信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは毎週月曜日18:00-19:30に行っています(前期は終了しました。次回は10月1日(月)からです)。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2018-07-09   内側にあるものを引き出してくれる

[] 06:07    内側にあるものを引き出してくれる - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    内側にあるものを引き出してくれる - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

ある学校保護者の方と

 話をする機会がありました。本学関係者以外の保護者の方と語り合う機会を持つことは稀少なことであるだけに,有り難いことです。その方曰く,「(その方のお子様が通っている)この学校は,内側にあるものを引き出してくれる教育をしている。この学校で本当に良かった。長野県教育は素晴らしい。」とのことです。話をお聞きしていると,県外の都会から来られたようで,先進的な教育をしているとはいっても方法論だけに終始しているところがある中で,理念を感じることのできる教育が行われているところに魅力を感じておられるとのことです。子どもたちの持っているものを引っ張り出してくれていると,そして自信を持たせてくれていると。

その学校は,先生方が

 子どもたちの元々持っているけれども未だ花開いていない才能豊かな良さを見つけ出し,それを引き出して顕在化させ,伸ばしてあげることのできる教育が施されている学校として魅力が溢れます。言うは易しおこなうは難しです。けっして,我々のはめたい型に導こうとしたり我々の望みをかなえられるようにしようとしたりしようとせず,子どもたちを一人の人間として尊重し,我々の仲間として一緒に歩もうとする姿勢を持ち続けていることに依るものではないかと思うところです。完成されていないとはいえ,子どもたちにも我々同様に人格を有する存在として認められる文脈がそこに存在しています。それが,その学校を魅力溢れる存在にしている一番の理由です。

5gatu