Hatena::Groupmanabiai

なっつの学校と育児生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

北海道の中学校で数学を担当しているなっつといいます。 連絡はこちらへ。(すぐは返信できないかもしれません。) apeanut_not_peanuts@yahoo.co.jp (@を半角@に変えてください)

『学び合い』について興味を持った方は、サイドのリンク集からそれぞれの資料へどうぞ。
「子どもの姿を語る会」メルマガ
にほんブログ村 教育ブログ 教育者(中学校)へ 人気ブログランキングへ Twitterボタン

2016-02-21

[]幸せイメージ 18:11

教員は、みんな、子どもが将来幸せに生きてくれることを願っている(はず。そう信じたい。)。

けど、それぞれの教員が前提としている「幸せイメージ」は、それぞれの教員の今までの人生で得てきた経験によって、全く違う。

どんな風に生きることが幸せであるかという定義が違う上で、教員は、意識的に、または無意識のうちに、自分の持つ「幸せイメージ」に子ども達がたどりつけるような実践を重ねる。


子どもが将来幸せに生きてくれることを願うことは共通認識のうちにあるとして。

だから、同じ「幸せイメージ」に基づいて話を進められると思ったら、そこにお互いのズレが生じる。


自分が、幸せのために絶対必要だと思っているものは、違う人の「幸せイメージ」の中では、子ども全員にとって絶対では無いかもしれない。「それもあるよね。」程度のものかもしれない。

と思って話さないと、ズレが生じる。


同じ「幸せイメージ」を持つ人と集い、語り合うのは、自分の「幸せイメージ」につながる実践を磨くためには必要なこと。自分の「幸せイメージ」につながるような実践を考える。実践に悩んだ時に、一番自分が附に落ちる話をしてくれるのは、同じ「幸せイメージ」を持つ人。全く違う「幸せイメージ」を持っている人にはわかってもらえない悩みであり、全く違う「幸せイメージ」を持つ人に相談しても、ピント外れのアドバイスをもらって困ってしまう場合が多い。


けれど、自分の実践から突き抜けるような何かを与えてくれるのは、同じ「幸せイメージ」を持つ人ではなく、似てるけど違う「幸せイメージ」を持つ人。自分に足りない所をつきつけてくれる。


ただし、自分に足りない所は、全ての子どもにとって本当に必要なのか?と問うことも大切。

自分の中に無いものを子ども達に伝えることはできない。

全ての足りない所を、自分のものにできるほど、人間はオールマイティーにはなれない。

足りないところを認めつつ、自分が一番得意とするフィールドで、子ども達が幸せな大人になれるように実践を磨く。


自分が、子ども達が幸せになるための絶対前提条件としている

ものは、自分の「幸せイメージ」や、自分の価値観という限定された部分における絶対前提条件なのではないか。ということに疑問を持ちつつ、それでも、自分の持っているものじゃないと子どもには伝えることができないので、自分が一番得意とするフィールドで実践する。

という立場をとって話を進めないと、相手の足りないところが気になりすぎて、自分のブレイクスルーに結びつかないんだろうなぁ。


ただ。

もうそろそろ、「上の立場の人が言うことに思考停止状態で従っていれば、出世して、幸せになれる」という、これからの日本の未来にはもう訪れそうもない「幸せイメージ」の強要とだけは、これからも闘っていかなきゃいけないんだろうな。どう考えても、それで幸せになれる時代は、もう、やってこない。そんな風に育てられてもブラック企業に使い捨てされるだけ。

iku-nakaiku-naka2016/02/23 20:55ご無沙汰です。そろそろ~っと戻って参りました(大汗)。
ぼちぼちやりたいと思います。また、よろしくお願いします(深々と礼)。

a-peanuta-peanut2016/02/27 00:00iku-nakaさん、お帰りなさい!!!!!!!
こちらこそ、よろしくお願いします!!