 13時間 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 13時間 - akifune3の日記 13時間 - akifune3の日記 のブックマークコメント

西川先生は院時代に13時間勉強していたとおっしゃっていた。

何度もチャレンジしようとしても、それを継続できない。

それは自分の意思が弱いからか。

今日、西川先生がふらっと研究室においでなさった。

私「なにからべんきょうすればいいですか?」

西「なんでもいいから13時間勉強してみな。半年後、僕と少しでも話せるようになれば良いね。」

くっそー!

とにかく、自分の興味ある部分から攻めていきます!

完全習得学習

12:21 | 完全習得学習 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 完全習得学習 - akifune3の日記 完全習得学習 - akifune3の日記 のブックマークコメント

カーンアカデミー創設者サルマン・カーン著の「世界はひとつの教室」を読みました。

カーンアカデミーは「質の高い教育を、無料で、世界中のすべての人に提供する」というミッションのもと、ネット上に質の高いレッスンビデオを提供するサービスを構築しています。

本書はこれらの理論的背景などをわかりやすく書いてあり、その中でも「完全習得学習」というコンセプトが、『学び合い』にも通ずる部分があるなぁと思いながら読んでいました。

以下引用 「世界はひとつの教室」p49

生徒たちはそれぞれのペースで学習し、所定の習得レベルに達してから次の内容へ進みます。先生の役割は講師というよりも、案内役や助言者です。生徒同士の助け合いも奨励されます。生徒が生徒を手助けするのは、学習面でも人間形成の面でも有効です。苦戦する生徒はいても、だれひとり見捨てられる者はいません。

引用終了

後半の文章など、まるっきり『学び合い』の説明のようです。

少し気になったので、図書館でB.S.ブルームの完全習得学習の著作を借りてきました。

今日は一日、研究室にこもって読書します。

幸せになるためには

08:46 | 幸せになるためには - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せになるためには - akifune3の日記 幸せになるためには - akifune3の日記 のブックマークコメント

幸せについて考えてみた。

かつて、幸せを感じるときはどのようなときなのかということを書いていた本を読んだことがある。その本に書かれていたことは、以下の四点。

1 人に愛されること

2 人に褒められること

3 人の役に立つこと

4 人から必要とされること

私は、子どもから「勉強は何のためにするの?」と聞かれれば、

「幸せになるためだよ。」と答えたい。

学び合い』だったら、みんなと学んでいる時点で幸せを感じることができる。

「幸せになるため」ということがお題目にならず、自分の実感を伴って理解できる。


昨日の記事にも書いたけれど、

自分が幸せになるためには、人を幸せにすることが一番の近道。

人を幸せにすることによって、人から愛され、褒められ、役に立って、必要とされる。

最終的に自分も相手も幸せになる。

子どもが一生涯幸せな生活を送るためには、このようなことを経験していくことが重要。

人のために行動できることが、回りまわって自分の幸せになってくる。

徳でもあり得でもある。

このようなことを子どもたちに語っていきたい。

2013-09-14

個人ゼミ

00:00 | 個人ゼミ - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 個人ゼミ - akifune3の日記 個人ゼミ - akifune3の日記 のブックマークコメント

ようやく個人ゼミの動画がアップロードできました。(今日の朝8時から格闘していました。笑)

研究をどのようにして進めていけば良いかの問答です。

繰り返し聞くことで、自分の考えの浅はかさなどに恥ずかしくなりますが、明日への一歩と思ってBGMとして聞いています。

http://www.youtube.com/watch?v=ekoR9uR5CYI

語りの変化

23:32 | 語りの変化 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 語りの変化 - akifune3の日記 語りの変化 - akifune3の日記 のブックマークコメント

最近、『学び合い』について説明する機会がとても多いです。自分の家族から、昔ながらの友人、そして新たに出会う方々など。今までは、一斉指導との授業方法の対比として、『学び合い』を語っていました。「一人も見捨てない」ということを前面に押し出すことに尻込みしていたからです。しかし、最近は「一人も見捨てない」「全員が一生涯に渡って幸せになる」ということに重きをおいて、『学び合い』を語れるようになってきています。

