信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは2019年度から毎週月曜日18:30-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2019-06-15   カード

[] 05:57    カード - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    カード - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

学び合い』の考え方を伝授して,

 かつて,「助けて」カードを使った実践を,『学び合い』の考え方を知らない現職に薦めたことがあり,実際にその方が「助けて」カードを使って実践されたことがあります。机の端にフラッシュカードの「助けて」カードを立てる金具を設置して,各人が「助けて」カードを持って授業に臨んだ実践です。分からなくなって困ったときに,自分の持っている「助けて」と書かれたフラッシュカードを,その金具に立てるのです。

クラスの中で,

 その「助けて」カードを見ることのできない子がだれもいない状況ができあがります。「助けて」カードが出たら,助けてもらえる環境が整っています。だれから助けてもらってもOKですし,誰がだれを助けてあげてもOKです。「助けて」カードを立てたら,助けてもらえない子は一人もいません。困っている子を見捨てるような子どもたちは一人もいないからです。

5gatu