信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-08-31   季節

[] 07:18    季節 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    季節 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学校現場に勤めていると,

 たまには季節感を味わうことのできる動植物に目をやってみてほしいという管理職からの薦めを聞くものですが,なかなか季節感まで気を回す余裕がないのが実情です。子どもたちのために力を尽くしてくださっている学校現場の先生方には敬意を表します。

夏から秋にかけて

 特に季節感を感じるものは,セミやコオロギの鳴き声です。セミが鳴き始めると夏を感じ夜に鳴かなくなると気温の低下を感じます。ミンミンゼミからツクツクホウシに変わるとともにコオロギの鳴き声が聞こえ始めると秋の気配を感じます。自然の摂理でしょうか。今年もまだまだ暑い夏ですが,鳴き声がミンミンゼミからコオロギに変わりつつあります。

2019-08-30   授業

[] 07:15    授業 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    授業 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

教育実習が始まっている

 我が附属学校園です。附属長野小学校では,子どもたちの思いや願いを十分に聞き取って授業が展開しています。泥団子を自慢して大事そうに見せてくれる子どもたち,キリギリスを見せてくれる子どもたち,帰りの階では実習生の出番が待っています。附属長野中学校では,一緒に受けていると日本語が一言も出てこないオールイングリッシュの英語の時間に感嘆したり,多様なアプローチで解答への道筋を議論する数学の時間に惚れ惚れしたりできます。英語の時間は自分が外国人になれます。附属特別支援学校では,実習初日だけ会って一緒にダンスを踊ります。実習生がくるのを楽しみにしていた子どもたちの笑顔が素敵です。子どもたちに誘ってもらって一緒に踊れて嬉しかったです。

2019-08-29   まっただ中

[] 06:59    まっただ中 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    まっただ中 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

本学部では

 今日から3週間にわたって学部4年生のみなさんの特別支援教育実習が始まります。主免と副免の学生のもみなさんが一緒に実習に臨みます。子どもたちにとっては楽しみな3週間となります。一方では,3年生のみなさんの教育実習の後半3週間が始まっています。小学校実習では全教科・領域の授業実践に臨んでいますし,中学校実習では主免となる教科・領域での授業実践が行われています。子どもたちとの日々の関わりの楽しいようすが伝わってきたり道徳の時間の授業を終えて一息ついているようすが伝わってきたり悲喜こもごもです。教育学部の今は,実習まっただ中です。

2019-08-28   郵送手続き

[] 06:53    郵送手続き - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    郵送手続き - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

今週の事務局会議は,

 フォーラムに向けた2次案内郵送手続きとその作業です。学校現場で2学期が始まった直後なだけに,種々の業務があり多忙な中で集まってくださったみなさんに感謝します。9月13日(金)に袋詰め作業ののちに発送となります。

2019-08-27   職場体験

[] 06:13    職場体験 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    職場体験 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

今週から本学部2年生の

 1週間の職場体験が始まりました。全25校ですが今週はそのうちの6校です。学部3年生の教育実習も始まっていますから,本学部は学部3年生・2年生が一斉に学校現場での実習期間に入ったことになります。はじめての学校現場での1週間です。戸惑いと緊張と不安でいっぱいのことと思います。子どもたちに励まされ、一つでも多くのことを学んできてくれることを期待しています。食事をしっかりとって十分な睡眠をもって元気に乗りきりましょう。

2019-08-26   後半

[] 06:54    後半 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    後半 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

今日から学部3年生の

 みなさんの教育実習Ⅰの後半3週間が始まります。松本地区で実習するみなさんは昨日から,松本入りして今日を迎えています。本格的に授業実践が始まりますから,彼らにとっては挑戦の日々が続くことになるでしょう。まだまだ暑い日が続いていますから,体調を整えて載りきってくれることを願います。

2019-08-25   ズレ

[] 08:21    ズレ - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    ズレ - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

今年も学会の季節です。

 学会に出て毎年思うことは,ご当地の目的地までの案内の丁寧さがはじめての者にとってはどれだけ有り難いことかと言うことです。今回も初めての異動経路を取りましたが,事前に下調べできる範囲でのアクセス経路と実際に目の前に展開するアクセス経路とのズレが大きければ大きいほどはじめての者にとってはなかなかやっかいであることが多いものです。どう見ても明らかに学会参加者だと分かる集団と一緒になればなんとなく心強く感じますが,そうでない場合には確認は必須です。大学内はとても丁寧に節目ごとに人海戦術が施されていて有り難いことでした。スタッフのみなさんに感謝します。

