信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-10-18   感謝

[] 06:44    感謝 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    感謝 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

我が附属長野小学校・附属長野中学校・附属特別支援学校は,

 このたびの台風19号による甚大な被害を被った地域の縁に位置します。救助のヘリコプターを目の前に見ることのできる距離です。お陰様で,3校とも大きな被害なく学校生活・教育活動を行うことができています。下水道処理施設が被災したことにより,下水道への排水を自粛しており,附属長野中学校では洗い物を少なくするために一時的に湯茶等を紙コップで利用しています。

また,被災地からの情報で,

 タオル,ティッシュ,濡れティッシュが不足しているとのことでしたので,附属長野中学校では被災地に届けることができるそれらのものを募りました。そうしたところ,保護者の皆様方から職員玄関前に山のようにタオル等が届けられました。みなさまのお気持ちが本当に嬉しいです。ご協力くださったみなさまに心から感謝申し上げます。即日,被災地に届けられました。

2019-10-17   ラウンドテーブル中止

[] 11:21    ラウンドテーブル中止 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    ラウンドテーブル中止 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

10月19日(土)に予定していた

 信州ラウンドテーブル2019が中止となりました。これは,本学部附属学校園が毎年,長野地区・松本地区で交互に開催している教育研究成果の全国への還元の一環として位置付いています。本学部附属学校園は,松本地区と長野地区で研究発表会をそれぞれ2年に1回行っています。本年度は松本地区で研究会が開催されました。次年度は長野地区です。その繰り返しとなっています。その研究会が開催されない地区で行っているものが冒頭のイベントです。今回は,台風19号に伴う長野市はじめ長野県下各地の甚大な災害や被害に係る対応,支援等を優先させていただくことに依るものです。今後とも我が附属学校園の教育活動にご理解,ご協力をよろしくお願いいたします。

2019-10-16   自分には何ができるのか

[] 07:05    自分には何ができるのか - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    自分には何ができるのか - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

ラグビー・ワールド・カップが

 日本国内で開催されています。日本が決勝トーナメントに出ることができたことが大きく報道されているので,ラグビー・ファンではない私でもその魅力に注目します。一概にプロトタイプ化して言及することが必ずしも当てはまることではないでしょうが,報道に依れば,前回のワールド・カップ出場の時は,HCの指示を愚直に忍耐強く繰り返して実行するタイプのチームとして結果を出したのだそうですが,今回のワールド・カップではHCが交替して,フィールドで選手たちが最善の方法は何かを自分たちで考えて判断し実行するタイプのチームに変貌して結果を出しているそうです。最善のためには,今,自分たちに何ができるのかをそのときに考え判断し実行することがとても重要で大切なことであることを,このラグビー・ワールド・カップで日本チームが教えてくれています。

長野市内で直接被災した地区では,

 今,下水道の利用が止められていると聞きます。長野市では,今,あちこちで「下水を流すのを控えましょう」「油物の調理を少しにしましょう」「お風呂よりシャワーを」という呼びかけが進められています。下水をできるだけ流さないようにして協力しようという市民の配慮なのであろうと思います。市民の一人として,自分には何ができるのか,最善のために何をすべきなのか,大学人として自分に何ができるのか,最善のためにはいったい何をすべきなのか,を考えます。このたびの台風19号によりお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りするとともに,ご遺族のみなさまに心よりお悔やみ申し上げます。また,被災された皆様に心より見舞い申し上げます。一日も早い復旧・復興を心より祈念しております。

2019-10-15   24時間体制

[] 07:06    24時間体制 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    24時間体制 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

24時間体制で

 復旧に向けて取り組んでくださっているみなさんがいます。ヘリコプターや救急車の音が途絶えることはありません。チームを組んで県外から救援に駆けつけてくださっているみなさん,走っていく消防関係のみなさんはその一例です。ありがとうございます。被災された皆様,そして子どもたちが,一日も早く平穏な生活が送れますことを心より祈念申し上げます。

2019-10-14   魅力的

[] 07:12    魅力的 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    魅力的 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

