信濃の国からこんにちは このページをアンテナに追加 RSSフィード

三崎隆です。
長野県長野市の信州大学教育学部で『学び合い』(二重括弧の学び合い)を研究しています。
「信濃の国からこんにちは」は私たちの『学び合い』研究室の研究室通信です。
いつでもメールください。メールのやりとりで『学び合い』の考え方を共有しましょう。
メールアドレスは、misakiとshinshu-u.ac.jpを「@」で繋げて下さい(スパムメール対策です)。
研究室の全体ゼミは参観OKです。
全体ゼミは毎週月曜日18:00-19:30に行っています(前期は終了しました。次回は10月1日(月)からです)。
詳しくは,私たちの『学び合い』研究室をご覧ください。

2018-07-01   『学び合い』をしてもらおう

[][] 07:31    『学び合い』をしてもらおう - 信濃の国からこんにちは を含むブックマーク    『学び合い』をしてもらおう - 信濃の国からこんにちは のブックマークコメント

本学部の学部3年生による

 分離方式の教育実習の前半1週間が終わりました。暑い日が続く中,元気にのりきってくれたB3の皆さんを讃えたいと思います。初めてで不安とドキドキの1単位時間の授業だったようです。ほっとして戻ってくる姿の中に,想定していたようにいかなかった悔しさがにじみ出ている様子が印象的です。あのときにこう言えば良かったとか,子どもたちはあんなふうに返してくれるのかとか,思いは様々でしょう。一つひとつの経験を積み上げて,良い先生の階段を登ってくれます。真摯に一生懸命とり組んでくれているB3の皆さんのひたむきさと前向きさと懸命さにエールを贈ります。

我が研究室のゼミ生の教育実習での指導教員から

 嬉しいニュースを聞きました。「三崎先生,いちばん最後の授業の時に『学び合い』をしてもらおうと思います。『学び合い』の授業がどんな授業なのか教えてもらいます」。えーっ,それは凄い!思えば,初代ゼミ長がB4の教育実習のときに,『学び合い』の考え方による授業を実践したいと申し出て,かなわなかったあの時から12年が経ちました。B3の教育実習のときに,『学び合い』の考え方に立脚した授業をさせてもらえるのですから,感慨深い物があります。模擬授業ではなく,体験授業でもなく,本物の生の子どもたちを相手にB3の時点で『学び合い』の考え方による授業ができるのですから,幸せです。楽しみにすることにします。許可してくださった指導教員に感謝です。

5gatu