2019-08-24   諮問

[] 05:59    諮問 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    諮問 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

文科省が中教審に

 4つの観点から諮問しています。①新時代に対応した義務教育のあり方,②新時代に対応した高等学校教育のあり方,③増加する外国人児童生徒等への教育のあり方,④これからの時代に応じた教師のあり方や教育環境の整備等,です。中教審の審議は現在,五合目のあたりのようで先回のALのようなキー・ワードがなかなかあぶり出せていないようです。学校現場は,目の前の子どもたちへの対応に追われがちですが,新しい教育への方向転換がまたやってきます。

2019-08-23   対話

[] 07:43    対話 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    対話 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

時とともに忘れ去られることの

 多いものがありますが,一昨年度に出された有識者会議の内容はそうではありません。第3期中に答えが求められています。今,知恵を絞って社会から求められる学校として残っていくためのあり方を考えなければならないときです。文科省は各大学と徹底した対話を始めます。

2019-08-22   共有

[] 05:43    共有 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    共有 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

共有という言葉は,

 心地よい響きがあります。柔らかくてそれを使うだけでみんなでわかり合えているようなイメージを持つことができます。我々が学校現場でよく使う「理解」という表現とよく似ていて,使いはしますがそれは我々が使っている認識と当該者の実際の認識とがずれていることと同義です。いわゆる,”つもり”になっているだけであって実際にはそうではない現象が常態化します。

こちらが情報を共有したと

 思っていても,実際には集団内で情報が共有されていないことはよくあることです。ある集団内のAさんに集団内で情報を共有してほしいと伝えてAさんが同意したとしても,その集団内で情報が共有されているとは限らないのです。昔,ある校長に仕えていたときに,その校長が「何度も確認しろ」と常々言っていたことを思い出します。伝えたことが集団内で共有されたかどうかは,繰り返し確認しなければならないのです。それは信用問題に発展しかねません。

2019-08-21   2学期スタート

[] 05:35    2学期スタート - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    2学期スタート - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

長野県では,

 昨日から8つの公立校で2学期が始まりました。2学期が始まった,ある小学校では学級担任の先生がこの夏休みの思い出をみんなに尋ねて,交流タイムをしている様子がありました。子どもたちが元気に登校してきてくれていることが何より嬉しいことです。長野県北部では,昨日午後にもの凄い豪雨に見舞われ,場所によっては1時間に50mmもの雨が降ったところがあり,下校時が心配になったくらいです。長野県の2学期スタートのピークは23日(金)です。

2019-08-20   朝陽野の会

[] 06:58    朝陽野の会 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    朝陽野の会 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

長野県には,

 学校現場の現職の教職員のみなさんが集ってスポーツを楽しむ大会があります。バレーボールやバスケットボールだと聞きます。各地区で学校ごとに対抗するようです。その目的はその地区によって異なるのでしょうが,一般的には,教職員のみなさんの健康維持・増進,学校内・学校間の協調性と親睦ではないでしょうか。

我が附属学校園にも

 その場があります。朝陽野の会と呼ばれます。常勤・特任の先生方,事務・給食・庁務のみなさまが一堂に会する素敵な場です。そこでは笑顔いっぱい,やる気満載,元気はつらつでかけ声が飛び交います。いちばんの魅力は,ポイントを得ても失ってもみんなで声掛け合い励まし合い次を考え最善を尽くすそのスタンスです。見ているとたくさんの元気をもらいます。卒業生も応援に来るくらい。まさにチーム附属です。そんな魅力いっぱいの教職員のみなさんだからこそ,自慢の子どもたちが育つのです。

2019-08-19   いつどこから始めたらいいか

[] 07:03    いつどこから始めたらいいか - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    いつどこから始めたらいいか - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

