Hatena::Groupmanabiai

なっつの学校と育児生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

北海道の中学校で数学を担当しているなっつといいます。 連絡はこちらへ。(すぐは返信できないかもしれません。) apeanut_not_peanuts@yahoo.co.jp (@を半角@に変えてください)

『学び合い』について興味を持った方は、サイドのリンク集からそれぞれの資料へどうぞ。
「子どもの姿を語る会」メルマガ
にほんブログ村 教育ブログ 教育者(中学校)へ 人気ブログランキングへ Twitterボタン

2015-01-02

[]新年の抱負というほどでもないけれど。 00:15

あけましておめでとうございます。

今年もこのブログはぼちぼち更新していきたいと思います。

10回も書けたらいいかなぁ。

ちなみに、twitterはたまにしか(しかもどうでもいいことしか)投稿していないけれど、Facebookは頻繁に投稿しています。ブログのみの交流で、Facebookをやっている方は、『学び合い』関係者の友達の中から私のtwitterアイコンを探してみてください。


さて。昨日気づいたのですが。

私が目指しているのは、強烈にひっぱるリーダーではなく、子育てをしているお母さんのように、子どもの後ろについていき、子どもが道を間違えそうになったら「そっちじゃないよ、こっちだよ」とただしてあげるような、そういう教員になりたいのでした。

(今まで、そこまで明確に言語化したことが無かったのですね。)


子どもの力を借りる。任せられるところはどんどん任せる。それで、子どもが成長していくのを待つ。

自分の力でなんとかしようとしない。子どもと一緒に考える。


子育てだって、お母さんだけががんばると子どもはいびつに育つと思うのです。子どもに指示するのではなく、子どもに色んなことを頼んで、お願いして、弱みも見せて、その中で子どもを育てたい。(弱みを見せてはいけないみたいな主張もあるけど、弱みを見せないことで現れる歪みが与える影響の方を私は避けたいと思う。)


ちなみに、今日は、晩ご飯の仕度をしていると、娘(今年小学生になります)が「(味噌汁に入れる)豆腐切らせて~」と台所に来たので、ついでに大根の皮むきといちょう切りをお願いしました。

こういうことを喜んで楽しみながらやっていると、料理ができるようになるんだなぁと思って見ています。

最近は、包丁を持っている時に目を光らせなくても、ちゃんと危なくないように扱うことができるようになってきました。最初は危なっかしい扱い方をしていたけれど、ちゃんと扱い方を理由付きで教えて、それでも危ない時は声を出して、ということを繰り返していたら、できるようになるんですね。

もちろん私も、娘が味噌汁の準備をしてくれている間に他のことができるので、とっても助かります。


お母さんだけががんばろうとするのって。

「料理をするのは私の仕事だから、とってもおいしいものを食べさせてあげよう」とすると、当然、子どもが来ても「お母さんに任せて。おいしいもの食べさせてあげるから」になるだろうし、お母さんの時間はどんどん減っていき、まぁ、お母さんは手際よくできるようになるだろうけど、大変だし子どもも料理ができるようにはならないよね…。っていうことなんですよね。


本当は、子どもが料理を手伝えるようになれば、子どもにも力がつくし、お母さんも楽になるのに。


ということで。

「子どもに色んなことをお願いしちゃって、子どもが成長するのを待つお母さん先生」への道を究めていきたいと思います。

[]親であるということは、子どもが主人公であるということ 00:35

Facebookで、という記事が流れてきて。

そして、子育てを大変だと感じる本当の理由という記事も見て。


自分のやりたいことややりたくないことをして、家庭に迷惑をかけることができる立場って、実は、すっごい贅沢なんだろうなぁと思うのです。

迷惑をかけても、家庭が回るという状況があるということなので。


もっと何かうまくまとめられそうな気がしたので途中まで書いてみたけど、なんだかまとめられないので、ここまでで終了。

思いついたら続きを書くかもしれません。

toukonyukitoukonyuki2015/01/28 05:39初めまして、toukonyukiと申します。子育てしながらの教員の道、どういう存在として子ども達の成長を応援していくかというところに共感しました。私は昔はカリスマわめざしていましたが、自分には無理があると思い、『学び合い』に巡り会いました。今後ともよろしくお願いいたします。

a-peanuta-peanut2015/08/08 14:12toukonyukiさん
遅くなってごめんなさい!
最近全然チェックしていないので、今気づきました。

改めて、初めまして。北海道で、長く細々と実践しているなっつです。
これからよろしくお願いします。

ちなみに、私は最近行動の場をfacebookにうつしています。もしfacebookのアカウントを持っていらっしゃったら、西川先生の友達の中から、私のアイコン(同じのを使っています。)を見つけていただければと思います。