信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-09-17   下見

[] 07:01    下見 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    下見 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

余裕を持つ上では,

 事前に下調べをした上で下見をすることであるという持論を持っています。それらは経験という表現でも置き換えることができます。多少の多様性が許容されたとしても,同じ文脈で一度経験していることは,次の機会において自分自身対応に余裕を生む文脈を創り出してくれます。いわゆる’想定外’と称する現象が生じる場合は,それら経験を持たないことによって起きるものと考えられます。初めてのことに挑戦するときの下調べと下見は,同じ文脈において余裕を生み出す上では必須です。その意味においては,いわゆる予習はとても重要位置づけを成しています

5gatu