私たちの研究室では,

 『学び合い』ライブ出前授業を実施しています。学校現場の現職のみなさんあるいは学校の希望する校種,学年,教科・領域,単元,内容,クラスにすべてお応えして実施しています。決して,こちらから一方的に校種,学年,教科・領域,単元,内容を選り好みして行っているものではありません。お応えできない校種,学年,教科・領域,単元,内容,クラスはありません。

いかなるご要望にもお応えしています。

 これまで先方のご要望をお断りしたことは一度もありません。あきらかに無理だろうと思えるご要望であったとしても,お断りしません。みなさんが思い描いていることがらが現実的に実現が難しいことを,その場でみなさん自身の目で実際にしっかり確認してもらいたいためです。「先生にお任せします」と言われたとしても,やんわりとお断りしながら,『学び合い』ライブ出前授業の趣旨と目的と意義を語ります。その過程を通して,『学び合い』の考え方に触れていただきながら,その経験を今後に生かしていってほしいからです。

私たちのすすめている

 『学び合い』ライブ出前授業は,不可能な校種,学年,教科・領域,単元,内容,クラスはありません。つまり,だれでもどの校種でも,どの学年でも,どの教科・領域でも,どんな単元でも,どんな内容でも,どんなクラスでも,先生方が避けたいクラスであっても実践が可能なのです。そのことを,その場で先生方自身の目でしっかり確かめてほしいのです。ですから,『学び合い』の考え方は,どの単元がいいですか?という質問はなじみません。

いつどこから始めたらいいか?

 というお尋ねもなじみません。だれでもいつでもどの校種,どの学年,どの教科・領域,どの単元,どの内容,どのクラスからでも始められるからです。『学び合い』が考え方だからです。さあ,2学期から始めてみませんか?

2019-08-18   何がきっかけか

[] 06:53    何がきっかけか - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    何がきっかけか - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学び合い』の考え方で

 授業を始めようとする場合,そのきっかけは何でしょうか?ケース・バイ・ケースで様々でしょう。ご自身に依る場合もあるでしょうし,所属長による場合もあるでしょう。子どもたちの実態による場合もあるでしょうし,周囲の期待による場合もあるでしょう。しかし,いずれの場合であっても,自分自身である程度納得して取り組まない限り,なかなか結果を出すには至らないようです。

現象論的には,

 同じように見えても,子どもたちに『学び合い』の考え方が伝わっているかどうかは,現象論的に判断することはなかなか難しいことです。子どもたちが本当に自分で考えて判断し,行動を起こしたことによって成果が上がっているのかどうか慎重に見極めなければなりません。形だけなぞって,形だけ全員が目標達成し,形だけ繕っているようでは結果を出すまでの道のりは遠いようです。

2019-08-17   何から語り始めるか

[] 06:32    何から語り始めるか - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    何から語り始めるか - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学び合い』の考え方で

 授業を始めようとする場合,何から語り始めるでしょうか?どうやるかから語るでしょうか,それとも何のためにやるかから語るでしょうか?前者は手段,後者は目的です。実証したことではありませんので,推測でしかありませんが,おそらく,前者から語り始めたら,最初の何週間ないしは最初の何回かはそれなりにうまくいくことでしょう。手段から入るのですから,現象論的にはうまくいっているのかうまくいっていないのか見分けが付かないからです。

初心者から中級者へと

 ステップ・アップできるころになると悩ましく思える事柄が増えてきて,尋ねる機会を持つことになるのではないかと思われます。子どもたちにとっては,手段として形だけをなぞっているにすぎないので,どうしてもさせられている感覚が抜けないからであろうと推察できます。先生は何もしてくれないので,傍目には投げ出しているようにも見えてきます。『学び合い』の考え方をあきらめることになるように思えて仕方がありません。『学び合い』が考え方であるだけに,後者から語り始めることが大切です。

2019-08-16   2足歩行

[] 06:32    2足歩行 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    2足歩行 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

人類が

 2足歩行を始めたのは今からおよそ400万年も前だといいます。それ以来,我々は2足歩行をして進化を続け,文化を創り科学技術を発展させてきました。今,Society5.0の時代を迎えています。2足歩行をするのは当たり前のようにとらえています。ただ,それは健康であることが前提です。健康であるときには当たり前過ぎて忘れています。

