信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-09-26   日本一の学校

[] 07:57    日本一の学校 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    日本一の学校 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

今,『学び合い』の

 日本一の学校にいます。全13学級の中学校です。この学校が日本一の理由は次の点に依ります。

・どのクラスでもひとりぼっちの子どもたちが一人もおらず,全員目標達成を果たしている。

・子どもたちが生徒会で全員の目標達成を掲げている。公約にもあげている。『学び合い』の考え方が子どもたちに享受され,その効果が現れている証である。

・子どもたちの自己肯定感が極めて高い結果が出ている。教員への信頼感が高い結果も出ている。学力が向上している。

・参観した17授業の授業者がすべて立候補によって決まった。

・参観授業以外の授業がすべて『学び合い』の考え方で行われている。

・どの授業も本物の『学び合い』の考え方による授業である。

・すべての教科・領域で『学び合い』の考え方による授業が行われている。『学び合い』の考え方による授業をしていない先生がいない。全員が,少なくとも持ち授業の30%で実施しようという年度目標がある。

・すべての授業者が改善の視点を持っている。

・教員全員が一丸となって『学び合い』の考え方による授業に取り組んでいる。

・県外の学校からの視察が後を絶たない。リピーターの学校もある。

・県外の市町村の指導主事・研究主任が視察に来る。

・市教委が視察に来ていて,『学び合い』を支援している。

・指導員・指導主事訪問で『学び合い』授業をしている。

・地域の教科の研究会で『学び合い』授業をしている。

・授業検討会での先生方のモチベーションが高い。質問に応えているだけで予定した時間を費やしてしまうほど。

先生方にとっては

 ずっと勤めていたい学校のようです。その気持ちはよく分かります。この学校の進化は,これからもまだ続きます。それだけに,これまで以上にますます魅力が増していきます。こんな学校があるのかと思うと,一度は見てみたいものです。一度見てみると,もう一度見てみたくなる理由が分かります。

5gatu