この変化は何だろうと考えました。

要因の一つは、『学び合い』の目的を履き違えていることにあったのだと思います。今まで、私は『学び合い』の目的は全員が課題を達成することや学び合うことにあると思っていました。しかし、それらは「全員が一生涯に渡って幸せになる」ための手段にしか過ぎないということに最近気が付きました。もし、全員達成を最終目的にしてしまうと、同調圧力というものが生まれてしまいます。(これは八尾の会での話から気が付きました)

もし、学び合うことを最終目的にしてしまうと、個で学ぶ自由を奪うことになってしまいます。(千葉の会のO先生のチャートですっきり理解できました)

「一人も見捨てない」ということを掲げることで、特別支援の子どもや不登校の子どもも見捨てない動きがでてきます。先日、学校支援でその動きを目の当りにして、「一人も見捨てない」ことを求めると、子どもたちはこのような動きをするのか。と感動しました。


目的を履き違えると、『学び合い』の目指すべき方向がずれてしまいます。

逆に目的が据わっていたら、どのような形でも『学び合い』は実現可能です。

多くの人と出会い、語り合う中で、このようなことに気が付くことができて良かったです。

まだまだ勉強不足ですが、少しずつ自分の思考が深まっていく感じがします。

西川先生がよく「資料を読むこと、人と話すこと、自分の頭で考えること」をバランスよく行うことが大切だよ、とお話ししてくださいますが、その通りだなと思います。

自分の使命

21:02 | 自分の使命 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分の使命 - akifune3の日記 自分の使命 - akifune3の日記 のブックマークコメント

昨日、個人ゼミでこれからどのような研究をしていけばよいか、西川先生に相談をしました。

私のやりたかったことは大学院に入る前から決まっていた。しかし、どのようにやるかイメージがつかないまま置き去りにしていた。昨日、西川先生とお話しをして、大学院に入る前の初志をはっきりと思い出しました。


私は学校現場で苦しんでいる先生方の力になりたい。

かつて私が苦しんでいたときに、多くの方々が私を助けてくれたように。

少しでも、苦しみを軽くするようなことをしていきたい。

そのためにはどうすべきか。

まずは、繋がりがある先生方に学校現場でどのように苦しんでいたのかを調査する。

そして、先生方がどのようにしてその苦しみを克服していったのかを尋ねる。

多くの事例をもとに、現在苦しんでいる先生、これから苦しんでしまうかもしれない先生(自分も含む)に有益な情報を提供できるようにしていきたい。

これができれば、少しでも先生方の力になれるかもしれない。

これから先行研究を読み込むことと、自分についての自己分析をしていきたい。

ちょうど、来月の長野セミナーで自分の実践報告の時間がある。

そのときに、どうしてあのときの自分がだめだったのか。

そして、あのときの自分に対してどのようなアドバイスができるかということを提案したい。

やりたいことが決まってきた。

自分が弱い教師だったからこそ、悩みばかりの教師だったからこそ、やりたいこと。

それが少しずつ明確になってきて嬉しい。昨日は、道が少し開けたと感じた。

まだまだやることが多いけれど、一歩一歩進んでいきます。

ブログをしている皆さんにもいろいろお聞きするかと思いますが、よろしくお願いします。

学び

19:59 | 学び - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学び - akifune3の日記 学び - akifune3の日記 のブックマークコメント

最近、自分の学びは自分のためだけのものではないのだなと感じます。

自分が学んだことが他の人に返っていく。

これが、とてつもなく面白く、嬉しく、学習意欲が高まる要因にもなっています。


学び合い』で、予習をし始める子どももこのような気持ちなのだろうか。

自分の学びで、他の人が幸せになるという実感があるから、どこまでも頑張れる。

そんな経験を子どものころからしていけば、

学ぶこと=人を幸せにすること=自分が幸せになること

ということを、自然と実感できる。


学習意欲というものを、教師が無理やり引き出そうとしなくても勝手に湧き上がる。

なんてことをふと思いました。

幸せになるためには

19:54 | 幸せになるためには - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 幸せになるためには - akifune3の日記 幸せになるためには - akifune3の日記 のブックマークコメント

最近、よく反芻する言葉があります。

「幸せになるためには、自分の幸せのために頑張っても叶わない。

 人の幸せのために尽くすから、自分の幸せがついてくる。」


前回の千葉の会での、O先生との会話からです。

僕自身、かつては自分のことばかりを追い求めていました。

その結果、他の人との関係はよくならず、自分自身の気持ちを滅入る一方。

しかし、周りの人が幸せになるために、どうすれば良いかを考えるようになると、

何だか人生が楽しく感じてきます。

まだまだ人間ができていないので、自分のことばかり考えてしまうのですが、

どんなときでも、このような思考ができるように習慣づけできれば良いなと思っています。

来訪者

11:32 | 来訪者 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 来訪者 - akifune3の日記 来訪者 - akifune3の日記 のブックマークコメント

