信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-10-09   難しい事

[][] 07:17    難しい事 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    難しい事 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

わかっている人が

 わかっていない人に伝えるのはなかなか難しい事です。自動化しているからです。当たり前のように使っているので,当たり前のように使っている言い回しを改めてわかりやすく説明しようとなるとやっかいなのです。教科専門もその一つです。教育界にいる人ならば日常的に使用する言葉でしょうが,そうでない人にとってはそれは何?ということになります。説明するにはそこに至る前の丁寧な文脈が必要です。FDもそうです。FDはわかりますか?過去には「ここでお昼を食べてもいいですか?」というのもありました。お昼って何?

学校の教室の中でも

 同じ現象が起きています。起きていると言うことを知っていて授業をするのと知らずに授業をするのでは天と地ほどの差が生じます。子どもたちにとっては,はじめて耳にする言葉や言い回しでしょうから,それって何?と思うのでしょうが,教師にとっては当たり前の言葉や言い回しと思われるでしょうからそのまま先に進んでいきます。そのときにその場で,それって何?と聞くことができなければわからないまま通り過ぎていきます。それを取り戻すためには相当の労力と時間を要します。その積み重ねが,学力低下を招く一因です。

5gatu