木曜日は教職大学院の日です。

 本研究科のいわゆる教職大学院が拠点校方式をとっている関係で,本学部附属学校には毎週のように足を運びます。附属特別支援学校に行ったときのことです。高等部,小学部,中学部と順に回って子どもたちの様子を参観します。高等部は11月に販売会を予定しているとのことで,心のこもった作品を仕上げています。予約が入っているものもあると彼らから教えてもらいました。さもありなん。仕上がった作品を見せてもらうと,私でさえ買いたくなるような,デザイン性,商品性に優れたものばかりだからです。

小学部の児童のみなさんとは

 体育館で運動をさせてもらいました。一緒に体を動かすと,さすがに運動不足のせいですぐに汗ばみます。体育着がいるなあと思うほどです。子どもたちが招いてくれることが何より嬉しいことです。実に楽しい一時を過ごすことができて幸せです。中学部の生徒のみなさんはみんなでリクリエーションができるように機材と賞品の教材づくりです。仕上げられた教材を見せてもらったところ,これがまた実に精巧に作られていて,やってみるとはまります。キーホルダーやバッヂも魅力的で,ほしいものの一つに加えます。

2019-10-13   台風19号

[] 07:47    台風19号 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    台風19号 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

台風19号の通過に伴って

 ゆうべは大変な雨風でした。台風の大雨による増水の影響で,長野市内の千曲川が越水したとの情報です。2階まで浸水したという情報もあります。道路には枝が散乱しているようです。被災した皆様に心からお見舞い申し上げます。

2019-10-12   サプライズ

[] 09:38    サプライズ - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    サプライズ - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

良いことや悪いことが

 前触れもなく突然やってくるのは世の常です。前兆があれば心の準備もできるでしょうが,だいたいいきなりやってきます。良いことを期待して準備していたり悪いことを避けるために準備していたりするのであれば,心構えがあるでしょうが,そうでない場合には良いことならサプライズですし,悪いことならショックです。後者なら,想定していないだけにどのように対応して良いやら戸惑ってしまいます。

10年ぶりに

 三崎研OBの修了生が遠方から飛行機に乗って訪ねてきてくれました。久しぶりに会うことができて嬉しかった。10日・11日に僻地全国大会が長野県で開催されたことに伴って出張してきたことによるとのことです。元気そうにミドル・リーダーとして活躍してくれていることが何より嬉しいことです。文科省の研究指定校で研究主任をしているとか。「いずれ,先生をお呼びします」に感涙です。良いことが突然やってきてサプライズでした。気をつけて帰ってください。

2019-10-11   感動をありがとう

[] 07:02    感動をありがとう - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    感動をありがとう - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

長野市周辺の30の中学校が

 いくつかのグループに別れて,長野市芸術館で一堂に会して合唱を披露する音楽会を見る機会がありました。本学部の附属長野中学校の第3学年の生徒全員のみなさんが参加していたからです。どの学校の生徒のみなさんの歌声もメイン・ホール一杯に響いていて素晴らしく,とても印象的な合唱でした。

手前味噌ながら,

 中でも本学部附属長野中学校の第3学年の生徒のみなさん全員による学年合唱は,それはそれは聴き応えのある見事な合唱で我々の心の奥深く響き渡り,特にいつまでも心に残っています。彼らが秀逸なのは,耳にいつまでも残る女性パートの伸びのある高音の響きとお腹にずしんとくる男性パートの重層な響きです。加えて,応援歌のような音量だけに依存するような物理的な音ではなく,音量の凄さが音色とハーモニーのバランスとマッチして実に見事に奏でられていて,背中がぞくぞくします。さらには,強弱がはっきりしている上に弱い音色がただ小さいだけでなく,伸びのある柔らかさを持っているから魅了されます。

1曲目も2曲目も

 感動して圧巻です。ピアノも素晴らしく歌声と見事なバランスでうっとりします。彼らの学年合唱をメイン・ホールで聞く機会をもらうことができて幸せです。ブラボー!身震いするほどの感動をありがとうございました。あなたがたは我が大学の誇りです。聞く者に感動を与えてくれる歌声に指導してくださった音楽の先生,そして3年間の集大成としての最高の勇姿を披露できるまでに育ててくださった諸先生方に心から感謝します。

2019-10-10   エビデンス

[][] 07:03    エビデンス - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    エビデンス - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