昨日は様々な来訪者が来ました。

このような方々とお話しが出来る、この環境がとても素晴らしいものだと思います。

いろいろな方々とお話しをすることで、自分の無知さを痛感し、

もっと学びたいという気持ちが強くなっていきます。

nishinaoとも話していましたが、

学べば学ぶほど、自分が何も知らなかったことに気づいていきます。

まさにソクラテスの無知の知状態。

今は学ぶためには、最高の環境。

この環境で自分を高めていきたいと思います。

daitouirukadaitouiruka2013/09/15 12:36>「全員が一生涯に渡って幸せになる」ための手段
納得です。
学び合うことが目的になると硬直しますよね。

akifune3akifune32013/09/15 13:04コメントありがとうございます!
はい。目的を履き違えてしまうと間違った方向に進んでしまいます。
最終的にはみんながHAPPYになるためにはどうすれば良いのかというところだと思っています。

2013-09-13

職能形成

00:07 | 職能形成 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 職能形成 - akifune3の日記 職能形成 - akifune3の日記 のブックマークコメント

今日も一日が無事終了。関西の学生さん二人を連れて支援校へ。全校『学び合い』と単学級の『学び合い』を参観してもらいました。普段は当たり前に思っているようなことも、バシバシ質問してくれるので自分も考えながら参観することができました。

最近、対話をしながら授業を参観することが多いですが(もちろん『学び合い』の授業に限ります)、教員もわからないときにわからないと聞ける環境が重要だと感じます。他の先生方の子どもたちへの語りや子どもへの接し方を、全校『学び合い』では間近で学ぶことができます。このことが教師の職能形成に非常に重要な役割を果たしていると感じます。

午後の懇親会では、指導主事の先生や校長先生たちとお話しをしました。ある先生は、同じように全校『学び合い』によって、教師の職能の形成が起きているということをおっしゃっていました。

また、生徒指導上の問題、学級崩壊、学力偏差値が平均より下だった問題指定校の学校が全校『学び合い』を実施したところ、生徒指導上の問題が激減し、学級崩壊もおさまり、学力も上がったというお話しを聞きました。

まさに魔法のように聞こえますが、実際に体験している方のお話しを聞くと、鳥肌が立ちます。明日は他チーム支援校の全校『学び合い』を参観。これまた楽しみです。

2013-09-11

訪問者

18:27 | 訪問者 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 訪問者 - akifune3の日記 訪問者 - akifune3の日記 のブックマークコメント

明日から関西の学生が研究室に訪問します。二週間前に会って、話しをしてからすぐに来る行動力がとても素敵です。明日明後日はそれに加えて、大阪や広島、佐賀、北海道から校長、指導主事、市議会議員、教員、学生が来るので研究室も大賑わいになりそうです。楽しみ。

そして、さらに先日のキャンプから一日経って、早くも上越に行く日程を相談してくれる方もいらっしゃいました。自分たちが動いて種を蒔いたところで、反応がかえってくるのは嬉しいですね。刺激になります。

2013-09-10

学び続ける

21:00 | 学び続ける - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 学び続ける - akifune3の日記 学び続ける - akifune3の日記 のブックマークコメント

昨日まで二日間神奈川県で教職団体with usのサマーキャンプに参加してきた。我が西川研究室からは4名参加。新潟から神奈川にこんなに行くとは、何てアクティブな研究室だ。笑(研究もちゃんとヤラナイト・・・)

 感想を簡単にまとめると、

「もっと教育について学びたい」

「もっと自分の考えを発信していきたい」ということ。

 二日間、様々な場で意見を述べる機会があった。そのときに、研究している『学び合い』の考えに基づきながら話しをしていった。一人も見捨てない、子どもの一生涯の幸せを実現するということを念頭に置きながら。この言葉だけ聞いたら理想論に聞こえる。けれど、それを本気で実現しようとしている人たちと毎日関わっている身としては、こんな世界もあるんだよということを少しでも教員志望のみんなに伝えたいという気持ちがあった。

