信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは毎週月曜日18:00-19:30に行っています(次回は4月9日からです)。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2018-02-19   期待

[] 04:30    期待 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    期待 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

長野県内で

 小学校中学校理科の中心となって活躍できる教員の育成を目指して取り組み始めたコア・サイエンスティーチャーの試みが11年目を迎えようとしています。今,新年度計画立案の時期と重なり,認定の時期ともなっています特に学生諸氏にとっては3年間をかけて資格取得に向けて取り組んできた総仕上げのときです。学校で中心となって活躍できる人材として卒業する上で必要資質能力をしっかり身に付けて教壇に立ってほしいと願うばかりです。活躍している先輩諸氏に続いてください。長野県理科教育をになってくれることを期待しています

2018-02-17   地元企業と協働

[] 08:05    地元企業と協働 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    地元企業と協働 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

今週はデュアルシステム協力企業会の研修会に

 呼んでいただいて,これから学校教育に求められるものについて話をする機会をいただきました。2015年11月24日,同年12月28日に書きましたが,デュアルシステム学校企業協働して地域産業の核となる人材を育成するシステム活用した職業教育です。本県の須坂創成高等学校先進的に導入し,この3月に第1期生卒業されるそうです。地域密着型で地元企業協働しながら,地域で中心となって活躍できる人材を育てる試みとして期待されます

ビジョンがあったとしても

 2060年には長野県人口2010年の64%の161万人に減じる予測がまとめられています。今後の教育は,須坂創成高等学校のように学校企業協働して,相互に支え合って共に生きていくことのできる人材の育成が要になっていきますSSH,SGH以外の普通科高等学校のあり方についても話をさせてもらったところです。少子・人口減少社会におけるデュアルシステムによる学校の果たす役割真剣に考えていかなければならない時代と言えます

2018-02-16   請われたら尽くす

[] 06:00    請われたら尽くす - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    請われたら尽くす - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

冬季オリンピック

 様子が報道されています。中でも卒業生活躍は嬉しいものです。卒業生と13年間一緒に歩んできたという本学系の結城教授談話が載っていました。「1.5」という言葉かけをするとのことですが,自動化されている者同士にしかからない一言です。自身選手の時に指導者がいなかったそうで,請われたら尽くすとのことです。オランダ留学後もビタミン効果分析結果を指導しているとの報道です。共感するところが大いにあります私自身も,本当に困ったとき自分業務を後回しにして助けてもらった経験があり,それ以来,請われたら尽くすよう心掛けています二人三脚とも言える卒業生活躍を心からお祝い申し上げます

2018-02-06   学生から教えられること

[] 07:32    学生から教えられること - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    学生から教えられること - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

後期の試験を受けた彼らから

 教えられることがあります。彼らは試験が終わって時間になると,三々五々退室していきます。そのとき,です。必ずと言っていいほど,テーブルの上に残っている消しゴムのかすを片手でテーブルの上から端まですべて集めて,もう片方の手のひらでその削りかすをていねいに受けて,その削りかすだけは絶対に落とさないぞと言わんばかりにぎゅっと握りしめて教室を出て行くのです。そう,自分試験ときに使った消しゴムによって生じる削りかすです。

じっと見ていると,

 あっちの子もこっちの子もそっちの子も,です。4人,5人,6人,と。そこまで数えて,数えるのを止めます。私は指示を出していません。試験前に読むことになっている学務係から指示書にも書かれていません。いったい,彼らはそんな文化をどこで身に付けるのでしょうか。一人ならまだしも,途中で数えるのを止めるくらいの人数です。来たときよりもきれいにとよく言いますが,誰に言われるまでもなく,自ら実行することはなかなかできることではありません。

しかしそれは,

 本学部で当たり前の風景です。試験間中の何気ないほんの1コマですが,彼らから心温まる幸せのお裾分けをもらっています。彼らの人生に幸あらんことを願っています

2018-01-29   どれだけ知っているでしょうか

[] 07:25    どれだけ知っているでしょうか - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    どれだけ知っているでしょうか - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

文部科学省教育大学教員に,

 学校現場での経験を求めています教育大学教員学校現場のことをどれだけ知っているでしょうか。かつて自然認識のペーパー調査が盛んだった頃に,○○を知っていますかという調査が数多く行われました。サクラを知っていますかといった具合です。私もホタル認識調査中学生対象実施したことがありますが,知っているというので知っているのなら書いてご覧と書かせてみると,だいたいがゴキブリになります。何を持って知っているのかの判断は,調査側と被験者側でずれが生じるのが常です。

教育実習生が4週間の教育実習を終えて,

 学校現場のことを知った(知り尽くした?)と誤解する現象はよく知られたことです。子どもたちにとって教育実習は,彼らの日常学校生活からしてみれば言わば非日常的な現象でありその非日常現象を見て日常現象を知ったと思うところが誤解を招くことに依ります。それでは大学教員大学研究者と換言してもいいかもしれませんが,学校現場日常的な現象をはたしてどれだけ知っていることでしょう。

学校現場で日々起きている

 日常現象に目を向けてそこに表出する子どもたちの学びの実態に正対して,それも1回や2回ではなく,長期にわたってじっくりと彼らと関わりながら,彼らの学びの変容や非変容と折り合いを付けながら彼らの成長を見守って,初めて彼らの日常的な学校における学びを繙くことができるのです。たとえ,教科における学習であったとしてもです。ある一つの単位時間に見せる彼らの学びの断片は,それまでの学びの履歴の蓄積によって導出される現象であるだけに,その断片だけを見てその子の学びを評価することが的を得ていないことを理解すべきです。

学校現場での断片的な現象

 に目を留めて学校現場を知っていると思っている教育学大学教員には,日常の教科の授業で日常的に起きている現象に関心を持って目を向けてほしいと願うばかりです。

5gatu