しかし,

 2足歩行に支障を来すことになってみると,2足歩行がいかに素晴らしいことであるのかを改めて我々に知らしめてくれます。腹筋を使って上体を起こし,膝を伸ばして立ち上がり,歩くだけなのですが,それが400万年の長い進化と歴史の積み重ねであることを改めて思います。

2019-08-15   認める授業

[] 20:00    認める授業 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    認める授業 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学び合い』の考え方は,

 トライ・アンド・エラーを学校教育の教科の授業の中で認めます。さあ,どうぞが出たら指示はありません。存在するのは,「○○していいんだよ」のみです。選択権は学ぶ側,子どもたちにあります。○○していいんだよ,ということは○○しなくてもいいんだよ,です。してもしなくてもいいんだよ,ですから,するかしないかは子どもたちが考え,判断します。その上で行動を起こします。

はじめてのことに

 挑戦するわけですから,当たり前のようにトライ・アンド・エラーを起こします。「先生,どうしたらいいんですか?」とくるでしょうが「先生にはきめられないなあ。自分たちで考えていいんだよ」です。トライ・アンド・エラーを起こします。何が最善なのかを子どもたちが考え,判断し,また行動を起こします。その繰り返しです。その繰り返しを通して,彼らは折り合いの付け方を身に付けます。回り道のように見えますが,実はそれが彼らの成長の鍵を握るいちばんの近道なのです。

学び合い』の考え方は,

 教科の授業の中で,トライ・アンド・エラーを認めながら,集団の中での子どもたちの成長を見守る授業です。

2019-08-14   指示

[] 07:55    指示 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    指示 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

誰しもはじめての

 ことに挑戦する場合,何をしていいか分からないのは当たり前のことです。誰か,そう経験豊富な人に明確に指示されなければ先に進めないことは自明です。はじめてのことに挑戦しようとする場合には,その人のそれまでの数々の経験の中で,挑戦するはじめてのことに汎用的に活用できそうなことを探して当てはめようとします。最善な方法がダメなら次の方法を模索します。それが,トライ・アンド・エラーです。我々は,多かれ少なかれ,あらゆる場面において,そのトライ・アンド・エラーを繰り返しながら,様々な経験を得て成長しています。

そのトライ・アンド・エラーを

 認めるか認めないか,極端なのであればどの程度認めるか,が成長の鍵を握ります。トライ・アンド・エラーも自分事として行われなければ意味を持ちません。トライ・アンド・エラーを認めないないしは認める領域が極めて狭い場合に生じるのが,指示による展開でしょう。特に,限られた時間の中で学びの成果を上げることが求められる学校教育の1単位時間の授業においては,強く表れるものと考えられます。経験豊富な人=教師によって数々の指示が出され,その指示に従いながら授業が進みます。指示に従えば効率的に授業が展開はしますが,受ける側はその指示を待つことになるだけです。

2019-08-13   割合

[] 06:07    割合 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    割合 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

当研究室の卒業生が

 どれだけ『学び合い』の考え方を使った授業をしているかという話題になることがあります。三崎先生の言う『学び合い』でないかもしれませんがという前置きをしてくれるOBもいるくらいですから,その割合は決して高くありません。しかし,その割合は一定しています。毎年,B3のゼミ生の皆さんが卒論の調査に出かけていくことのできる環境が整っていることは有り難いことです。『学び合い』の考え方が共感されている場合には,一定の調査結果が得られます。

2019-08-12   道徳との関連

[] 06:00    道徳との関連 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    道徳との関連 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

教科と道徳との関連について

 話題になることがあります。現職が道徳と言う場合には,一般的に道徳の時間を指すことが多いようです。しかし,学校教育において道徳と言った場合,道徳教育を指すため領域として教育課程に位置付いています。道徳教育を補充,深化,統合するものとして位置付けられているのが道徳の時間です。

道徳の時間において,

 道徳的心情や判断力を培い,道徳的実践力は教育活動すべてにおいて育成されるものです。つまり,道徳教育は学校教育のすべての教育活動において行われることから,領域として位置付けられているわけです。したがって,各教科においても,当該教科における道徳教育が存在します。たとえば,理科の場合には,理科における道徳教育があります。典型的なのは,自然の事物・現象を学ぶ際の自然への畏敬の念や自然を大切にする心情を理科の教科の授業の中で育みます。

