Hatena::Groupmanabiai

なっつの学校と育児生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

北海道の中学校で数学を担当しているなっつといいます。 連絡はこちらへ。(すぐは返信できないかもしれません。) apeanut_not_peanuts@yahoo.co.jp (@を半角@に変えてください)

『学び合い』について興味を持った方は、サイドのリンク集からそれぞれの資料へどうぞ。
「子どもの姿を語る会」メルマガ
にほんブログ村 教育ブログ 教育者(中学校)へ 人気ブログランキングへ Twitterボタン

2014-09-21

[]最初から全員同じ目標に向かうことのできる集団は、集団として間違っているし気持ち悪い。 00:48

来週は学校祭です。

学校祭では、合唱の他に、壁新聞などの制作物があります。

当然、さぼる生徒、意欲的に取り組むことのできない生徒が存在し、熱心な生徒、真面目な生徒はそういう生徒に対して不満を持ちます。そして、そういう生徒の反発を怖れて、正常な声かけ、やろうという誘いをしなくなっていきます。


ということで、こんな話を学級全体に。


最初から、全員同じ目標に向かうことのできる集団っていうのは、集団として気持ち悪い。

極端な話しをすると、「戦争やるぞ!」「おーーー!!」っていう集団は、絶対間違っている。そこに疑問を抱く人がいたり、やりたくねーっていう人がいたりする方が正常。

がんばりたいと思っている人たちは、そういう人が最初からがんばりたいと思っているわけではないことを知った上で、それでも一緒にがんばって欲しかったら、誘って、声をかけていくべき。

間違っても、責めてはいけない。責めても、その人たちががんばるわけじゃない。

そして、そういう人たちの反発の声を怖れて、声をかけなくなるのは間違っている。声をかけることで、動く人たちも6割はいる。反発の声を怖れて、声をかけなくなったら、反発する人たちの力の方が大きくなる。そうじゃなくて、声をかけて動く人たちが、動いた、その行動を見るべき。悪いところじゃなくて、いいところをいっぱい見るんだよ。そして、声をかけていくんだよ。


逆に。がんばらない、どうでもいいと思っている人たち。

そういう人が、反発の声をあげたら、がんばろうと思っている人たちにダメージを与えているということは知っていた方がいいよ。もし、がんばりたいと思っている人たちが倒れたら、その責任は、自分たちにもあるんだからね。そういうこともちゃんと知っていてね。

私は、現在、基本的には、行事の時にがんばらない人に対して怒鳴りつけたり、叱ったりはしません。がんばれない心の状態があるんだなぁと思います。

でも、その中でがんばっている人や、がんばれないけれどちょっとがんばってみたところは、しっかり見たいと思っています。

私が見なくちゃいけないのは、がんばりたいと思っている人たちが、将来的にもがんばっていけるようなやり方を、それぞれに合った形で身につけてくれるように手助けするだけです。


あとは、「~したい」を大事にしたいなぁ。

motoryoumotoryou2014/09/23 22:37共感します。

a-peanuta-peanut2014/10/04 23:22わかってくださり、ありがとうございます。
こんな感じでやっていたら、合唱コンクールは金賞でした^^

ogymogym2014/10/11 23:47>「戦争やるぞ!」「おーーー!!」
ものすごく分かりやすいです。

scorpion1104scorpion11042014/10/26 17:10金賞おめでとうございます(^.^)

a-peanuta-peanut2014/11/02 01:51>ogymさん scorpion1104さん
ありがとうございます^^