信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-12-04   学習支援

[][] 07:04    学習支援 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    学習支援 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

ゼミ生が被災したT中学校

 学習支援ボランティアに行っています理科教育コースですので,理科はもちろんですが数学担当します。授業がある中,またインフルエンザが現れつつある中,体調を整えて授業の合間を縫って子どもたちのために力を尽くしてくれていることにエールを送ります子どもたちが1日も早く元の生活に戻ることができるようみんなで応援しています

2019-11-22   遭遇

[] 06:15    遭遇 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    遭遇 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

ある日,出張に出かけたときのことです。

 交差点で赤信号を待っているときに,ふっと右手の反対側歩道を見ると,小学校第3学年か第4学年と思われる30人ほどの児童のみなさんの一団が学級担任と副任の先生に引率されて社会見学に出かける途中なのではないかと思う風景に遭遇しました。彼らも赤信号で待っています。しばらく見ていると,向こうもこちらも見つめてくれています。じっと見ていると向こうの子どもたちが何人も何人もこちらを見始めますしまいに,一人の子が手を振ってくれました。

私も手を振ったところ,

 信号を待っていた子どもたちがみんなで手を振ってくれました。心和みます。窓を開けたところ,「あ,気づいた」の声。「おはようございます」と元気なみんなの声。嬉しい。引率の先生までお辞儀してくれました。「おはようございます。気をつけて行ってきてね」と返したところで,青信号さようならバイバイをして通り過ぎたところです。その日一日とても爽やかに過ごすことができました。どこの小学校か分かりませんが,先生子どもたちに感謝です。社会見学における子どもたちの学びが充実したものになりますように。

2019-11-21   卒業生

[] 06:30    卒業生 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    卒業生 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学校訪問すると,

 卒業生に会うことがあります。立派に活躍してくれていることが何より嬉しいことです。「先生,覚えてますか?」と言われて,よくみると当時の面影を見いだすことができると,笑みがこぼれてしまます。懐かしさとともに嬉しさがこみ上げてくるからです。こちらこそ,10年も前なのに,覚えてくれていて声をかけてくれるその思いが嬉しいです。一緒に頑張りましょう。

2019-11-19   作品

[] 06:24    作品 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    作品 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学部附属特別支援学校高等部のみなさんが

 授業で作っている作品があります。それら一連の作品販売会で市販されています。先日,購入させていただいた皿2枚は毎朝,我が家食卓を彩ります。2枚の皿を見る度に,心を込めて作ってくれた彼らの笑顔を思い出します。そのたびに朝ご飯が美味しくなるから不思議です。毎朝,丹精込めて作ってくれた彼らの心に支えられています

2019-11-17   本質

[] 09:10    本質 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    本質 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

外面から見ただけでは,

 なかなか内側の内面を知ることはできません。表面だけをとらえたとしても,その内側にあるものを把握することはそう簡単にできるものではないので誤解してしまったり,表面のそれだけで判断して本質を見逃してしまったりします。教育に限らず,本質理解共感することはなかなか難しいことです。

長野市内の様子も

 表面的には落ち着いてきました。しかし,被災したみなさんや子どもたちのケアはこれから始まると言ってもよいのかもしれませんし,これからも続きます。元気そうに見える子どもたちの内側にどのような不安心配が潜んでいるのかそれをどのように支援していくことができるのか,みんなで考え支えていきたいと思うところです。一緒にやっていきましょう。

5gatu