信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-09-28   ノルマは

[] 06:42    ノルマは - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    ノルマは - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

ある学校

 授業を見ていて思うことです。「筆者の説明のしかたの工夫を考えよう」の課題の授業でした。説明の仕方の工夫って何だろうと授業者意図を探りながら参観していると,子どもたちはさすがです。図や表を使っているとか最初に主張したいことを書いているとか具体的な数値を盛り込んでいるとか,見ている者が気づかないような視点で書き綴り始めます

そんな中,

 一人の子どもが先生に聞きました。「ノルマは何個?」それに対して授業者は「決めたくないなあ」と返します。ゴールが決まっていないのか?子どもたちは大変だなあと正直思ったところです。授業者意図を聞くことはできませんでしたが,書いても書いてもゴールに辿り着かないエンドレス課題となると,学ぶ側にとってはなかなかしんどいです。ゴールの決まっていない100m走をやっているようなものですから,ペースを考えます

5gatu