今年もノーベル賞の

 発表の時期になりました。今朝のトップニュースはノーベル化学賞受賞の話題です。ノーベル賞は,その分野で大いなる成果を上げたことに対する最高の評価の一つです。成果が広く社会に還元され,生活が豊かになっていくことは素晴らしいことです。ノーベル賞を例に挙げるまでもなく,我々がなにか事を成したときには,成果が求められるのが常です。

教育界においても,

 近年はエビデンス(証拠)としての成果が求められてきています。資質・能力を育成すると言ったときには,どのような資質・能力がどれだけ育ったのかを証拠といて示すことが求められます。それは教育研究の成果としてではなく,日々の教育実践の成果として求められるようになってきている点が特徴です。掘り下げていくと,日々の1単位時間ごとの授業に当てはめることができます。我々は,日々の授業でのエビデンスを1単位時間ごとに示せるでしょうか。『学び合い』の考え方に基づいた授業では可能です。

2019-10-09   難しい事

[][] 07:17    難しい事 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    難しい事 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

わかっている人が

 わかっていない人に伝えるのはなかなか難しい事です。自動化しているからです。当たり前のように使っているので,当たり前のように使っている言い回しを改めてわかりやすく説明しようとなるとやっかいなのです。教科専門もその一つです。教育界にいる人ならば日常的に使用する言葉でしょうが,そうでない人にとってはそれは何?ということになります。説明するにはそこに至る前の丁寧な文脈が必要です。FDもそうです。FDはわかりますか?過去には「ここでお昼を食べてもいいですか?」というのもありました。お昼って何?

学校の教室の中でも

 同じ現象が起きています。起きていると言うことを知っていて授業をするのと知らずに授業をするのでは天と地ほどの差が生じます。子どもたちにとっては,はじめて耳にする言葉や言い回しでしょうから,それって何?と思うのでしょうが,教師にとっては当たり前の言葉や言い回しと思われるでしょうからそのまま先に進んでいきます。そのときにその場で,それって何?と聞くことができなければわからないまま通り過ぎていきます。それを取り戻すためには相当の労力と時間を要します。その積み重ねが,学力低下を招く一因です。

2019-10-08   詰め

[] 06:45    詰め - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    詰め - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

全体ゼミと事務局会議で

 フォーラム2日間のタイム・スケジュールの詰めの作業です。ゼミ生が役割分担をしているので、特にB2のゼミ生のみなさんがいつだれがどのように動くのかを確認する作業は欠かせません。わかってくれたとしても実際にそのときになってみると戸惑うことが多く出てくるのは常です。店長様から同席してもらって,懇親会の詰め作業も行いました。長野ならではでの食材と飲料を用意してもらえることとなり,参加されたみなさんに満足してもらえそうでありがたいことです。みんなで創るフォーラムがいよいよです。

2019-10-07   異学年学習

[][] 06:50    異学年学習 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    異学年学習 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

異学年学習は,

 『学び合い』の考え方に基づいた授業実践によって成果を挙げることができることが数多く報告されています。異学年による学習が効果的であるということが証明されているわけです。しかし,従来から学校現場では,異学年学習と称さずとも,異学年による学習が行われてきています。いわゆる縦割りです。上学年のこどもたちが下学年の子どもたちと一緒に教育活動を行います。小学校における異学年での登校もそれに当たります。

先日行われた

 本学部附属長野中学校の学習発表会でのディスカッションも,縦割りによるものです。第3学年の生徒の皆さんが二人,第2学年の生徒の皆さんが二人,第1学年の生徒の皆さんが二人で6人1グループを構成します。兄弟学級とのことです。総数100グループができています。限られた時間の中ですべてのグループを見ることはできませんでしたが,私が見たグループではすべて第3学年の生徒の皆さんがイニシアチブを取って進められていました。見事なものです。

内容は,

 各学年で取り組んで来た総合的な学習の時間での経験から導き出された各人のテーマについてです。6人いますから,第3学年の生徒の皆さんのリードによって6回の議論が展開しています。ですから,必ず自分のテーマについて異学年の学習としてみんなで議論してもらえる機会と場が用意されていることになります。各学年の子どもたちによってよく考えられたテーマが選りすぐられていますし,第3学年のみなさんによる進行も選りすぐられています。