したがって,

 教科と道徳の関連と言った場合,道徳の時間との関連を言っているものとして解釈するならば,当該教科における道徳教育がどのような内容でどのような方法によっていかになされているのかが議論の俎上にのぼってこなければ,補充,深化,統合される道徳の時間との関連性は議論できないことは自明です。教科と道徳の関連を話題にする前に,当該教科における道徳教育について明確にすべきでしょう。

2019-08-11   考え方なら

[] 06:20    考え方なら - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    考え方なら - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学校現場の話になると,

 それって『学び合い』の考え方ならば解決するのになあと思う事例に話が及ぶことが多くあります。『学び合い』の考え方のいちばんの良さは,集団としての子どもたちの力が発揮されることです。しかし,余程のことがない限り,こちらから『学び合い』の考え方を積極的に語ることはありません。

それは次の理由に依ります。

 中途半端に『学び合い』の考え方を取り入れようとして結局,思うようにいかずに,『学び合い』の考え方の魅力を十分に理解できないまま終わってしまうことに依ります。『学び合い』の考え方が形だけをまねてもダメなことは多くの方が多くの機会と場で語ってくれています。『学び合い』の考え方は,テクニックだけをまねてやってもダメであることはよく知られています。

それだけに,

 『学び合い』の考え方に,強く関心を持って覚悟を決めている方だけに語ります。それも,まず「無理しなくてもいいんだよ」と前置きしてから,「十分な覚悟がないとできませんよ」と断った上で,『学び合い』の考え方を語ります。『学び合い』の考え方の効果は絶大です。本来の『学び合い』の考え方が十分に伝わったならば。

2019-08-10   中間発表会

[] 07:39    中間発表会 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    中間発表会 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

昨日は本学教育学研究科の

 いわゆる教職大学院の中間発表会でした。終日,M1M2の全員のそれまでの取組の成果と課題を発表し,質疑応答が行われました。見事な内容にまとめ上げられている各取組を見るに付け,彼らの奮闘の様子が十分に伝わってくるようです。加えて,修了したOBのみなさんも駆けつけてきてくれて,現在の取組のようすを発表してくれたので充実度はマックスです。彼らの凄いところは子どもたちの生の姿で語ること,自らのリフレクションをリフレクションできること。9月以降の活躍がますます期待されるところです。

2019-08-09   さしすせそ

[] 05:53    さしすせそ - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    さしすせそ - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学校現場においては,

 生徒指導の「さしすせそ」がよく知られています(http://manabiai.g.hatena.ne.jp/OB1989/20070328)。生徒指導のイロハですから,知らない人はいません。これまでにも何度も書いてきたことです。

 さ さいしょがかんじん

 し しんちょうに

 す すばやくたいおう

 せ せいいをもって

 そ そしきてきに

これは何も

 生徒指導に限ったことではなく,自らがミスをおかしてしまったときにも当てはまることです。自らのミスなので,「そ」がどれだけ当てはまるかはケース・バイ・ケースでしょうが,初期対応を見誤らず慎重にすばやく誠意を持って対応しなければならないことは自明です。他者の言動を他山の石として自らを戒めたい。

2019-08-08   模擬面接

[] 07:29    模擬面接 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    模擬面接 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

どこの大学でもやっていることでしょうが,

 本学部の教採対策の模擬面接が行われました。例年どおりの取組ですが,例年と異なるのは今回,教採専門の予備校から講師を招いて終日のプログラムが組まれたことです。朝から晩までどっぷり面接対策が施されました。学生だけでなく,我々面接官役をする学部教員も一緒に終日ご一緒させてもらいましたが,参加して良かったとリフレクションできるほど充実した内容でわかりやすく,それこそためになる勉強会であったと評価できるものでした。なるほどと思うところが数多くあったからです。結果が出ることを期待しています。

2019-08-07   研修

[] 06:58    研修 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    研修 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

ミンミンゼミの

 鳴き声を聞きながら目がさめて,ミンミンゼミの鳴き声を子守歌に眠りにつきます。アブラゼミの鳴き声が全くしないのですから,今年の長野の夏も35度を超えています。日中は日向に出ると温度計は38度を示します。暑い毎日ですが,学校現場は研修の絶好の機会です。当附属学校園でも,学びのワークショップが行われています。昨日は特別支援学校で行われましたが,大勢のみなさまかたから参加してもらえて熱気に溢れています。それだけでも1~2度は上がるかもしれません。水分を十分に補給して熱中症にならないようにと願います。

