信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは毎週月曜日18:00-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2018-07-06   決定的な違い

[] 06:06    決定的な違い - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    決定的な違い - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

我々の研究室は,

 『学び合い』の考え方に立脚した授業について研究している研究室です。『学び合い』の考え方が研究になるからです。オリジナルがあり,方法が確立され,データが蓄積されて実証され,それら一連の成果が多く引用されます。『学び合い』の考え方に立脚した授業を定義することができるので,『学び合い』の考え方に立脚していないいわゆるそうでない授業との明確な違いが存在します。だから,比較研究が成り立つのです。

一方,学び合いは研究として成立しません。

 定義が確立されていたとしても,その定義に基づいた学び合いとそうでない授業との違いが明瞭ではないからです。学び合いの授業を定義できたとして,学び合いではない授業をどのように定義するのかが不明瞭ならば,比較のしようがありません。そこにオリジナルを見つけることは困難を伴います。何を持って学び合いの授業として何を持って学び合いではない授業とするのかが分かりづらいだけに明瞭な教育効果の有意差が現れにくいのです。学び合いの学術論文を見たことがありません。そう考えると,『学び合い』と学び合いは決定的に違うことがよく分かります。

5gatu