Hatena::Groupmanabiai

『学び合い』な日常

SNE6149です。
2011年3月にS大M研を卒業しました。現在は長野県内の中学校で理科の先生をしています。
新たな環境で『学び合い』を実践しております。
昨年度は異学年『学び合い』にも挑戦させていただきました。
最近『学び合い』の会に参加しておりません…いつでもメールをお待ちしています。
altus0623◎gmail.com(◎を@に変えてください)




2010-04-02新生

4名

昨日の理科教育分野での所属研究室決めの結果、

私たちM研には4名の2年生が入ってくれることになりました。

これで、M研のゼミ生は14名(去年より2人少ないですが・・・)となりました。

M先生も含め15名で新生M研のスタートです!


全体ゼミ

昨日、2年生に授業の取り方などを一通り教えた後、

全体ゼミはいつにするのか、という話し合いになりました。

一番授業数の多くなる2年生のことを考慮して、去年と同じ火曜日の放課後(6コマ)にしようということ、

そして、去年の経験から30分早めても大丈夫であるということから、

ヘッダーにもあるように17:30~19:00になりました。


昨年度から今の4年生は全体ゼミをどうやって運営していくかを考えています。

その方法はよく考えられているものですが、どうしても『学び合い』のことは、

M先生か、N先生とM先生の著書に頼りざるを得ません。

私としては、後輩たちにもっと現場の生の雰囲気を味わってほしいと思っています。

(もちろん理論も大切ですが、今は理論に偏りすぎている気がします。)

これからは、『学び合い』の授業見学やセミナー等への参加、逆に現場の先生方を全体ゼミにお呼びして、

普段の子どもたちの様子や教師の役割などをお話していただけたらなーと、一人妄想しています。

妄想が現実となるようにとにかくアクションを起こしていこうと思います。

まずは、中信の会の告知からですかね。

トラックバック - http://manabiai.g.hatena.ne.jp/SNE6149/20100402
最近のコメント
最近のトラックバック