Hatena::Groupmanabiai

なっつの学校と育児生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

北海道の中学校で数学を担当しているなっつといいます。 連絡はこちらへ。(すぐは返信できないかもしれません。) apeanut_not_peanuts@yahoo.co.jp (@を半角@に変えてください)

『学び合い』について興味を持った方は、サイドのリンク集からそれぞれの資料へどうぞ。
「子どもの姿を語る会」メルマガ
にほんブログ村 教育ブログ 教育者(中学校)へ 人気ブログランキングへ Twitterボタン

2013-01-06

[]ニートとケイロン人 01:47

今年はいっぱい本を読もう!と決めて、まず読んだのがこれ。

(感想は私のバインダーにて。)

これを読んでいて、以前西川先生が紹介していたこの本を思い出しました。

この本のケイロンという国(?)では貨幣が存在せず、欲しい物は必要な分だけ手に入れることができ、それぞれの人が自分のできる範囲で人に貢献し、何もできない人も、かわいそうな人だと周りから思われるだけで、生きていくことができるという設定です。

今までの地球の文化と切り離されて人類が育てばこういう国になるだろうという予測。

「ニートの歩き方」の中で筆者(ニート)が目指しているのは、たぶんケイロンなんだろうなぁと思って読んでいました。

そして、現実社会の中ではわりとケイロンに近い状況で実際に今生きている。

筆者が著書の中で言っているように、こんな世界にできるのは150年後なのかもしれないけど、できなくはないんじゃ?と思いました。


ちなみに、関係ないけど。

「断絶への航海」を読んだ頃は、私はこんな感想を持ちました。

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/a-peanut/20090219/1235004135

今の私は、ケイロンに行っても整体でケアもできなくはないし、イベントを開いたりすることもできなくはないし、そのほかにも色々できることが増えたなぁと感じています。

この4年間、子どもを産んだこと、ネットを通して色々なところに参加し、経験してきたことは、ちゃんと私の成長につながっているんだなぁと感じました。

2012-07-16

[]「必ずクラスがまとまる教師の成功術!」 14:47

野中先生と、夏の「こどもの姿を語る会」でお世話になる横藤先生の共著。

ずっと前に買ってあったんだけど、積ん読になっていて、横藤先生に講師をお願いすることになってから読み始めました(汗)

学び合い』に通ずるところがあるという話を事務局メンバーから聞いていて、たしかになぁと思いました。ただ、どちらかというと教室ファシリテーションの方が近いかも。

フレームの決め方とか。

場の温め方とか。


でも、どっちにしろ、勉強になりそうです。


ということで、みなさんも一緒に勉強しませんか?

http://manabiai.g.hatena.ne.jp/manabiai-hokkaido/20120617

2010-04-21

[]ストレングスファインダー 15:55

前に、コメントでkatokitiさんが紹介してくださっていた本、ちゃんとここにも載せておきます。

本にIDがついていて、それを使ってHPで質問に答えていくと自分の強みを調べることができます。

私としては、これでわかった自分の強みや、強みについての分析よりも、その前段、後段の話の方が面白いです。勉強になります。

この値段の価値はあります。

ghjalghjal2010/04/21 17:34ううん。本当にその通りなんだよなあ。17日の文科省に行ったときは、多々問題はあったと思ったけれども、ここまで嫌な思いは、みんなお互いにしていなかったと思う。むしろ、今後に向けて展望が開かれていた。でも、実際に始まると、なかなか難しい。
>このままだと、せっかく場が開かれているのに、有効的に使うことができなくて終わってしまいそう
もし、そうなってしまったら、そうら見たことか、やはり市民・現場参加なんて絵に描いた餅。といわれてしまい。また、10年。教育行政は後退するような気がします。そちらがもっと怖い。なんかいい方法あるかなぁ?みんなで考えたいです。

a-peanuta-peanut2010/04/22 08:34>ジーンさん
目の前にいると、その人を気づかった言葉遣いができるから、嫌な気持ちになる場面は少なくて済むのでしょうね。
私は、活字で伝えられることなんて知れていると思って、実際会って話すよりもなるべく気をつけるようにはしていますが(まだ未熟ですが)、逆の方もいっぱいいますよね。
>そちらがもっと怖い。
本当です。なんとかしたいです。

yoichiyyyoichiyy2010/04/22 15:41二つ、コメントを・・。

■まず、「自戒」について考えました。
考えさせられました。
というよりも、怖くなりました。
今でもブレーキをかけているつもりではあるのですが、「現状は改善されたから」 
 うれしい!  と思っている自分がいるからです。
 このメモを呼んで、良かったです。
 ベター にはなりました。ですが、とてもとても、満足してよい状況ではありません。
 こわや こわや。
 もう一度、気を引き締め直して、授業に臨みます。


■それから・・
 私も、あの文部科学省のコミュニティに登録し、そしていくつかの議論を眺めてみました。
 ちょっと、、、悪口のような発言が多いですよね・・。あまり、読んでいて気持ちの良いものではないかな・・・。とは、私も思いました。
 改善されると、よいですネ~~。

a-peanuta-peanut2010/04/22 15:49>yoichiyyさん
ホント、怖いですよね。
うまくいっていると思っている時ほど、気をひきしめないと、足元すくわれちゃうので…。
お互い、気をつけましょう^^

あと、熟議カケアイ…。
他の参加されている方々もおっしゃっていますが、2chチックになっていますよね。
なんか、流れを変える方法ないでしょうかね~。せっかくの場なのに。

SL-naoSL-nao2010/05/23 08:31私も、熟議カケアイ、登録して眺めてはいますが、どうコメントしたら
いいのか考えてしまいます。
これはいいな、と思う意見にはプチっと賛成していますが…。
現実社会でもありがちですが、声の大きな意見が勝つような、そんな事には
なって欲しくないですね。
諦めずに続けることだと信じます。

a-peanuta-peanut2010/05/25 08:09>SL-naoさん
確かに、声の大きな意見が勝つようなことにはなってほしくないですね。
でも、私も眺めるだけで、全然参加できませんでした…。もうそろそろ〆切ですよね。
うーん…。