 

 

僕の立場は参加者の中ではちょこっと異端。大学4年生で教職を目指したこと。講師をして、途中で辞めて教職大学院に入ったこと。教職大学院の中でも異端児集団(?)の西川研究室に入って『学び合い』を研究していること。そんなちょこっと異端の自分が、ちょこっと異端の意見を言っても許されるかな?みたいな開き直りもありつつ、『学び合い』、全校『学び合い』について話しをした。

「こいつ何言ってんねん。」とか思われるんやろうなぁと思っていたけれど、何人かの方に興味をもってもらい、「『学び合い』を初めて知った」「是非上越に行ってみたい」という声をかけていただいた。自分もまだまだ勉強の身。彼らの期待に応えられるように学んでいきたいし、彼らのように興味をもってくれるような方々に届くためにも愚直に自分のできる限り発信もしていきたい。そんな思いを強く持てたキャンプだった。

 

 

nishinaonishinao2013/09/11 00:23キャンプお疲れ様でした。舟さんかっこよかったですよ。俺もあんな風になりたい!と思いました。
これからも1歩半先を行く尊敬する先輩を超えるために日々精進していきますね!
これからもよろしくお願いします!

akifune3akifune32013/09/11 18:18ありがとう。nishinaoの存在も俺にかなり刺激を与えているからね。

キャンプのときの語りでは、あなたが聞いているということを念頭に置きながら、語っていました。俺はこう語るけど、お前はどう語っていく?みたいな。
最近ようやく自分の言葉で『学び合い』を語れるようになってきたし。やっぱり、資料を読む、人と話す、自分の頭で考えるというサイクルを大切にしていきたいね。

2013-09-09

関東遠征終了

19:41 | 関東遠征終了 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 関東遠征終了 - akifune3の日記 関東遠征終了 - akifune3の日記 のブックマークコメント

今から実家の長野に帰ります。

明日から支援が続きます。

私が学んでいることが誰かのためになるかもしれない。そんなことを思えた4日間でした。

2013-09-08

高次の願い

05:46 | 高次の願い - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 高次の願い - akifune3の日記 高次の願い - akifune3の日記 のブックマークコメント

より高い目標を掲げること。

千葉の会で学んだことです。

フォーラムのときに、西川先生が話していたことですが、あのときはおぼろげな理解でした。しかし、昨日千葉の会でそれを実践されている方々のお話しを聞いて、腑に落ちました。

昨日も素敵な1日でした。

今日は関東の学生と教職キャンプ。多く出会ってきます。

2013-09-07

これから

12:04 | これから - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - これから - akifune3の日記 これから - akifune3の日記 のブックマークコメント

千葉の会に行って来ます。

今日も多くの学びを得てきます。

愚直に願い続けること

11:20 | 愚直に願い続けること - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 愚直に願い続けること - akifune3の日記 愚直に願い続けること - akifune3の日記 のブックマークコメント

昨日T中等教育学校にnishinaoと関東の学生2名で参観してきました。

雑感

・『学び合い』の考え方を体得すると西川先生に似てくる?

昨日、先生とお話しているとときおり、西川先生っぽいなという発言が多々見られました。基本的に集団に任せる言動をしていると西川先生に見えてくるのでしょうか?笑

・10褒め1叱り

夏休み明けということで、だらけた様子の子どもの姿も見られます。しかし、そのようなところには近づかず、できている子にフォーカスを当てて褒める。集団が課題に向いてくるようになると、だらけていた子どもも課題にとりくんでいくこともある。課題に取り組んでいない子にばかり目がいってしまうと、気がめいるし、しかりたくなる。叱る量が増えてくると集団の雰囲気が暗くなるし、子どもとの関係性も悪化する。

・教師の職能とは・・・愚直に願い続けること

「教師の職能とはいったい何なのか最近わからなくなりました。」と学生さんに言われました。教科レベルを教えることが教師の職能になってしまえば、教師の存在意義はかなりなくなってしまうと思います。(特に『学び合い』だと)。そうではなく、愚直に子どもたちの一生涯の幸せを願い続けることができるか。子どもたちに生きる道を語ることができるか。が、教師の職能だと私は考えます。例え、その言葉を伝えて、響いていない集団に対しても願い続ける。子どもたちの二割が気づいて、動いてくれることを待ち続ける。このことを教師にしかできないことです。