2019-08-06   折り合い

[] 08:38    折り合い - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    折り合い - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

福岡フォーラムが

 300名からの参加者を得て成功裏に終えたとのことを事務局会議にて報告がありました。心からお祝い申し上げます。参加費・懇親会費,パネラー,スタッフ,分科会担当者当の細かな点の詰めの作業が今回事務局会議の検討事項です。合議制ですから一つ一つ丁寧にみんなで確認しながら折り合いを付けて進めていくことにあんります。何気なくその場にいるゼミ生にとっても,それが極めて貴重な経験になることをいつか知ることになるでしょう。知る機会が来ることを心から願って。

2019-08-05   相対的

[] 06:59    相対的 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    相対的 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

私たちの使っている

 気温は摂氏で議論されます。摂氏の設定は水の状態変化を基になされていますから相対的であると言えるでしょう。梅雨が明けてから猛暑が続いています。同じ摂氏で表される気温でもどのような文脈で現れるかによって相対的な違いが見られます。同じ摂氏33度であったとしても,暑く感じたり涼しく感じたりするのはそれに依ります。

前日の38度

 を経験している身にとっては,確かに暑いのですが,文脈次第で暑さを苦にしない感覚が生まれてくるので不思議です。ただ,たとえ文脈次第であったとしても絶対的な状況はあまり改善されていないことを考えると十分に水分を取ることを忘れてはならないことは変わりないことです。

2019-08-04   CST

[] 06:29    CST - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    CST - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

今年のCSTの

 担当講座が終わりました。今年も大勢の皆様から参加していただいたことに感謝します。昨年度の猛暑からエアコンが入った学校も多く,配慮にも感謝しています。この取組は県教委との連携での推進ですが,指導主事が参加してくださったことからより一層の充実を図ることができた点が充実度を高めています。これを機会に,大学と学校現場とのつながりがより一層深まることが期待されます。

2019-08-03   いつもの風景

[] 06:39    いつもの風景 - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    いつもの風景 - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

いつもの風景を見る時期になりました。

 1セメスターが終わったことを知らせてくれます。今,学部は試験期間中です。来週火曜日まで試験が続きます。学部2年次生は10科目を越える試験を受けるようです。私の担当する学部の講義も試験を行いました。そのときに,試験会場を去るときの受講生の様子です。一生懸命取り組んだ事実としての消しゴムの削りかすを片手で集めて,それを机の端に寄せて,もう片方の手で全部受けて,しっかり握りしめた後,こちらを向いて一礼して退室していきます。

何十人もいて,一人残らず,です。

 エントランスにあるゴミ箱に捨てるのでしょう。一番最後までがんばっていた受講生は,試験会場を出るそのときに「ありがとうございました」と。こちらこそ半年間がんばってくれてありがとうございました。100分14コマの初めての試みに挑戦した本学部のセメスターが終わろうとしています。

2019-08-02   素敵な子どもたち

[] 07:06    素敵な子どもたち - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    素敵な子どもたち - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学校を訪れると

 たくさんの素敵な子どもたちに会うことができて,嬉しいです。ある学校を訪れたときのこと。復路の途中で信号のない横断歩道を待っていた中学生がいたので,車を留めたところ横断歩道を渡った後にわざわざこちらを向いてお礼のお辞儀をしてくれました。横断歩道は歩行者優先ですから留まるのは当たり前なのに運転手をしっかり見てお辞儀してくれるとは幸せをもらいました。急いでいたでしょうに,どうもありがとう。

ある学校を訪れたときのこと。

 入り口に鍵がかかっていてどこから入ったらよいか分からずに困っているときに,プールに来ていた子どもたちが近くにいたので声をかけて,助けてもらいました。暑い日であったにもかかわらず,案内してくれて一緒に職員玄関まで行ってくれました。名乗りましたが,知らないおじさんから突然声をかけられて戸惑ったでしょうに,暑い中丁寧に案内してくれて本当に助かりました。感謝しています。どうもありがとう。

5gatu