信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは毎週月曜日18:00-19:30に行っています。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2018-07-02   『学び合い』の考え方による授業の特徴 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

学び合い』の考え方による授業の特徴は,

 たくさんありますが,その一つは授業の最後に子どもたちに謝ることがあることが挙げられます。授業の最後に授業者が子どもたちにお詫びする授業を見たことがありますか。『学び合い』の考え方に立脚した授業のときに,設定した目標によっては子どもたちが予定した活動時間よりもずっと早く終わってしまうことがあります。その一方で,子どもたちに提示した目標が授業者の想定していたよりも彼らにとって難解であったのか彼らの時間内での活動への見通しが自分の考えよりも難しかったのか分かりませんが,想定した活動時間での相当数の子どもたちの目標達成が果たせなかったことがあります。そんなときに,授業者が子どもたちに対して謝ります。『学び合い』の考え方ならではの授業風景であると言えるでしょう。そんな授業など,まず見ることはありません。見ることができたとしたら,それはまがいもなく本物の『学び合い』の考え方に立脚した授業です。

5gatu