信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-10-03   スケジュール管理

[][] 06:26    スケジュール管理 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    スケジュール管理 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

今年もまたその時期が来ました。

 4年生の卒業までのスケジュール管理が始まったことです。卒業までに10項目の達成が必須です。10項目とは,

日本理科教育学北陸支部大会(新潟大学)発表原稿

日本理科教育学北陸支部大会(新潟大学)発表ppt

日本科学教育学会第4回研究会(上越教育大学)発表原稿

日本科学教育学会第4回研究会(上越教育大学)発表ppt

⑤臨床教科教育学会第18回セミナー(全国大会)(信州大学)発表原稿

⑥臨床教科教育学会第18回セミナー(全国大会)(信州大学)発表ppt

卒論発表会発表原稿

卒論発表会発表ppt

卒業論文本体

投稿論文(査読付き学会投稿),

です。

研究室は,

 卒業論文を書くだけではなく,それまでに学会発表3回をこなします。彼らにとっては,卒論発表会よりも学会発表の方が大変かもしれません。それに加えて,卒業論文を1.5人論文にしないためにも投稿論文に仕上げて学会投稿(査読付)してようやく終了となります。すでに「①日本理科教育学北陸支部大会発表原稿」が脱稿しました。あと9項目です。投稿論文学会への投稿(査読付)というゴールを目指して,何から始めてもどんなペースで進めても誰に手伝ってもらってもOK。さあ,ゴール目指してレッツ・ゴー。

2019-10-02   誇り

[][] 06:49    誇り - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    誇り - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

4年生の卒論調査

 結果が出るとやはり嬉しいものです。卒論で結果が出る=卒業に値する=投稿論文としての価値がある=オリジナルで全国に通用する,からです。それを1発で出してくる(夏休み明けの最初個人ゼミでまとめてきた)のですから,今年の4年生はさすがです。例年に比して,調査時期も遅くなった上にフォーラム等でいろいろあって多忙を極めていて大変でしょうが,そんなことは一言も言いませんし,一切愚痴はこぼしませんし,嘆きもせず文句も言わず,常に前向きで誠実に一生懸命です。正直,舌を巻きます。見事に期待に応えてくれてありがとう。誇りに思います

2019-09-13   見応え

[] 06:34    見応え - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    見応え - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

教育実習が後半を迎えると,

 全校研究授業が行われます代表実習生が授業を全校に公開し,一部の実習生だけではなく多く参観するものです。附属長野中学校で行われたその全校研究授業を参観する機会がありました。授業者私たち研究室ゼミ生であったことに依ります。第1学年理科アンモニアの噴水です。ゼミ生だからと言うわけではありませんが,見応えのある実に充実した授業でした。育てたい資質能力を踏まえてその習得に向けて,積み重ねて行っているようすが伝わってきます。よく頑張りました。

2019-09-12   目的

[] 07:18    目的 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    目的 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

授業を構想,実践する

 ときには必ず目的必要です。この授業はどんな目的で構想したのか、その意義はどんな点なのか考えながら構想,実践します。しかし,それが子どもたちに伝わることはありません。それでも,その目的・意義が子どもたちに知らず知らずのうちに伝播していることが理想です。そこにずれが生じることによって,授業の良さが影響を受けることもあります。ずれが大きければ大きいほど、子どもたちのいわゆる主体性も低減することでしょう。授業検討会の時に授業者から話しを聞いて初めて知ることも多いです。

学部・附属共同研究

 理科部会では,毎年,教育実習生の授業実践を通して,協働的に教育研究を進めています。先日,その教育実習生の授業実践を附属長野小学校で参観する機会がありました。授業者となった実習生が明確な目的を持って実践していたことに驚くとともに,見事な教育実践に感嘆したところです。指導してくださった先生のご尽力の賜ですが,月並み表現をすれば,子どもたちの思いと願いを充分にくみ取って授業づくりに臨んでいたことがよく分かる授業であっただけに,素晴らしさを感じたのです。よくがんばりました。

2019-09-11   感謝

[] 06:55    感謝 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    感謝 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

教育実習中の

 本学部附属特別支援学校を訪れてみると,ちょうど朝の運動として真っ青な青空の下で校地内を走っている最中です。自分目標があるのでしょう、自分のペースで自分なりにその日のゴールに向かっています。中には、友だちと一緒にその日の話題とともにゴールに向かいます。がんばれと声をかけながら、実は彼らからがんばれと励まされていることに気づきます

彼らのひたむきさ,彼らの純粋さ,

 彼らの仲間への思い,そして何より彼らの笑顔が心揺さぶるのです。彼らが頑張っている姿を見せてもらうと,がんばろうと思う自分がいます。送ったエールこだますかのように帰って来ます。彼らのお陰でさわやかな1日を過ごす事ができました。感謝しかありません。

5gatu