少し自戒を入れます。

私が講師をしていたときには、それができなかった。子どもたちに対して、願い続けることができなかった。どうしても、子どもたちが有能であるということを信じることができなかった。課題に向き合わない子どもの姿ばかりが気になってしまい、全員達成を目指そう!などという言葉が軽くなってしまっていた。

あのときは、子どもが悪いからだ!と、責任を自分に求めずに、逃げていたように思います。しかし違った。結局は、私の気持ちが据わっていなかった。だからこそ、『学び合い』がうまくいかなかった。考えてみれば簡単なことだったのだなと思います。ただ、あのときの私の状況でそのようなことは考えもつかなかった。だからこそ、そのことに気づけてよかったなと思います。

このあたりのことは大学院に入っても悩みました。そこで、6月に西川先生に相談をして、自分の中ではある程度納得しています。

「学年ゼミ「信頼すること」」

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/akifune3/20130601/1370012411


・暗記内容についての課題の提示の方法はどうすれば良いか。

という質問をうけました。私の考えでは、暗記をしてもらいたい範囲、内容を指定する。そして、子どもたちに対して、全員がそのことを理解しているのかということを求めます。先日の小学生では、子どもたちに漢字スキルの問題を全員ができるようにするという課題を与えました。子どもたちは、時間いっぱいまで確認問題を相互に出し合いながら課題達成を目指しました。だから、課題の提示は難しく考えないで良いのかなと思います。

しかし、高校現場になると学習内容が多く、大変になってくるのかな?とも思います。このあたりは課題の出し方について、いろいろな方に聞いてみたいです。


・子どもの『学び合い」批判で一番多いものは

「先生はどうして教えてくれないの?」だと思います。

そのときに、子どもたちに対して、適切な理由を説明できるかが重要です。今まで子どもたちは、教師に教えてもらってばかりいたので、教えてもらうことが当たり前だと思っています。それが、『学び合い』だと先生が教えてくれない。という一種の突き放され感を味わってしまいます。『学び合い」では、教師は教えていけないわけではない。しかし、教師に教わってばかりの依存にならないようにする配慮が必要。



以上、雑感でした。

今日の参観について、東京の学生さんが教員ステーションというサイトに記事を投稿するらしいので、そちらも楽しみです。

kabamen6384kabamen63842013/09/07 18:13自戒の部分、心に響きました。
自分を見つめることの大切さを感じます。

Nくん共々、お体には気を付けて!

akifune3akifune32013/09/07 23:58kabamen6384さん

コメントありがとう!常に自戒していますよ。笑
自分を見つめながら、よりよい一日していくためにはどうすればいいのかということを考えています。

ありがとう!無事に帰ってくるね!

2013-09-06

関東遠征

06:54 | 関東遠征 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 関東遠征 - akifune3の日記 関東遠征 - akifune3の日記 のブックマークコメント

本日から、関東遠征4日間の旅です。

まず今日は東京の学校の『学び合い』参観。

2月の群馬セミナーのときにお話をさせていただいた先生で、お会いするのはこれで2回目になります。関東の学生や教育関係のお仕事をしている方をお誘いして、5名で参観します。

翌日は千葉の会。

今年で早くも三回目。

千葉の会は『学び合い』の会の中でも好きな会です。

特にその後の飲み会が好き。笑

議論が深まっていく感じがします。

日曜月曜は教師志望の学生が集まるキャンプに行ってきます。

多くの出会いの中で、ちょっと『学び合い』も宣伝しようかななんて目論んでいます。

先日もお伝えしたように、来週は関西からの学生2名、北海道からの学生1名、再来週は関西の学生が1名参観に訪れます。学生のうちから、全校『学び合い』などを見ることは、教育観を広げる上でもとても有意義なことではないかなと思っています。

感動

06:30 | 感動 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 感動 - akifune3の日記 感動 - akifune3の日記 のブックマークコメント

昨日は二学期最初の全校算数でした。

私は全校算数の前日に一人の先生に秘伝を伝授しました。(といってもたいしたものではありませんが)。それは、全校算数の課題を事前に子どもたちに伝えておくということ。そうすれば、子どもたちの何人かは必ず予習をしてきますよ。そうすると全員達成に向けて頑張る子どもが増えてきますよ。とお伝えしました。

