信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-09-12   目的

[] 07:18    目的 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    目的 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

授業を構想,実践する

 ときには必ず目的必要です。この授業はどんな目的で構想したのか、その意義はどんな点なのか考えながら構想,実践します。しかし,それが子どもたちに伝わることはありません。それでも,その目的・意義が子どもたちに知らず知らずのうちに伝播していることが理想です。そこにずれが生じることによって,授業の良さが影響を受けることもあります。ずれが大きければ大きいほど、子どもたちのいわゆる主体性も低減することでしょう。授業検討会の時に授業者から話しを聞いて初めて知ることも多いです。

学部・附属共同研究

 理科部会では,毎年,教育実習生の授業実践を通して,協働的に教育研究を進めています。先日,その教育実習生の授業実践を附属長野小学校で参観する機会がありました。授業者となった実習生が明確な目的を持って実践していたことに驚くとともに,見事な教育実践に感嘆したところです。指導してくださった先生のご尽力の賜ですが,月並み表現をすれば,子どもたちの思いと願いを充分にくみ取って授業づくりに臨んでいたことがよく分かる授業であっただけに,素晴らしさを感じたのです。よくがんばりました。

5gatu