学び合い』の考え方とは言わないにもかかわらず,

 『学び合い』の考え方が彼らに享受されているかのごとく,異学年の学びの様態が随所に見られる点はヒドン・カリキュラムとしての評価も得られる素晴らしさです。第3学年の生徒の皆さんによる第2学年・第1学年の生徒への心配り,第2学年の生徒の皆さんによる第3学年の生徒の皆さんへの質問と第1学年の生徒の皆さんへの思いやり,そして第1学年の生徒のみなさんの第3学年・第2学年の生徒の皆さんへの積極的な働きかけが,その魅力を引き出しています。異学年による学びは,文化を創り出す原動力です。

2019-10-06   拡大実行委員会

[] 08:01    拡大実行委員会 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    拡大実行委員会 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

一昨日は拡大実行委員会。

 忙しい中集まってくださったスタッフの皆さんに感謝です。詰めの作業が続きます。特に,2日間のタイム・スケジュールは念入りに検討してもしすぎはありません。それに合わせて,予算の確認,分科会・パネルディスカッションの確認,参加募集の確認,会場設営の確認,会場設定の確認,駐車場の確認,懇親会の確認を行います。次回の拡大委員会はフォーラム前最後となりますが,26日(土)15:00です。

2019-10-05   2日間

[] 07:10    2日間 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    2日間 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

2日間に渡って開催された

 本学部附属松本中学校と附属長野中学校の学習発表会が盛会裡に終わりました。大勢の保護者のみなさまを迎えて開催できたことを嬉しく思いますし,ご多用の中来校してくださったみなさまに感謝しています。附属長野中学校の学習発表会に出席しましたが,感動の2日間であり実に充実して心満たされた時間であったことがとても印象的で,記憶に残る魅力溢れる行事であったことを誇れます。

ステージⅠから

 ステージⅣまでで構成され,途中,隣接した附属長野小学校の第6学年の児童のみなさんが鑑賞にきたり,附属特別支援学校の中学部の生徒のみなさんの太鼓の演奏があったりします。ピアノ連弾ありバイオリン三重奏ありヒップアップダンスありアンサンブルコーラスありです。全国大会に駒を進めた合唱部の熱唱あり吹奏楽部による演奏あり学年合唱・全校合唱ありもあります。意見発表に英語発表,学年縦割りのポスター・セッションもあります。最後に,未来へのメッセージを込めたディスカッションも用意されていて盛りだくさんです。

2日間を終えて改めて思うことは,

 彼らの表現力の秀逸さ,彼らのもつ多様な能力の魅力,それらを思う存分具現化できる機会と場の妙,みんなで応援する心意気,異学年で得る学びの偉大さ,自らのアピール性の際立ち,相互承認観の素晴らしさ,です。下学年の生徒のみなさんが上学年の生徒のみなさんに認められて育ち,上学年の生徒のみなさんが下学年の生徒のみなさんから憧れをもたれて育ちます。上学年の生徒のみなさんが下学年の生徒のみなさんに感謝し,下学年の生徒のみなさんが上学年の生徒のみなさんの一挙手一投足を見つめながら敬意を持ちます。

学校文化というのは,

 このような関係性の下で形成されていくのでしょう。1日目の開会から2日目の閉会まで,すべて生徒会が担当します。各委員会が企画,運営しています。そこに先生方の姿はありません。そんな生徒のみなさんの様子を見ていた先生方は,最後に,全校生徒のみなさんを前にして「先生方もがんばるぞー!オー!」とかけ声をかけたほどです。生徒のみなさんにとっては,大いなる一歩を踏み出せたのではないかと感心しきりの2日間でした。私自身も彼らのお陰で一歩を踏み出せそうです。全ての先生方と全ての生徒の皆さんにありがとうと伝えます。

2019-10-04   体育祭

[] 06:31    体育祭 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    体育祭 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

昨日から2日間に渡って,

 本学部附属長野中学校と附属松本中学校で学習成果発表会が行われています。長野中学校では,体育祭もその一環です。その体育祭の彼らの様子を見ていると、彼らからたくさんの感動をもらうことができます。種目は大縄跳びとクラス全員リレーですが,よく考えられています。体育祭の目的達成のために精選された2種目だからです。いずれも,クラスの子どもたちの知恵(知)と心(徳)と体力(体)を結集しなければならない競技だからです。

