Hatena::Groupmanabiai

なっつの学校と育児生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

北海道の中学校で数学を担当しているなっつといいます。 連絡はこちらへ。(すぐは返信できないかもしれません。) apeanut_not_peanuts@yahoo.co.jp (@を半角@に変えてください)

『学び合い』について興味を持った方は、サイドのリンク集からそれぞれの資料へどうぞ。
「子どもの姿を語る会」メルマガ
にほんブログ村 教育ブログ 教育者(中学校)へ 人気ブログランキングへ Twitterボタン

2017-07-17

[]1年以上ぶりだけど、セミナーに参加して、つらつら思ったこと。 18:03

私が教職を選んだきっかけは、「中学校の時のすてきな先生方みたいな先生がもっと増えたら、学校が楽しいのにな。…じゃあ、私が、そういう先生になれば、とりあえず1人増えるんじゃない!?」ということなのですが、その後高校や大学でいざ教職の道に進むかどうかというときに考えたのは、「今の世の中はどう考えてもおかしい。じゃあ、せめて私の関わった人たちが大人になったとき、いい大人になれば、少しは世の中変わるんじゃない?」ということです。


私は、ずっと、「今教えている子どもたちが、将来自分の仲間になってくれたらいいなぁ。」と思っています。

しつけなきゃいけない対象とか、教え導かなきゃいけない対象とか、自己実現のために素晴らしい存在になってもらう(←これ、いやだなぁ。)、とかじゃなくて、将来自分の仲間になって、同じ世の中で一緒に生活するかもしれない人のために、何か手助けできたらいいな、という感じ。


今でも、そこに至るためには、『学び合い』だなぁと思っています。


私が、子どもの学びやすさにこだわるのも、将来の仲間のためにできることをしたいと思っているからです。だって、同僚のためには、自分がいることでちょっとでも仕事が楽になればって思って行動するでしょう?子どもに対してだって、同じだと思うのですよ。でも、自分が倒れたら同僚にだって迷惑がかかる。同じように、子どもに対してだって、迷惑がかかる。から、自分の体と時間と相談して、できることはできるだけやる。できないことは、やらない。


そして、将来の仲間のためにできることっていうのは、将来どんな日本になっているかも含めて、どんな力があったら生きていけるかを考えること。そのために、「誰かとつながった経験」は、絶対大事だと思っている。

別に、義務教育9年間ずっと、全部じゃなくてもいい。今、私が関わっているこの期間だけでも、「誰かとつながった経験」があれば、そのあとの人生のどこかで思い出せれば、それでいい。

極上の1年間は麻薬になるから、プレゼントしたくない。(まぁ、自分の力量ではできないんだけど。)でも、私みたいなタイプの先生の元でも、自分たちでうまいことやったっていう経験は、絶対あったほうがいい。


いつまでも私のことを思い出して、私の学級で過ごしたことをなつかしみ、しがみつくような子どもには育ててはいけない。(そして、そこまでしがみつくような人にはなっていないと思う…。たぶん。)



っていうのは、誰もが持っている価値観では無いんだなぁっていうのを、改めて感じた、昨日1日でした。


昨日の1日で初めて知った知識なんてほとんど無いけど(本やFBや、本人から聞いたりして知っている話ばかりだし)、知識のために参加しているんじゃなくて。

「そうだよね」って感じることと、出会った人にアウトプットして再確認するということと、オフ会的に色々な人に会うことと、そして、あの会場で、あの雰囲気を味わうこと。が、今の私にとって、とっても必要だったんだなぁと思う。

私はいつも、セミナーでは空気感を味わい、自分の糧にしているような気がします。

そりゃあ、メモを取らないわけだ。

(知識なんて、忘れちゃったら笹木先生が覚えていてくれるから、大丈夫。なんて。)

ゲスト



トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/a-peanut/20170717