信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-07-02   素敵

[] 04:49    素敵 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    素敵 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

素敵な子どもたちのいる

 学校に出前授業に行ってきました。その子どもたちは魅力的です。1年生は礼儀正しく5分前にはみんなで着席して目を輝かせながらこっちを向いてくれます。2年生は自己表現力に長けた子どもたちばかりでにこにこしながら手を振ってくれます。有り余るばかりの力を迸らせながら目標達成に一目散です。こちらが圧倒されます。そんな子どもたちに会うことができて幸せ者です。

1年生は

 整然としていて礼儀正しく明るくにこやかに話していてとても爽やかです。入学3ヶ月でこれだけの魅力を振りまいてくれる様態に育ててくださっている学年部の教育方針は魅力満載です。この子どもたちはそんな先生方があってこその育ちだと思わせてくれます。最高学年になったときの彼らの素晴らしさが今から楽しみです。困っている子どもたちを見捨てない,困ったときには助けてもらう,そんな文化を十分に感じさせてくれました。嬉しいです。全員○が付くのが納得できます。また会いたい。

2年生は

 元気が良く表現力に長けていて,のびのびと成長している様子が十分に伝わってくる魅力満載の子どもたちです。物怖じせずに初対面の人間に積極的に会話を試みてくれる様態は,十分に主体的で対話的そのものであると確信を持たせてくれます。ジェンダーも全く心配なく,素直さと対話力を十分に持ち合わせている彼らにはこちらが目を白黒させてしまうほどの生きる力を感じます。友だち思いの○のつけ方に彼らの良さが凝縮されています。全員○も当たり前なのがよく分かります。もう一度会いたいと思わせてくれるのですから彼らの魅力はピカイチです。

魅力的な子どもたちを

 育ててくださっている先生方の日頃のご尽力に心から敬意を表します。また会いたいと思わせてくれる子どもたちにはそう何度も会えるものではありません。機会をくださった校長先生に心から感謝申し上げます。

2019-06-29   次

[] 07:06    次 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    次 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

次の出前授業は

 中学校第1学年理科の単元「身の回りの物質」(全26単位時間の第2時)です。教科書は未来へひろがるサイエンス啓林館です。送ってもらった資料から本時の目標を「全員が,①物質と物体の違いは何か,②謎の物質XYZはどのようにすると区別できるのか,③その理由を性質から説明するとどうなるのかについて,クラスのみんなによく分かってもらえるように分かりやすく,自分の言葉で説明することができる。」としました。①どのような評価をするのか(何も見ないで誰にも聞かないでまとめること),②評価規準(確認テストができること),③いつ評価するのか(授業の最後の10分(授業の時には「◎時◎分」と板書します)になったら始めること)は,活動する前に子どもたちに明示します。誤解されないように言わせてもらえば,『学び合い』ですから,確認テストをしなければ『学び合い』ではないということではありません。学習指導案(略案)は http://taka433ki.jimdo.com/ に公開しています。

2019-06-28   次

[] 10:15    次 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    次 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

次の出前授業は

 中学校第2学年数学の単元「一次関数」(全19単位時間の第1時)です。教科書は新しい数学東京書籍です。送ってもらった資料から本時の目標を「全員が,p.55の表を見て,水の温度の上がり方について,時間と温度変化がどのような関係になっているのかについて,クラスのみんなによく分かってもらえるように分かりやすく,自分の言葉で説明することができる。」としました。①どのような評価をするのか(何も見ないで誰にも聞かないでまとめること),②評価規準(確認テストができること),③いつ評価するのか(授業の最後の10分(授業の時には「◎時◎分」と板書します)になったら始めること)は,活動する前に子どもたちに明示します。誤解されないように言わせてもらえば,『学び合い』ですから,確認テストをしなければ『学び合い』ではないということではありません。学習指導案(略案)は http://taka433ki.jimdo.com/ に公開しています。

2019-06-11   素敵な子どもたち

[] 05:27    素敵な子どもたち - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    素敵な子どもたち - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

出前授業に行ってきました。

 4年目の学校です。何回行っても,この学校の魅力には圧倒されます。その都度,この学校の教育の素晴らしさを新しく見つけることができるからです。今回も例外ではなく,感動させてもらえるシーンが待っていました。一つは,2年前におじゃましたときに授業をさせてもらった子どもたちが私のことを覚えてくれていたことです。授業の内容まで覚えてくれていたことには感激です。立派に成長し,学校をリードする最上級生になって共生集団の一員としてその学校の文化を創ってくれていました。育ててくださった先生方に敬意を表します。

2つめはオリエンテーションの時。

 「グー出してあげる」と言う子どもたちが現れたことです(この意味するところの重要性は,分かる人にしか分からないと思いますからすみません)。それも,私が何も指示していない状況でのその子どもたち自身による判断と行動である点,さらには隣の子ではなく,5列ほど離れた列の後ろと前という相当な距離を有した状況下で相手に聞こえるような声量ではっきりと意思表示した点,そしてその状況下が大勢残っていたものではなく周りの子どもたちがだれも声かけしていない状況下でパブリック的に発生した点が特筆すべきことです。ローカル会話として現れることはありましたがパブリック会話としては前代未聞です。感涙です。こんな子どもたちを育ててくださっている先生方に敬意を表しています。

感動をくれる子どもたちですから,

 オリエンテーションのときからその学びの質が違っています。集中力の見事さは類を見ません。はいどうぞからとたんに一直線に目標達成に向かうアグレッシブなほどの積極性と協調性には目を見張ります。そのメリハリは一朝一夕に育つものではありません。時間経過に伴う,いわゆる主体的・対話的で深い学びへの加速がまた凄いのです。目が点になり白黒してしまいます。もちろん,ひとりぼっちになっている子どもたちなどいるはずがありませんし,困っている子は大丈夫かなあなどという心配は全く必要ないのですから,驚きです。この学校にとっては何の驚きもないのかも知れませんが,数多の学校を見ている者にとっては思わず唸ってしまいます。可視化を必要としない学校など数えるほどしかありませんから。

本番の授業は

 推して知るべし。私のしたことと言えば,にこにこして見守っただけで28分もの間,何もしなかったこと。それもこれも,私の力ではなく,この学校の子どもたちの持っている素晴らしい力の成せる技です。この地域からは,日本で活躍する人材が何人も輩出されていると言いますから,なるほどなあと納得してしまいます。また会いたいと思うような素敵な140名の子どもたちに会うことができて幸せ者です。機会をくださった校長先生に心から感謝します。

2019-06-09   次

[] 05:48    次 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    次 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

次の出前授業は

 中学校第1学年家庭科の単元「衣生活と自立」(全8単位時間の第5時)です。送ってもらった資料から本時の目標を「全員が,①衣服には手入れが必要な理由を汚れを放置するとどうなるのかについて,②動物繊維と合成繊維ではどのような手入れをするのか,③植物繊維と合成繊維のアイロンのかけ方が違うのはなぜかについて,クラスのみんなによく分かってもらえるように分かりやすく,自分の言葉で説明することができる。」としました。①どのような評価をするのか(何も見ないで誰にも聞かないでまとめること),②評価規準(確認テストができること),③いつ評価するのか(授業の最後の10分(授業の時には「◎時◎分」と板書します)になったら始めること)は,活動する前に子どもたちに明示します。誤解されないように言わせてもらえば,『学び合い』ですから,確認テストをしなければ『学び合い』ではないということではありません。学習指導案(略案)は http://taka433ki.jimdo.com/ に公開しています。

5gatu