それはまた,

 チームとして結果を出すにはどうしたらよいかをみんなで考える考え抜く力(シンキング)が求められ,一歩前に踏み出し,失敗しても粘り強く取り組む,前に踏み出す力(アクション)が必要であり,そして,多様な人々ともに,目標に向けて協力する,チームで働く力(チームワーク)が欠かせません。それらの力は平成18年に経済産業省がこれからの時代に求められる力として示した社会人基礎力に他なりません。彼らがそれらの力を思う存分発揮している姿には,すがすがしさとさわやかさとひたむきさが伝わってきて感動します。

歯を食いしばって自分にできることを

 一心に果たしている姿,転んでも起き上がって懸命に取り組む姿からは困難に遭遇してもめげずに頑張れと私を励ましてくれています。自分のチームだけでなく,みんなで相手チームを声の限りに応援している姿からは努力しているみんなを応援し支える尊さを大切にしろと語ってくれています。体育祭を終えて教室に戻ってから行われた3年生のリフレクションで涙する姿からはチームで目標に向かうことそしてみんなで支えることの重要彼らにはさと大切さ,仲間たちへの感謝を教えてくれています。彼らにはそんなつもりは全くないでしょうが,彼らから学ぶことの多さを改めて思います。

2019-10-03   スケジュール管理

[][] 06:26    スケジュール管理 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    スケジュール管理 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

今年もまたその時期が来ました。

 4年生の卒業までのスケジュール管理が始まったことです。卒業までに10項目の達成が必須です。10項目とは,

①日本理科教育学会北陸支部大会(新潟大学)発表原稿,

②日本理科教育学会北陸支部大会(新潟大学)発表ppt

③日本科学教育学会第4回研究会(上越教育大学)発表原稿,

④日本科学教育学会第4回研究会(上越教育大学)発表ppt

⑤臨床教科教育学会第18回セミナー(全国大会)(信州大学)発表原稿,

⑥臨床教科教育学会第18回セミナー(全国大会)(信州大学)発表ppt

⑦卒論発表会発表原稿,

⑧卒論発表会発表ppt

⑨卒業論文本体,

⑩投稿論文(査読付き学会投稿),

です。

当研究室は,

 卒業論文を書くだけではなく,それまでに学会発表3回をこなします。彼らにとっては,卒論発表会よりも学会発表の方が大変かもしれません。それに加えて,卒業論文を1.5人論文にしないためにも投稿論文に仕上げて学会に投稿(査読付)してようやく終了となります。すでに「①日本理科教育学会北陸支部大会発表原稿」が脱稿しました。あと9項目です。投稿論文の学会への投稿(査読付)というゴールを目指して,何から始めてもどんなペースで進めても誰に手伝ってもらってもOK。さあ,ゴール目指してレッツ・ゴー。

2019-10-02   誇り

[][] 06:49    誇り - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    誇り - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

4年生の卒論の調査で

 結果が出るとやはり嬉しいものです。卒論で結果が出る=卒業に値する=投稿論文としての価値がある=オリジナルで全国に通用する,からです。それを1発で出してくる(夏休み明けの最初の個人ゼミでまとめてきた)のですから,今年の4年生はさすがです。例年に比して,調査時期も遅くなった上にフォーラム等でいろいろあって多忙を極めていて大変でしょうが,そんなことは一言も言いませんし,一切愚痴はこぼしませんし,嘆きもせず文句も言わず,常に前向きで誠実に一生懸命です。正直,舌を巻きます。見事に期待に応えてくれてありがとう。誇りに思います。

2019-10-01   事務局会議

[] 06:44    事務局会議 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    事務局会議 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

昨日は事務局会議。

 当日に向けての最終チェックが続きます。スタッフの確認,分科会・パネルディスカッションの進捗状況,スタッフマニュアルの確認,駐車場誘導の確認,予算・昼食の確認です。好評につき,申込締切を27日(日)まで延期することを決めました。サポート・センターがメールマガジンを立ち上げてくれるとか。有り難いことです。事務局会議はあと3回,拡大実行委員会はあと2回となり,カウントダウンが始まるといよいよ間近になったという感じを強く持ちます。次回は7日(月)です。

5gatu