先生は本当にうまくいくのかな?という半信半疑の状態でしたが、先生からの挑戦状ということで子どもたちに課題を事前に提示してくださいました。

そして当日の全校算数では、その学年の動きは際立って良かったです。予習をしてくる子がクラスの半数近くあり、終わった子からどんどん意見を交換していました。最初は同じ学年の同性同士のかかわりがメインでしたが、徐々に同学年の異性とも意見交流が始まり、ほかの学年の課題達成のための行動が起こってきました。

担任の先生は私に良い表情で

「男女の関わり合いが少ないクラスだったのに、今回は多く関わっていた。」

「今までは自分の課題さえ終われば、あとは知らないという状態だったのに、今日は周りのために行動している姿に驚いた。」

「今までの授業は先に課題を提示してしまうと、その日の授業で先に終わってしまっているから、退屈にしてしまうとおもっていたけれど、そうではないということを今日知りました。考え方が変わりました。」

とおっしゃってくださいました。

私自身も子どもたちが率先して動いている姿に鳥肌がたちました。

ああ、今まさに集団が変容している瞬間に立ち合わさっているのだなぁ。

そのような素敵な場にいられることがとてつもなく嬉しいです。

全校『学び合い』は他のクラス、学年に良さが伝わる良い機会。

今回の良い姿は振り返りのときにも話がでました。次回からは他の学年も同じように事前に課題を提示するようになっていくのではないか。と思います。

これからも、子ども教師もHAPPYな学校になることを応援していきます。

daitouirukadaitouiruka2013/09/07 06:14>先に課題を提示してしまうと、その日の授業で先に終わってしまっているから、退屈にしてしまうとおもっていたけれど、そうではないということ。

これ、実感しています。
「いつか、将来役立つ」より、「明日みんなのために役立つ」ことが確実に分かっていると予習の意欲もわきやすいのでしょうか。

akifune3akifune32013/09/07 11:25いるかさん、コメントありがとうございます。
『学び合い」だと、みんなのために役立つことが実感できますもんね。それが、予習の意欲を高める要因だと思います。

あと、そのときには低位層の子どもも何人か予習をしてきました。おそらく、その子たちは、課題をどのようにして解けば良いかわかっているので、安心して全校学び合いに臨めるなぁという気持ちもあると思います。

2013-09-05

朝の読書会

07:31 | 朝の読書会 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 朝の読書会 - akifune3の日記 朝の読書会 - akifune3の日記 のブックマークコメント

今日は学部生のN澤と二人で読書会。「7つの習慣」

良い習慣をつくっていこう。成長していこう。

自分を高めていこう。そのために、いま一番何をしていこう。

という話しを小一時間しました。

まずは、西川研にいるのだから『学び合い』を極めようという結論です。

そのために、これからしていきたいこと。

①資料を読もう。(先行研究、文献)

②自分の頭で考えよう。

③人と語らおう。(ゼミ生や各地の実践者)

④『学び合い』をいっぱい見よう。

金曜日は東京の先生のところにお邪魔して、『学び合い』を参観してきます。

楽しみ。

2013-09-04

いつやるの?

21:17 | いつやるの? - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - いつやるの? - akifune3の日記 いつやるの? - akifune3の日記 のブックマークコメント

学部生と西川先生のやりとりに刺激を受けました。

自分も頑張っていたのかな?と思えば、死ぬほど頑張っていない。

じゃあいつ頑張るの?

2013-09-03

支援!

19:25 | 支援! - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 支援! - akifune3の日記 支援! - akifune3の日記 のブックマークコメント

先週から支援プロジェクトが始まりました。先週は始業式だったので、今日がある意味本格的なスタートになります。担任の先生が不在のクラスがあったので、現職院生さんと二人で入って、自習課題で『学び合い』をやりました。

ここで雑感

1 課題の量について

課題の量は多すぎると学び合う時間が取られる。これは当たり前ですが、今回は自習課題の量が膨大にあったので、中々学び合いにいくことはできませんでした。今回は課題の量が決まっていたのでしょうがない部分がありましたが・・・。

逆に課題の量が少なかった授業(今回で言えば漢字ドリルを全員ができる)という課題は、分量は少なかったですが、子どもたちが相互に確認をし合い、とても質の高い学び合いだったと思います。

