信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは毎週月曜日18:00-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2018-07-07   いいね!この学年!

[] 07:52    いいね!この学年! - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    いいね!この学年! - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

私たちは文脈に応じて

 様々な能力を獲得しています.文脈の下にて様々な能力を発揮しています.『学び合い』の考え方の文脈であれば,その文脈の中で獲得し,その能力をその文脈の下で発揮します.学び合いの文脈ならば学び合いの文脈下で獲得した力をその文脈の下で発揮するようになります.『学び合い』の考え方が充満したクラスの中ではその文脈下で学びますし,そうでない授業(たとえば立ち歩きが認められない文脈での授業)ならばそうでない授業の文脈下(立ち歩きをしない文脈)で我々は学びます.その学びの成果の違いはその文脈下で学んだ結果の違いとなって現れます.違いとなって現れるので,当然のことながら,第三者による評価も異なります.文脈が違うのですから,評価が違うのは自明です.

先日,松本キャンパスで,

 理科教育コースの学部1年生の授業をする機会がありました.『学び合い』の考え方の文脈下で学んでくれたことを嬉しく思います.必要なときに語り必要なときに集中するいわゆるメリハリの良さが目を見張らせ,反応も良い,ペンの動きも良い,視線の動きも良い,笑顔も良い,良いことづくしです.考える彼ら,それもなかなか論理的なところは将来性を感じます.今流に言わせてもらえば,いいね!この学年!です.魅力溢れる彼らには惹き付ける能力を感じさせる素晴らしい25名に出会うことができて幸せです.彼らとともに過ごすこれから3年半が実に楽しみになってきました.一緒にがんばろうと思われてくれた彼らに感謝です.

5gatu