Hatena::Groupmanabiai

なっつの学校と育児生活 このページをアンテナに追加 RSSフィード

北海道の中学校で数学を担当しているなっつといいます。 連絡はこちらへ。(すぐは返信できないかもしれません。) apeanut_not_peanuts@yahoo.co.jp (@を半角@に変えてください)

『学び合い』について興味を持った方は、サイドのリンク集からそれぞれの資料へどうぞ。
「子どもの姿を語る会」メルマガ
にほんブログ村 教育ブログ 教育者(中学校)へ 人気ブログランキングへ Twitterボタン

2011-02-26

[]反省と分析。 00:28

今回私が学んだ、非常に大きなこと。

いっつも研究協議の際に発言を求められた時など、非常に感じ悪く発言してしまう私。

なんとか良いところを探して言おうと思うんだけど、うまいこと言えない。

なんでかなー。と思って、治したいなー。と思っていたのですが。


理由がわかりました。

ストレスに耐えきれなくなっちゃっていたんです。


私は、人の話を黙って聞くのが大嫌いです。

そして、時間のムダに非常に弱い。


従来型の効率の悪い授業を1時間も参観して(というか、どれだけ自分から参観したいと思った授業であっても、途中から参観させられている気持ちになってしまう。時間の流れが苦痛で。)、かなり機嫌の悪くなったところで発言を求められているんですね。

それに気づいていなかったから、気持ちの切り替えができずに、発言まで感じ悪くなってしまっていた。


今回の研究協議も、感じ悪くならないようにしようと思っているのに、結局やっぱり感じ悪くなっちゃう私。


でも、原因がわかったからまだなんとかできる??

次こそは。

ghjalghjal2011/02/26 02:57>学びのデザインとしては、従来型<「学びの共同体」<『学び合い』
これは私が考えている像とかなり似ています。でも、理念がどこを目指すのか。そこを見ると本質は違うのかも。でも、システムに乗っかって、理念を「みんなでみんなが」「子どもたちの力を信じる」に持っていくことはできないのか。
多分、相対する存在ではなく、共栄できる存在として、切磋琢磨していきたい。

a-peanuta-peanut2011/02/26 23:47>ジーンさん
その理念を持って何をしたいのかが違うのかなぁと思います。
『学び合い』は、何かをするための理念ではなく、ただただシンプルに考えていったら、授業のデザインも変わるんじゃない?っていう感じで、共同体は、あからさまに学校改革のための理念というか。
『学び合い』が、学校導入初期段階で共同体のシステムを使ったり、共同体が『学び合い』学校になったりするのはかなり可能性としてアリなんじゃないかなぁと思いました。
絶対、相対ではないと思います。