2 教師が待つことができるか

学び合わない状況が続くと、教師にとってつらい状況が続きます。そのときに、急かしたり、何かしらの指示をしたくなる衝動に駆られます。(何度も駆られるました)。そのときに、子どもたちを信頼して待つことができるか。その授業でどうこうするというより、その授業の評価の部分の語りで、子どもたちにどうしたら良いと思う?と投げかけて、子どもたちから最善の方法を選択してもらうということが必要かなと感じます。

3 教師の同僚性の重要性

学び合いがうまくいっていない状況になると、教師は焦ります。そのときに、どうすれば良いんだろうという不安で頭がいっぱいになります。そのときに、その場で不安を打ち明ける存在がいるということは、精神的にとてもありがたいということがわかりました。教師の語りの部分でも、どのようなことを話せばいいか、子どもたちはどのような姿をしていたかということが共有できるので、語りを言う緊張感が和らぎます。


今日、久しぶりに自分で『学び合い』を実践してみて、改めて教師の仕事って良いなぁと感じます。子どもたちの前に立つとついつい話しをしたくなる衝動に駆られます。目の前で、静かにじっと話しを聞いてくれている子どもを見れば、自分の満足感が得られていく感覚を味わえます。それが、一種の教師としての喜びなのだと思います。

そして、おそらくそれに喜びを強く感じている方にとって『学び合い』はとてもきついものだということもわかります。教えたくて教師になったのに、教科を教えることができないのだから。一種の絶望みたいなものかもしれません。

しかし、『学び合い』を実践すると、それよりも高次の喜びが得られます。今までクラスで孤立傾向だった子どもがクラスの友達と話しをするようになった。学力低位の子どもの学力が上がったなど。そのような喜びを見出せるということを、支援校の先生方にも少しずつ伝えられたら良いかなと思います。

支援も始まったばかりなので、ゆっくり動いていこうとは思っています。しかし、すでに2学年で『学び合い』を単学級でも取り入れてくださっています。(個人的には、ここで異学年『学び合い』ができないかなと思っていますが。)前向きに取り組んでくださっている先生方と出会い、本当にこの支援校に入れてよかったと思います。明日からも支援ですが、引き続き楽しんでやっていきたいと思います。

akifune3akifune32013/09/03 20:29全然まとまらず、ほんとうに雑な内容になってしまいました。あらら。

daitouirukadaitouiruka2013/09/05 03:49待てるようになるには修行がいりますね。
私の場合、まだまだです。

akifune3akifune32013/09/05 07:21はい。私もまだまだだなと痛感しています。
自分の場合は現職院生さんの姿を間近で見ることが出来ているので、すごい参考になります。私のように、いろんな教員で『学び合い』の授業を見ることによって、先生方の姿から学んでいくということが気軽にできるようになっていけばいいなぁと思います。合同『学び合い』がどんどん進んでいけるようになれば良いと切に願います。

2013-09-02

訪問

13:52 | 訪問 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 訪問 - akifune3の日記 訪問 - akifune3の日記 のブックマークコメント

先週出会った関西の学生3人、来週と再来週に研究室を訪問することがわかった。

出会って、すぐに研究室に来るという行動力が嬉しい。

2013-09-01

九州予定

11:19 | 九州予定 - akifune3の日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 九州予定 - akifune3の日記 九州予定 - akifune3の日記 のブックマークコメント

西川先生の内容を拝借して、九州の予定を確認。

貧乏学生の貧乏ツアーなので、泊めても良いよという方がいらっしゃいましたら、教えてください><泣いて喜びます。(学生3~4人で行く予定です)

 9月27日(金)上越発

 9月28日(土)兵庫の会

 9月29日(日)大分の会

 9月30日(月)別府市立大平山小学校 (大分)

10月 1日(火)那珂川町立安徳南小学校(福岡)

10月 2日(水)大野城市立大野東小学校(福岡)

10月 3日(木)筑紫野市立二日市中学校(福岡)

         佐賀市立久保泉小学校 (佐賀)

10月 4日(金)唐津市立鏡山小学校  (佐賀)

10月 7日(月)上越着

scorpion1104scorpion11042013/09/01 22:30長崎宿泊の予定は何月何日ですか?

akifune3akifune32013/09/02 13:11scorpion1104さん
10月4日(金)の夜に長崎に行こうかと思っています^^

scorpion1104scorpion11042013/09/02 20:47心当たりを、あたりますね~。

akifune3akifune32013/09/02 21:57ありがとうございますm(__)m嬉しいです^^