信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-09-27   幸せ者

[] 05:47    幸せ者 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    幸せ者 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

昨日の『学び合い』学校の

 第3学年のあるクラスには,「今日もお客さんがみんなの授業の様子を見に来られます」と書かれています。今日は,ではないところにこの学校の凄さが際立っています。また,数学の授業の振り返りには「人が書いた答えをうつすのではなく,一緒に解きながら教えてもらうことで理解が深まり,人に教えることができるようになった」と書かれている生徒の皆さんのリフレクションが紹介されています。生徒の皆さんは,お互いに「ありがとう」が当たり前のように発話される魅力を持ち合わせています。

生徒の皆さんの

 日常生活には,『学び合い』の考え方が溢れています。先生方の指示なしに,今自分たちにできることは何かを自分たちで考えて実行に移す魅力溢れるみなさんで,先生方を驚かせています。それを聞いた私も驚愕したところです。それは先生方にも言えるようで,すべての先生方に『学び合い』の考え方が教授されていて,自分ができることは何かをリアルタイムで考えられて業務が遂行されているそうです。学校として『学び合い』に取り組み,これだけの成果を上げていることに敬意を表します。

どの教科の授業を

 参観しても,すべて本物の『学び合い』の考え方です。案内していただいたところではないところに,突然行ってみても『学び合い』。あっちもこっちも『学び合い』。どのクラスを参観しても,ひとりぼっちがだれもいません。どのクラスのどのみなさんもわいわいがやがやしながら目標達成に向けて活動しています。惚れ惚れするほど素晴らしい生徒の皆さんです。学校として取り組んでいるわけですから,当たり前と言えば当たり前なのですが,全国を見渡せば,それは決して当たり前のことではないことをよく知っています。素晴らしい先生方と生徒の皆さんとご一緒できて私は幸せ者です。

5gatu